山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

犬にとって幸せとは

今日は2月1日、土曜日であるが
定年退職した私には土曜日も日曜日もない。
雨が降っていれば休養日になる。
したがって土曜日はお休みではないのだ。
2013_12_13-8
いつものように朝は
愛犬との散歩で始まる。
今年9月に
12歳になる愛犬、クラちゃんは
人間の年齢に換算すると
70歳くらいだろうか。
犬は1歳あたり6倍ほどして
人間の年齢に換算する。
だから私よりも
年老いている筈である。
若い時は散歩道を駆け回っていた。
でもさすがに11歳を超えると
走るわけでもなく、
リードを引っ張るわけでもなく、
逆に私がリードを引っ張りながら
連れ歩く始末である。
2013_12_13-9
今朝は散歩する中で
こんなことを考えて歩いた。
「この犬は私たちに飼われて
幸せなんだろうか。」
気になるところである。
犬の気持ちを分かりたいと
犬の飼い方なる本も
ずいぶん多く読みこなした。
季節が良ければ
買い物にも連れて行くし、
まるで孫のように可愛がっている。
いつでも人間とさして変わらぬ
接し方をしているけれど、
犬にとってそれが幸せなのか?
犬の本心を理解したいところである。
そんなことを考えながら
朝の散歩が小一時間つづいた。
2013_12_10-1
散歩が終わりお茶を飲みながら
メールや新聞をチェックすると
時間が10時を回る頃になる。
現役時代は7時に家を出て8時には
職場で臨戦態勢になっていた。
いまもう一度現役時代の生活に
戻れと言われたら私には無理だ。
生活のリズムは現役時代とはほど遠く
甘えた生活にどっぷり浸っている。
2014_02_03-1
さて、二月になればツルバラの
剪定・誘引も終盤になる。
昨夏に伸びたシュートを
束ねまとめていたが
パーゴラ上部の古い枝の剪定が
終わったので新しいシュートを
パーゴラに誘引する作業を
女房と二人三脚でこなした。
女房はバラや草花の知識は
私よりも造詣が深いので
庭の人工構造物以外は
ほとんど女房任せにしている。
2014_02_03-2
新しいシュートの誘引が終わると
細かな剪定は女房にお任せして
私は畑の向こうに広がる
山の斜面を清掃して枯草や
枯れ葉を畑で中で焼却作業だった。
この辺りは夏草が生い茂るので
草刈りが容易に出来るように
清掃しておく必要があるのだ。
2014_02_03-3
作業の合間にはマンサクが
咲いていることに気づいた。
今年は昨年より開花が早い。
桜の開花予想も今年は早いそうだ。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

洗車の後は焚き火で餅焼き

2014_02_01-5
私の車は初期登録から13年が過ぎた。
明日から車検に出すことになっている。
ディーゼルエンジンなので
オイル交換さえまめにやっておけば
長いこと乗れる筈だと確信して
5000km毎にオイル交換、エレメントも
10000km毎に交換をして乗り続けた。

2014_02_01-6
走行距離は18万kmを越えている。
それでもエンジントラブルは一度もなく、
九州や長野県、伊豆など長距離の
旅行にもトラブル無く走ってくれた。
13年も乗ると故障の頻度が高くなり、
買い換えを考える時期になるが
この車は故障がない。
私はまだまだ乗り続けるつもりだ。

2014_02_01-7
この車は座席をたためば長尺物も
楽に積めるところが捨て難い。
ツーバイ材や3mの
角材なども積載可能である。
diy木工が趣味の私には便利な車である。
車検に出す前に車内の清掃と
ボディの洗車に時間がかかった。
後部に後方確認鏡が出ているので
オート洗車が出来ないのが苦痛の種である。

2014_02_01-1
洗車の後は薔薇の剪定枝を
庭の焚き火炉で焼却作業、

2014_02_01-2
火の勢いがつくまで時間がかかったが
ガストーチの炎にさらすと
なんとか燃えてくれた。

2014_02_01-3
ほとんど燃えつくして
いこり火になる頃、
切り餅を焼いたが女房は
最近体重が増え続けているのが
気になるらしくこの遊びには
乗ってこなかった。

2014_02_01-4
焼き芋と餅焼きは愉しむ機会が多いが他に
豚汁やぜんざい、バーベキューなども
やってみたいと思っている。
ただ、家族が乗り気になって
くれないのがじれったいところだ。
ノスタルジックで面白い遊びなのに。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

庭に私製の薔薇トレリスを設置

2014_01_30-1
ワイヤーメッシュで作った
私製の薔薇トレリス。
木製の外枠が完成したので、
防腐塗料を2度塗りして乾燥中。
使用材料は
木枠は胴縁(40×24×2000)3本
ワイヤーメッシュ(1000×2000)
錆止め塗料少々
木材防腐塗料ノンロット205N少々
コーススレッド65mm=4本
コーススレッド75mm=10本
角柱90×1500mm=1本
フェンスブロック450mm=1個

2014_01_30-2
2年ほど前に完成した既設のトレリスには
ツル薔薇「パレード」がすでに這っている。
そのつづきに
トレリスをもう一枚増設したいので、
柱をもう一本追加する必要がある。
柱をたてるための基礎石を用意した。

2014_01_30-3
基礎石の長さは45cmなので
それに合わせて少し浅めの穴を掘る。
木柱が花壇の土が被らないように
基礎石を高めに設置した方が
木柱が腐らないだろう。
そして雨水が溜まらないように
穴底には砕石を敷き詰めた。
木は土に触れないようにすれば
簡単には腐るものではない。

2014_01_30-4 
これまで市販のトレリスを使って
バラの誘引をしていたが
これでは小さくてバラが咲いた時の
スケール感が無いのでは?
と思って撤去することにした。

2014_01_30-5 
ブロックの穴を埋める前に
作ったトレリスを
柱にコーススレッドで縫い付けた。
その方が柱間の寸法を合わせが簡単である。

2014_01_30-6 
新設のトレリスにはツル薔薇、
モーツアルトが這うことになっている。
今年の春を楽しみに待つことにしよう。

2014_01_30-7 
地面が軟弱にならないように
穴の周りには山から拾い集めた
グリ石を入れて突き固め、
その後掘った土を埋め戻した。
フェンスブロックの周りが
土だけだと雨の日に土が緩み
柱が傾くことがある。
所謂、土中の液状化現象と
同じ状態になることがある。

2014_01_30-8 
ちなみに
家を建てる造成地なのでは
瓦などの壊れた廃棄物を土中深くに
入れておくと液状化現象が
起きにくいと言われている。
グリ石の効果はそれと同じ理屈である。


ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

庭づくりと庭小屋のメンテナンス

2014_01_28-1
ワイヤーメッシュはコンクリート床用の
鉄筋格子でこれを使うとコンクリートの
ひび割れを防止する効果があるそうだ。
しかし、使用目的を変えて
これを使ったツルバラ用のトレリスを作った。
田舎ではこれを猪垣として使われる場合もある。
1枚400円程度と安価なので
私はツルバラを這わせるトレリスとして使った。
2014_01_28-2
これはフェンス用ブロックである。
これを地中に埋めて三寸角の柱を建てる。
コンクリート製品なので重量がある。

2014_01_28-4
このトレリスは3年ほど前に作った。
つづきに2枚連結形に建てるので
向こう側のつづきに柱を
もう1本建てればいい訳だ。

2014_01_28-3
トレリスの幅に合わせて
フェンスブロックの穴を掘った。
穴底にはバラスを敷き、
柱が土に直接触れないようにしたい。
ところが砕石を買ってくるのを忘れ、
今日はここまでとなってしまった。
花壇の中なのでコンクリートの
根巻きは省略するがグリ石を
フェンスブロックの周りに入れた方が良い。
土だけだと雨の日に地面が緩むので
柱がぐらつくことが経験から分かっている。

2014_01_28-5
バラスを忘れたので
そのあとは
庭小屋のメンテナンス。
小屋の外壁は風雪にさらされ、
板壁の表面が荒れ始めている。

2014_01_28-7
板の表面を汚れ落としから始める。

2014_01_28-6
商品名「こすっ太郎」を使って
板壁の汚れを落とす。

2014_01_28-8
塗料は三井化学産資(株)発売の
木材用防腐塗料「ノンロット205N」。
撥水性、抗菌性、耐候性、
防虫性に優れている。
価格はキシラデコールと同等であり
高価であるが性能は優れている。
ログハウスメーカー「BESS」が
使っているお薦めの塗料である。

2014_01_28-9
庭小屋を建てたのは3年前、
板の表面は荒れが少ないので
塗料の吸いこみがなく伸びが良い。
しかし塗り重ねていくと
だんだん色が濃くなっていく。

2014_01_28-10
3年前に建てた直後は塗装も明るかった。
木造はメンテナンスによって
経年的な劣化を最小限に
防ぐことが大切である。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

寒くても庭で頑張れたよ!

2014_01_27-1
3月頃の暖かさになった翌日は
寒波襲来で寒さが戻って来た。
西風の強い曇り空の下で
散歩から帰って来たクラちゃんも
さすがに寒い日は苦手のようだ。
耳を後方に下げた表情は気持ちが
沈んだ時に見られる表情である。
2014_01_27-3
寒さが厳しいからと家の中に
閉じこもっていては
物事が進んでいかない。
私は戸外に出て庭の作業にかかる。
でも体を冷やすと免疫力が落ちて
風邪をひきやすくなる。
歳をとると体調を崩すのが怖い。

庭に放置している脚立を
物置小屋に収納していたが小さな
物置小屋のスペースを取り過ぎる。
何とかしなければと思って
棚受け金具3本を使って
薪小屋に脚立掛けを作った。

2014_01_27-4
そしてツルバラを這わせる
トレリスを作ろうと
ワイヤーメッシュを買った。
本来の使い方は補強用鉄筋として
コンクリート床などに使われる。
田舎では猪の侵入防護柵として
使われることも多い。
1枚が400円程度と安価である。
これを使って写真のようなバラの
トレリスを以前に作ったのだった。

2014_01_27-5
今日も同じものを作ろうと
ワイヤーメッシュを
買って作ることにした。

2014_01_27-6
以前に作ったものはツーバイ材を
縦半分に挽き割して枠を作った。
今回は24×40の胴縁を使った。
メッシュ間隔は縦横とも150ミリなので
ドリルで150ミリ間隔に穴をあけ、
ワイヤーメッシュを枠内に保持した。

2014_01_27-7
諸々の準備の時間も含めて
およそ2時間を程で1枚を
完成させることが出来た。
あとは少し高めの防腐塗料、
ノンロットN205を塗ったら
バラの場所に建てるつもりだ。

2014_01_27-9
建てる方法はフェンス用基礎石を
枠の両サイドに埋めるだけ、
花壇なのでコンクリートの補強はしない。

2014_01_27-8
建て方は以前同様の方法である。
両側のフェンス用基礎石に
9センチ角の柱を立てて
トレリスの枠をコーススレッドで
縫い付けるだけで出来上がる。

2014_01_27-2
メッシュ枠が完成した頃、
わが家の癒し犬クラちゃんが
女房と散歩に出かける時間になった。
朝はクラちゃんは私と散歩、
夕方は女房に連れられて散歩する。

今日は西風が強く、寒さも厳しかった。
それでも頑張ったので
庭づくりの作業が進んでよかった。
今日は大相撲の千秋楽、
稀勢の里が期待に
応えられなかったのが残念だ。
白鵬と鶴竜の優勝を
掛けた一番が見ごたえがあった。



ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ