山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

梅雨明けごろのユリの花

2017_07_04-1
先週の土曜日あたりから
夏日が厳しくなり
蒸し暑い日が続いている。
季節は梅雨明けの頃になった。
今年の夏は猛暑が予想される。
太平洋の海水温は異常に高い。
台風はマリアナ諸島近海で
発生し発達しながら日本に
近づくというのが常識だった。
今年は沖縄の近海で3号が発生、
そして九州四国地方を縦断、
本土上陸第一号となった。
ガーデニングを趣味とする者に
とって台風はもっとも嫌なもの、
朝から日よけの寒冷紗を
撤去したり鉢物を移動したり、
その対策に追われた。
わが家の庭ではユリが今、
一番きれいな時期を迎えている。

2017_07_04-2
背丈が高く伸びて170cmの
私を上から見下ろしている。

2017_07_04-3
女房の名前がユリにちなんだ所以か、
地植えのユリ、鉢植えのユリを
家の周りの彼方此方に植えている。
どれもこれも女房の好きなユリだ。

2017_07_04-4
花の美しさもさることながら
妻は自分の名前とユリに親しみを
感じているように思えてならない。
ユリと言えば北上夜曲が似合う。
「匂いやさしい白百合の♪、
ぬれているよなあのひとみ♪」
歌詞も清楚ならダークダックスの
上品な歌い方も清楚であった。
もう昔々のことで若いころ、
穢れのない気持ちで歌っていた。
歳をとれば昔が懐かしい。
昭和の良き時代の思い出である。

2017_07_04-5
そして梅雨明けの頃になると
にわかに目立ち始めたエキナセア。
北アメリカ原産の花で
薬用の効果があるそうだ。

2017_07_04-6
馬簾菊(ばれんきく)とも呼ばれる。
馬簾とは江戸時代の火事現場で
使われていたマトイのことである。
花がマトイの形に似ているので
馬簾菊と呼ぶようになった。

2017_07_04-7
こちらはダンゴバナ(団子花)、
私のイメージはアンパンマンの
顔に似ているように思える。
アンパンマンはだんご鼻で
この花の中心部がアンパンマンの
花の形を思い出させてくれる。

2017_07_04-8
だんご花にアジサイ、ナデシコ、
花とともに季節が移りかわる。

追記
東京都議選は自民党が大敗だった。
自民党都議連は国政の影響を
もろに受けて30議席を割り
最低の23議席に留まる大敗である。
原因は加計学園や森友学園に
対する国民の疑念とも言われるが
安倍政治全体に対する批判が
最も大きな原因であると思う。
共謀罪法では委員会採決を飛ばし
本会議で中間報告のあと
採決に踏み切ったことは
数の論理で強引に決める政権への
批判結果だと受け止めるべきだ。
このような強引な政権に対し
決められる政権として評価される
面もあるが私はすべてにおいて
何もかもがうやむやの中に
置かれたまま数の論理で
押し通してしまう政権だと思う。
現に委員会採決を飛ばして
本会議で決めるやり方に
「何がなんでもやり過ぎだろう」
と批判する与党議員もあった。
それほど無茶苦茶な政権である。
安倍一強政治の中において
与党側では大敗の原因を
豊田真由子議員や稲田防衛大臣、
萩生田副官房長官、
下村博文都議連会長に
責任を押し付けているが
最も大敗原因を作ったのは
安倍総理自身ではないだろうか。
稲田防衛大臣に至っては
以前から資質に問題があると
断じられる中で続投として
かばい続けたことは
首相の任命責任が
問われて然るべきである。
このような状況の中でも
首相に対する責任論が与党内から
出ないというのは最早自民党に
自浄能力がないと言わざるを得ない。
政策は政務調査会で審議して
閣議決定されるのが普通であるが
安倍政権では首相のトップダウンで
閣議決定されるようになってきた。
安倍一強政権と言うよりも
独裁に近い政権と言う気もする。
秋葉原での応援演説は聴衆の
「帰れ」「辞めろ」コールがあった。
それに激高して安倍首相は聴衆に
指さして「このような人たちに
敗けるわけにはいかない」と
やり返したそうである。
権力はいつでも批判される
立場であると言われる。
ましてや安倍政治を批判する
声も一国民の声である。
反対意見に謙虚に耳を傾け
なければならない首相たるものが
批判に激高するのは如何なものか。
反対を立場とする有権者も
一国民であることに違いがない。
この一件に関する官房長官の
発言もとんでもない発言である。
こんなところにも独裁的な
体質が顕著に表れている気がする。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

6月はもう終わり

2017_06_30-1
すっかり遠ざかってしまったブログ、
今日は六月の最終日、明日から七月だ。
せめて6月の足跡を残しておこうと
久しぶりにブログの更新をすることに。
私のブログを見てくださる方の為にも
頑張ってブログを更新しなくては、
そんな気持ちで今日はアップする。
写真は六月上旬の庭なんだけど
陽射しが強くなった感じがよく出ている。
夕方にはガーデンテーブルに座って
女房と二人でお茶の時間を楽しむ。
二人の会話はガーデニングの話である。
花の話になると女房の表情が緩む。

2017_06_30-2
今年は女房が庭の草取りに頑張っている。
私がアマチュア無線機に集中して
庭仕事が進まないので女房自身が
頑張らなければという思いがあるのだろう。

2017_06_30-3
私は主として庭小屋やパーゴラ、
煉瓦敷きなど構造物を作ることに
専念して女房は草花、花木などを
担当してきたが私の任務はほぼ終わり、
あとは傷んだパーゴラなどの修理や
作り直しがある程度である。
庭づくりは終わってこれからは
バラの消毒や庭木の剪定に精を出したい。

2017_06_30-4
そして四月から庭小屋の中に
無線機を置き、庭にアンテナを建て
18年ぶりにアマチュア無線の
運用を開始したのであるが、
長期間通電しなかった無線機や
周辺機器は動作不良を起こしていた。
10年超の無線機はメーカーサポートが
ないので自分で修理するしかない。

2017_06_30-5
インターネットから回路図を
ダウンロードし、電解コンデンサ、
トランジスタ、集積回路などを
ネット通販で購入し修理した。
わずか4個の部品を取り換えただけで
修理完了したものもあれば、
1970年代製造の無線機は沢山の
部品を取り換えたがまだ直らない。
部品が市場から消えたものもあり、
互換性のある代用品を使ってみたり、
同じ機種のジャンクをネット通販で
買って部品どりをすることもある。
しかし所詮はジャンク品である。
部品が完動品かどうかは保証がない。
そして退職した今はオシロスコープや
周波数発振器(SSG)が無いのでせめて
オシロスコープくらいは自分で買うか、
そんなことを思うこの頃である。
現役の頃は職場の測定器を使えたが
今はテスターだけで故障判断をする。
回路の信号波を音で追跡するために
シグナルトレーサーとインジェクター
を自作し故障個所を判断することに。
これらは電気信号を音に変換して
耳で判断するアイテムだ。
音が聴こえなくなった区間に
故障箇所があると判断する。
しかし追跡しても可聴周波数を
超える高周波領域はお手上げである。
でも修理作業は楽しいものであるし
定年後のボケ防止にも効果がある。
これからも楽しく生き生きとして
電子回路と付き合っていきたい。

さて、久しぶりに政権批判をしておこう。
安倍政権を許さない派の私は
森友学園、加計学園について国民の
疑念をうやむやに葬る政権の姿勢に
腹立たしい思いでいっぱいである。
安倍首相は疑念があれば丁寧に
解りやすく説明すると、
ことあるごとに言ってきたが
これまで丁寧な説明が
なされた記憶がまったくない。
安倍首相や側近の説明責任が
まったくない状況では国民の
疑念は深まるばかりだろう。
官房長官も記者連の質問に対し、
「そのような疑念はあたらない」とか
「その必要はまったくない」などと
質問をはぐらかし、疑念の根拠を
避けて答弁しているように見える。
真に国民の理解を得るには
前川氏や明恵夫人の国会証人喚問にも
応じるべきだろうと思う。
安保法制の改定、秘密保護法、
共謀罪法など十分な議論と説明なしに
いずれも数の論理で強行採決に及んだ。
このうえに憲法改正となると
日本の民主主義はどうなるんだろう、
共謀罪法が戦前の治安維持法と
同じ性格のものにすり替わることは
十分有り得ることだと考えられる。
つまり恣意的にこの法律が使われる
危険性をはらんでいるからである。
そんな危険性をはらんだ安倍政権下での
憲法改正に私は断固反対である。
メディアも政権の圧力を恐れず疑念があれば
徹底した調査と報道に徹してもらいたい。
 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

五月の庭が好き

2017_05_31-1
苗を買って植えたわけでもない。
このサクランボは小鳥が
どこからともなく運んで来たタネが
地上部に落ちて自然に育ったのだ。
春には桜そっくりの花が咲き、
一足早くお花見の季節が来る。
そして花が散ると実が生り、
五月になると実は真っ赤に熟れる。
でも日陰をたくさん作るので
一度は株元からばっさり伐った。
なのに株元からひこばえが出て
数年で驚く速さで大きくなった。
根っこが充実しているので小さな
苗を植えるよりも格段に速い
育ち方で成木になってしまった。

2017_05_31-2
樹高があるので素手では実を
採ること出来ないので高枝切り鋏みで
小枝を切って実を採るしかない。
大半はヒヨドリの餌になっている。
サクランボの実は生食でも
美味しいが傷みが早いのでジャムにした。

2017_05_31-3
五月は花の季節である。
エゴノキも見事に花を咲かせた。
この木は花後に小さな実をつける。
そして実はヤマガラの好きな餌になる。

2017_05_31-4
ヒマラヤンムスクも見事に
沢山の花をつけてくれた。
甘い匂いが庭に漂い蜜蜂が
芳香に誘われて集まる。
バラの芳香と蜜蜂の羽音が
庭いっぱいに拡がる季節である。

2017_05_31-5
野に咲くウツギの季節でもある。
わが家には園芸種のウツギがある。

2017_05_31-6
五月の午前中は長閑な空気が流れる。
四季を通して最も庭が美しい季節である。

2017_05_31-7
セッコクは日本の山に
自生するラン科の植物である。
ランでありながらとても
育てやすい植物で耐寒性あり
四季を通して戸外で
育てることが出来る植物である。

2017_05_31-8
素焼き鉢にミズゴケを
使って植えて置けば
水やりも必要なくて
降雨だけで十分である。

2017_05_31-9
紅い花の品種もあり
園芸用に改良された
いろんな品種もある。
収集されるマニアもある。


 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

5月28日の庭風景

2017_05_28-1
白いつるバラ、雪あかり

2017_05_28-2
手前の白バラは淡雪

2017_05_28-3
淡雪の咲きはじめ

2017_05_28-4
ヤマボウシ

2017_05_28-5
ポールズヒマラヤンムスク

2017_05_28-6
モーツァルトとパレード

2017_05_28-7
雪あかり

2017_05_28-8
ヤマボウシ

2017_05_28-9
ゴールドバニー

2017_05_28-10
南花壇

2017_05_28-11
アンジェラ

2017_05_28-12
ポールズスカーレットクライマー

2017_05_28-13
バレリーナ

 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

ナニワイバラが咲き、セッコクも満開

2017_05_17-1
道路に面した敷地入り口の
菜種の花が終わりタネを
いっぱい付けて今では五月
中旬の風景になりました。
わが地方は内陸部なので
冬の寒さが厳しく
花の季節が沿岸部地方に
比べると半月ほど遅れます。
バラはまだ一輪二輪と
咲き始めたばかりです。
ただし、ナニワイバラと
モッコウバラの二種類は
五月中旬に満開になります。
紅かなめの赤い芽吹きと
ナニワイバラの白い花、
新緑のみどりが映えています。

2017_05_17-2
アプローチを南方向へと
進んでいくと新緑の
コントラストが鮮やかです。
パーゴラの上を這うのは
サマースノーですが
ツボミの白い色も見えません。
五月下旬に咲き始めます。

2017_05_17-3
背の高い落葉樹の幹には
セッコクを吊るしています。
素焼きの鉢にミズゴケを入れ
セッコクを植えていますが
水やりは天然の降雨だけ、
全く世話要らずの植物です。

2017_05_17-4
日本の深山に自生するラン科の
植物でこの季節に一度だけ
花が咲いてくれます。
株が大きくなって来れば
株分けをして増やしています。
フラワーセンターでは
セッコク展が開かれ、
即売会があるので毎年
楽しみにして見に行きます。

2017_05_17-5
南側の花壇は今が見ごろです。

2017_05_17-6
今年も5月初めから
スズメバチのトラップを
栗の木にぶら下げています。
女王蜂が自ら巣づくりを
して働き蜂を育てる季節、
一度目の羽化が終わって
働き蜂が戸外を
飛び回るようになれば
女王蜂は卵を産むことに
専念するようになります。
この季節に女王蜂を駆除すれば
スズメバチの巣を一個
減らすことになるのです。
怖いスズメバチもトラップを
設置することで激減します。
ただし、六月になると働き蜂が
戸外に出るためトラップを
設置するとスズメバチを
呼び寄せることになり
却って危険になります。
だからトラップの設置は
4月から5月いっぱいまでが
適切ということになります。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ