山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

ナニワイバラが悲惨な目に

2017_11_24-2
原種性のナニワイバラです。

2017_11_24-3
木製のオベリスクに絡ませ
五月上旬ごろにカップ咲きの
花をいっぱい咲かせていました。
道行く車が停車してうっとり
眺めてくださることがありました。

2017_11_24-4
原種性ですからその成長力は
すさまじいほどに旺盛で冬の剪定
時期には私を困らせていました。
しかし、冬剪定をする前に台風21号が
オベリスクごとなぎ倒し再起不能の
ような状態にしてしまったのです。
この台風はわが集落に多大な被害を
もたらして屋根の棟瓦が飛ばしたり
古跡の松の大木が倒れて玉垣を損壊、
また、カーポートの屋根が飛び
雨樋が損壊して飛び、看板が飛んで
道路を滑走するなど大変な被害でした。
わが家もその被害に遭って修理工事に
35万円の出費がありました。

2017_11_24-5
この写真はナニワイバラを
撤去し地均しをした跡です。
ナニワイバラは諦めて
その跡に何を植えるか?
モニュメントでも作ろうかと
考え中ですが歳が行くにつれ
気力がついていかず悩んでいます。
やるなら寒い季節にとも思います。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

昨年の11月中旬の季節はどうだった?

2017_11_22-1
今年は晩秋を飛び超え
一気に初冬の寒さが来た。
原因はエルニーニョ現象が
消えラニーニャ現象が
発生したことだと気象
予報士の森さんは見ている。
したがって今年は厳冬である。
わが家の昨年の11月中旬、
季節の進み具合はどうだったか。
PCのフォルダを開き昨年の
季節の進み方を調べてみた。

アプローチのモミジだが今年は
すでに紅葉が終わり散っている。

2017_11_22-2
前庭ではヤマボウシは
まだ紅葉が始まったばかりで
頂部の葉はまだ緑である。
ナンキンハゼもコリウスも
昨年は真っ赤に紅葉して
見ごろであるのに比べ、
今年はすでに終わっている。
庭に散る枯れ葉の量も
この時期にして今年より
断然少なかったようである。

2017_11_22-3
コスミデュームだって昨年の
この季節はこんなに奇麗だった。
ただ今年は10月台風が二度に
亘って上陸したので葉っぱが傷み
落葉の季節が早まったことは否めない。

2017_11_22-4
季節の変化による庭の移ろいは
ガーデニングをする人にとって
楽しみなものであるが私は
冬の殺風景が嫌だし何より
寒い季節風が吹く中でする庭
仕事はガーデニングの意欲を
削がれてしまうのである。
庭木を剪定しツルバラを誘引、
寒肥をやって春に期待どおりの
花が咲くことを念頭に冬期間も
ガーデニングを頑張ってみよう
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

冬景色と在りし日の弟

2017_11_20-2
兵庫県の内陸部に位置するわが
集落に今年も冬がやって来た。
寒々しい風景の中にたたずみ
隣接する山の麓に目をやると
残り柿がビードロ色に熟して
初冬の風景を作っていた。
冬は寒々しく殺風景なもの、
そんな環境の中では気持ちは
感傷的に落ち込むことがある。
歳月の流れは早いものである。
若くして逝った弟の在りし日の姿が
風景とだぶって浮かんでくる。
昨日は妻のおばさんに
当たる人の忌明け法要だった。
弟が幼少時代に遊び友達だった方も
法要に同席されていた。
彼は弟のことを「たんちゃん」
と呼んでいて二歳下だった。
そして弟が他界していることを
知らなかったのである。
6年前の大津波の前日に逝った
こと説明すると私を凝視し絶句した
生あるものは必ず滅すとは言え、
あまりに早すぎる私の弟の
他界が驚き以外の
何物でもなかったのだろう
そんな話の中で私自身が人生の
終焉近くなったことを意識し
終活を考えてしまうのだった。

薪小屋にモッコウバラが
絡み使い古したオイルランタン
がぶら下がる風景を撮った。
二人の娘たちが小学生の頃に
海辺のキャンプに連れて行き
使っていた思い出深いランタン。
娘たち曰く、「キャンプより
ディスニーランドに行きたかった」
親子の中にも世代感覚の違いが
あることを知ったのだった。

2017_11_20-1
庭の落ち葉をガンジキでかき集め
一輪車で焼却場所まで運ぶ。
落葉樹が完全に冬木立に変わる頃、
庭木の剪定とバラの寒肥、
ツルの誘引作業が始まる。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

台風後の復旧作業は

2017_11_17-1
十一月も半ばが過ぎました。
今朝の最低気温は1℃で、
クラちゃんと歩く堤防は
北側に霜降が見られ初霜でした。
庭のポーチュラカは寒さで萎え、
いよいよ冬の訪れかなと思います。
イトバハルシャギクはは
夏から秋まで咲き続けています。

2017_11_17-2
台風21号では庭木が沢山倒れ、
栗の木が折れたり傾いたり、
散々な目に合っています。
コニファーなどは直根が浅く、
台風など風の圧力に弱いです。
今日は畑仕事もひと段落
しましたので傾いたコニファーを
ロープで引っ張りながら
杭を打ち込みいくらか
真っ直ぐに戻すことが出来ました。

2017_11_17-3
ヨーロッパゴールド、と
ゴールドライザーは
かなり元の状態に
戻せたのですが
サルフレアは伐採するしか
選択肢がなくなりました。
後方に見える背の高い
ブルーアイスは先端部を
1.5mほど切り戻しました。
写真は切り戻す前です。

2017_11_17-4
九月の初めにタネを撒いた
大根、菊菜、ほうれん草など
収穫できる大きさになりました。
キャベツはやっと巻き始め大きな
玉になるには4月ごろになります。
除草を繰り返しましたが
寒くなり草の成長が鈍りました。

2017_11_17-5
こちらは九月に撒いた白菜です。
八月の終わりから九月にかけて
私は帯状疱疹に悩まされて
種まきが遅れましたので
この季節になってもまだしっかり
結球していない状態です。
今年は立派な白菜を収穫できません。

2017_11_17-6
玉ねぎ苗をJAみのりで購入、
OL黄、ソニックをそれぞれ
100本植えました。
まだ完全に活着しておりません。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

晩秋になったので収穫しました

2017_11_16-1
集落を囲む山々は紅葉しています。
そして外気温は午前11時台にて
9℃まで下がり寒さを感じました。

2017_11_16-2
晩秋の冷え込みで柚子が
一気に黄色く熟しています。

2017_11_16-3
この柚子は冬至になりますと
お風呂に入れて
柚子風呂をして楽しみます。
お風呂に柚子の香りがいっぱい漂って
とっても幸せな気分になれるんです。
私は柚子の酸っぱさも大好きです。

2017_11_16-4
こちらは庭に植えたカボスです。
実の生るものを庭に植えることを
嫌う言い伝えがります。
実が「なり下がる」という語源から
出世が出来ないということでしょうか。
わが家はそんなことは気にしません。

2017_11_16-5
そのカボスを収穫しました。
1本の木から90個を収穫です。
ジャムにすると苦みが強いです。
果汁を焼き魚に使うのが一番です。

2017_11_16-6
収穫のあとは霜害から守るために
防虫ネットをかぶせました。
厳寒期になると夜だけ寒冷紗を
上部に被せて霜から守ります。
この程度で柑橘類は冬を越します。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ