山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

ラジオドラマの思い出、コロの物語

2017_12_11-4
幼少時のテレビがない頃、
私はラジオから流れる
「コロの物語」が好きだった 。
夕方になって母が夕飯の
仕度をする頃いつも弟と
イガグリ頭を並べて
ドラマに聞き入っていた。 
ラジオは子供の手が
届かない台所の高い所に
あって母がラジオを
入れてくれるのだった。
そして母が見つけてくれた
番組だったが母もまた
このドラマを聞きながら
夕飯仕度をするのだった。
「コロの物語」は流浪の子犬が
辛い思いや苦しみを
野良犬の親分と一緒に
乗り越えて生きる悲しくも
励まされる物語であった。
コロとは子犬の名前である。
2017_12_11-3
物語の主題歌をネットで
調べたところ三つの挿入歌の
うち主題歌だけを
YouTubeで聞くことができた。
ぜひ聞いてください。
主題歌はこちらから
主題歌:コロの物語

🎶 お父さんは青い雲
🎶いつもそっと見てるよきっと
お母さんはそよぐ風
いつもそっと囁くきっと
ワンコロワンワンコロコロ
ワンコロワンワンコロコロ
ワン、ワン、ワン ♪♫
2017_12_11-2
歌は小柳徹さんが9歳の
時に歌われたものです。

挿入歌の中でこの歌も好きでした。

♪ コロ、コロ、コロと
みんなが呼ぶけれど
コロ、コロ、コロと
呼んでは行っちまう
一人ぼっちの風の中
一人ぼっちで泣いてみる
ワンワン、でもさ、でも僕
寂しかないな、だって
この風、この匂い、どこかで
花は咲いているんだ
どこにも花は咲いているんだ。♪

歌詞からドラマの内容を
想像してください。
コロの生き様が見えてきます。
冷たい冬の風の中を
野良の親分と流浪するコロ、
夜の帳がおりても空腹が
満たされず街を彷徨うコロ、
そんなコロと野良の親分を車の
クラックションが容赦なく襲う。
コロのこの先どうなるの?
弟も同じことを想い
ドラマに聞き入っていたに
違いないと思います。
その弟は6年前に癌を患い
逝ってしまいました。
早すぎる死は本人もとても
残念だと言っていました。
母も2年前に逝きました。
どんな時も母は私たちの味方に
なって助けてくれました。
私はコロの歌を口ずさむ時
なぜか涙声になって
胸が詰まってしまいます。
それは弟と母のことが否応
無しに思い出されるからです。
2017_12_11-1
過ぎ去った過去は二度と
帰ってはこないのですが
せめて私の死後はあの世で
再会できるような気がします。
私の死生観では再会
できると思っているのです。
なお、弟の闘病中のブログは
二回に亘り投稿しました。
こちらからです。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

淡雪というバラ

2017_12_09-1
妻が鉢植えにして放置していたバラ、
ツルが伸びているので
ネットで調べてみると
伸長2m程度のつる性だった。
その名は淡雪、白い小輪一重咲きである。
鉢植えのままツルバラを楽しむ方法を
考えてみたのがこの方法だった。
椅子状の台に鉢を置きネットを
取り付けてツルを這わせる簡易な方法。

2017_12_09-2
昨年は植え替えをしなかったので
今年は植え替えてやろうと思った。
鉢植えの場合は毎年植え替えるのが
理想だそうだがサボって隔年植替え。

2017_12_09-3
台から鉢ごとバラを外した。
ペンキが剥げ落ちて傷みが
ひどいので軽く掃除を
して再塗装をすることにする。

2017_12_09-4
小さな鉢なので根が
びっしりと詰まっている。
この状態で春を迎えても
樹勢が弱り満足な花にならない。
熊手で掻きながらホース水で
土を洗い落とす作業が必要。

2017_12_09-5
用土は市販のバラ専用の土、
植替えは空洞が出来ないように
ブラ竹で用土を丁寧に突き
最後はたっぷりと潅水する。

2017_12_09-6
初冬の日の入りは早い。
台のペンキ塗り作業を
残して今日はここまで。
来年の春はまたこのような
花が見られることだろう。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

師走のガーデニング

2017_12_07-1
12月は師走と言って
何かと心せわしく感じます。
忙しいのはどの業界も同じ、
私ども年金暮らしのものでも
年内に済ませなければ
ならないことが結構あります。
じつは数日前からウォッシュレットの
外部導水管から水漏れをして
業者さんに修理を頼んだところ
十数年前の製品なので部品の
在庫がなく新規に買い替えが
必要ですと言われました。
年末年始はどの業界も休業
されますので見積もり改修が
急がれ気持ちが焦ります。
台風被害で外壁の改修が済むと
今度はウォッシュレットの買い替えです。
またも予定外の大出費です。
20万~30万円かかるそうです。
想定外の出費に困惑しています。
暗い話になりましたので少し前を
向いて元気を出すことにします。
五月下旬の頃になると庭向こうの
山裾一帯にご覧のような
ムラサキの花が群生します。
別にタネを撒いたわけでもなく
どうしてこんな群落を作ったのか?
この場所だけに群落があるのです。
集落のどこを探してもこんな
群落はないので不思議に思います。

2017_12_07-2
そんな群落の発生する五月下旬を
楽しみにして頑張っていることは
バラの剪定や誘引、寒の施肥です。
寒い北風の通る中での作業は
とても辛いものがありますが
やがて来る春を楽しみに頑張ります。

2017_12_07-3
手前の大輪咲きはパレード、
四季咲きつる性のバラです。
奥にあるのはモーツアルト、
返り咲き、小輪つるバラです。

2017_12_07-4
裏側から見た誘引状態です。
家の外壁に這わせたいのですが
わが家はログハウスなので
五年ごとくらいに防腐塗装を
しなければなりません。
バラと外壁の間を空けて
おかなければ足場が組めないし
塗装も出来ないのでこんな
形態をとっているのです。

2017_12_07-5
モーツアルトを正面から撮った
写真ですが数日前にナニワイバラの
跡に植えたバレリーナと
よく似た花の形状をしています。
両者の違いはピンク色の濃さが
違うのですが判別は難しいです。

2017_12_07-6
こちらはそのバレリーナです。
つぼみは濃いピンクですが
花を見ると確かに色が薄いです。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

カントリー雑貨市へ

2017_12_03-1
兵庫県三木市に道の駅があり
そこに併設されたメッセ三木。
ここで毎年開かれる雑貨市は
多くの雑貨ファンの楽しみである。
イベント館に多くの手作りの雑貨が
所狭しと並べられて館内は超満員。

2017_12_03-2
入り口を入ってまず目につくのは
クリスマスを控えたこの季節、
クリスマス用飾り物雑貨である。
妻はお正月用の飾り物が欲しいと
言っていたがこれは見当違いかな?

2017_12_03-3
私が関心をもって見るものは
木工作品であるが私は敢えて
買わないことにしている。
何故なら木工道具をいっぱい
持っている私は自分で作らないと
気が済まないからである。
見てヒントを貰って作ってみようと
思うのだが実際にはなかなか
実行に移れないのが現実である。
箱のようなものはすぐにでも
作る自信はあるがトールペイントや
文字入れは苦手である。
そこが実行に移れない原因かな?

2017_12_03-4
雑貨のディスプレイも
良く工夫してあって
見るだけでも楽しくなる。
雑貨ってディスプレイが
とっても大切なことなのかも。

2017_12_03-5
こんなプレートも以前は
よく集めたけれど、
直射日光の当たる場所では
すぐに変色して数年たつと
絵が判別不能のようになって
剥げてしまうのが難点。
紫外線除けのコートが
あるけれど高価である。

2017_12_03-6
こんな飾り物も買ったことがある。
ランタンなどはたくさん買った。

2017_12_03-7
アンティークな電灯も大好き、
でもこれは売り物ではなく
ディスプレイ用だった。

2017_12_03-8
ペンダント型ライトの使い方、
こんな使い方もあるとヒントを貰った。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

12月のガーデニング

2017_12_02-1
10月台風21号は屋根瓦を飛ばし、
松の大木を倒して境内の玉垣を損壊し
カーポートの屋根を壊すなどわが集落
ではその被害は近年にないものがあった。
わが家でも家屋の損壊で建設会社に補修
工事をしてもらったがその額35万円也、
また庭では多くのコニファーが傾いたり
写真のようにナニワイバラがオベリスク
ごと倒されてオベリスクの廃棄を
余儀なくされる始末であった。

2017_12_02-4
ナニワイバラは道路側フェンスに
絡ませた一部分を残して大半を
撤去し変わって四季咲きつるバラを
植えて鉄製オベリスク立てた。

2017_12_02-5
かくしてナニワイバラのあった
場所はこのように変わった。

2017_12_02-6
つるバラの名前はバレリーナ、
小輪で中央部が白でピンクの
縁どりのある穂状の小輪咲き
であってよく似た品種に
モーツアルトがある。
両者の違いは前者に比べて
後者はピンクが少し濃い。

2017_12_02-7
写真手前は残ったナニワイバラ、
フェンスのみに絡ませるつもりだ。

2017_12_02-8
このように5月上旬になると
カップ咲きの花がびっしり咲いた。
一季咲きであるため花を観賞するのは
およそ一週間という短い期間だった。

2017_12_02-9
そんなこともあって思い切って
全体を再生させることは諦めて
四季咲きつるバラを植えたのだった。
ただナニワイバラは常緑のバラで
緑を一年中保てる良さはあった。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 早春の頃は
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 薪小屋づくりの思い出
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春はそこまで来ています
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 春までにやることがいっぱい
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
  • 寒さに耐えて春を待つこころ
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ