山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

花壇の賑わいが日毎に

2017_04_10-1
今年も早いもので一年の
四分の一が終わりました。
そして春たけなわの季節、
つばめもはるばる遠い南の
国から渡ってきて家の周りを
飛んでいます。
そんな季節ですがわが家の
庭では一か月前から咲き始めた
サンシュユの黄色い花が
まだ咲き誇っています。
その横ではヤナギバアカシアが
しなやかな枝をなびかせて
よく見るととっても小さな花が
びっしりと枝先についています。
そのためにしなやかな枝は
黄色味を帯びて見えるのです。

2017_04_10-2
花壇も日ごとに賑わいます。
クリスマスローズは花を所狭しと
咲かせて豪華になりました。
青いブルモナリアの花も
この時期にしか見れない花です。
春の光は柔らかくて優しいです。

2017_04_10-3
大木になったシマトネリコの
樹幹の周りで丹頂草の
白い花が咲き始めました。
今は花茎だけが伸びていますが
花が終わるころになると八つ手の
ような大きな葉が出てきます。
そうなるとクリスマスローズは
存在感が薄くなってしまうのです。

2017_04_10-4
そして水仙は年ごとに
球根の数を増やし見事な
大きな株になりました。
わが家の庭では夜毎に
アナグマが出没して
チューリップの球根や
草花を掘起すのですが
さすがに水仙の周りだけは
いたずらをしないようです。
毒があることをきっと
知っているのでしょうね。
ミミズを食べているのでしょうか。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

ガーデンの美しい季節

2017_04_06-1
しばらくお休みしていました。
と言うよりアマチュア無線の
再開をしようと無線機の電源を
入れたら電圧が著しく変動したり、
音声が全く出なかったりしたので
分解をして調べておりました。
今日はメインの1台が直りました。
まだ2台が故障しています。
修理に時間がかかりそうです。

写真は四月二日に撮影した庭向こうの
山に生えたサクランボの花です。
今日は大部分が散り始めています。
桜より少し早く咲きますが
花色は白色に近いので桜の方が
やっぱり奇麗だと思います。
テレビでは桜の花だよりが
報じられていますがわが地方に桜は
ようやく咲き始めたばかりです。

2017_04_06-2
時間帯を変えて撮りますと
ピンクがかって見えます。
西日に照らされているからです。
下に建っている小屋がなんとも
ノスタルジックな感じです。

2017_04_06-3
こちらはトサミズキです。
満開の季節となりました。

2017_04_06-4
水仙の右に咲いているのは
ヒュウガミズキです。
トサミズキによく似ています。

2017_04_06-5
花壇でもにぎやかな季節です。
クリスマスローズに並んで
ラナンキュラスが咲いています。
ニラ水仙も種で増えています。

2017_04_06-6
妻も季節が良くなってきたので
ガーデニングに意欲が出て来たようです。
最近は寄せ植えにも頑張っています。

2017_04_06-7
椿が満開になりました。
残念なことに花びらが
なんかの病気に罹っています。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

三月下旬も今日まで

2017_03_31-1
今日は久しぶりの雨だった。
晴天が続いていたので
畑や花壇には慈雨だったと思う。
三月も今日で終わり
明日からは四月に入る。
山里はすっかり春の装いになって
梅は満開を過ぎ、
花弁が散り始めた。
南高梅は梅酒用の実を採りたいと
数年前に植えたものである。

2017_03_31-2
サンシュユは満開になり
これからは花弁の色が褪せ
次第に散りゆく季節に入った。
サンシュユはわが家の庭に
春の訪れを知らせてくれる庭木。
三月上旬からつぼみが次第に
大きくなりやがて花が開く。
およそ一か月に亘って季節が
進んでいく様子が愉しめる。

2017_03_31-3
寒さの厳しい冬の間は
小さく縮こまっていたパンジー。
春の訪れに日ごと成長して
花がどんどんと増え始めた。
春は一気に進み暖かさが増す。

2017_03_31-4
冬野菜を片付けて畝を作り直し、
ジャガイモの植え付けをした。
品種は男爵、キタアカリ、デジマ
メークインを各1kg植えた。

2017_03_31-5
メークインの種イモは
形が小さいので分割せず
一個そのままを植え付けた。
秋じゃがも植えるので
4kgの植え付けでも
わが家の消費分は十分すぎる。
収穫は梅雨入り前の
6月中旬の頃になる。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

オリーブの植え替え

2017_03_28-1
植え替え用土を作る作業は
モルタルを練るトロ船容器を
使うと混ぜる作業が楽である。
オリーブ用土は硬質赤玉土に
腐葉土40%程度を混ぜ合わせ
さらに苦土石灰を少々と
マグアンプKの緩効性肥料を混ぜる。

2017_03_28-2
オリーブは地中海地方の雨の
少ない気候に適するので
乾燥に強いが加湿に弱い。
だから鉢土の表面が乾いたら
水を与えるように心がけている。

2017_03_28-3
摘心をしていないので上方に
伸びて側枝がまだ少ない。
品種はミッション、
これくらいの大きさから実が生る。

2017_03_28-4
植え替えが済んだので
日当たりの良い場所に置く。
オリーブは日向が大好きである。

2017_03_28-5
こちらの品種はアルベキナ、
昨年はたくさんの実が生った。
オリーブは自花受粉しないので
異品種が二本以上必要である。
花が咲くまでは離れて置くが
花が咲いたら受粉を助けるために
鉢を近接して並べて置きたい。

2017_03_28-6
昨年はこのようにして
沢山の実が生った。
銀葉のしなやかな枝ぶりも
魅力だが実が生ると
さらに魅力的になる。
葉っぱの先が黄色くなると
マグネシューム欠乏の
サインであるから苦土石灰を
与えるようにしている。
苦土石灰とはマグネシュームを
含む石灰のことである。
また弱アルカリ性を好むので
用土には必ず混ぜたいと思う。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

オリーブの鉢を買った

2017_03_23-1
オリーブの木を2年前に買った。
北播磨オリーブ園の苗木だった。
ここはNPO法人「地球のなかま」
として活動しておられてオリーブを
およそ400本育てておられる所だ。
素性の良いまっすぐな苗木だった。
価格も安くて1500円だった。
品種はミッションである。
オリーブは1本では受粉しないので
実を生らすなら違う品種を
2本以上植えなければいけない。
私はアルベキナ、コロネイキと
合計3品種を育てている。
ほかにネバディロブランコも
育てていたのだがコガネムシの
侵入を許してしまい枯れてしまった。
オリーブはコガネムシが土中に
侵入して根っこを食べ尽くす。
オルトランなど殺虫剤では
効果があっても完全ではない。
鉢植えなら土の表面を専用の
不織布で覆ってコガネムシが
土中に卵を産み付けないように
する方法もあるが専用の不織布は
ネットで購入するか園芸店で
取り寄せるしかないから面倒である。
私は毎年植え替えることにして
コガネムシの食害の痕跡や
幼虫が居るならばていねいに
捕殺するしかないと思っている。
今年も植え替えの適期が来た。
年中植え替え可能だけれど
初心者は4月が良いらしい。
花が咲く時期は避けた方が無難だ。
今年は一回り大きな鉢を買った。
ベトナム産で分厚いので重い鉢だ。
2017_03_23-9
植え替え後はこんな形になるだろうか。
背高く伸びたので摘心をして
側枝を出すようにしたいと思う。
土は硬質赤玉土に腐葉土を40%、
弱アルカリ性の土が適するので
苦土石灰を混ぜて用土とする。
なお、苦土石灰にはマグネシュームが
含まれているのでこれは欠かせない。
オリーブの葉の先が黄色くなるのは
マグネシュームの欠乏である。

2017_03_23-2
花壇の方は緑がまだ少ないが
ブルーの花がいつの間にか咲いた。
花の名前は忘れてしまった。
もしかしてプルモナリアかな^_^

2017_03_23-3
東側の庭風景を撮った。
シマトネリコが大きくなったので
昨秋に大胆な選定を施した。
大枝を切るとそこから徒長枝が
何本も出ることがあるので
大きな日陰を作ってしまうだろう。

2017_03_23-4
クリスマスローズの葉っぱが
少なくてバランスが悪い。
少し乾燥が過ぎたのかもしれない。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ