山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2014年10月

深まる秋の日に

2014_10_30-1
今年も残すところ二カ月になった。
季節は晩秋と初冬の境目である。
集落の山裾はうっすらではあるが
紅葉の始まりが見える。
庭の唐カエデはまだ夏の装いだ。
少し冷え込むと一気に黄葉するだろう。

2014_10_30-2
今のわが家の庭で私が好きな
アングルはこの風景である。
花が咲くとガラッと変わって
美しい装いのウインターコスモス。

2014_10_30-3
私の日課は畑の見回りから始まる。
野菜の育ち具合を確かめ、
害虫の食害の有無を目視する。
雑草が伸びていれば
その日は除草作業である。
手をかけてやればやるほど
応えてくれるから出来ることだ。
キャベツは畝づくりの段階で
土中に潜むヨトウムシ退治のために
ダイアジノンを鋤き込み、
定植後はただちに防虫ネットを
施したので害虫の食害はない。
防虫ネットで青虫は防除できるが
土中に潜むヨトウムシは防げない。
期待通りの綺麗なキャベツが育っている。

2014_10_30-4
今日は大根の初収穫だった。
品種名はおでん大根である。
その日に食べる分だけ引く。
若干長さが短いが
食べごろに育ってくれた。
今夜はブリ大根を食べたい。

2014_10_30-5
そしてサツマイモ掘り、
一気に掘ると腰が痛むので
毎日少しずつ収獲する。
芋ツルを刈取り、スコップで
掘りとる作業は重労働である。
今年は出来が悪いが
それは暑さが短かったからか?

2014_10_30-6
作業の合間に
デッキでティータイムをとる。
のんびりした至福の時間である。
黒豆パンを妻と半分子、
小さく刻んだ柿は
クラちゃんが食べる分である。
束の間の団欒が終わると
また農作業が始まる。

2014_10_30-7
収獲したサツマイモを洗って土を落とし
新聞紙でくるん段ボール箱へ入れる。
室内に持ち込んでおけば
来年の4月ごろまで保存できる。
新聞紙で包むことが保存のコツだ。

2014_10_30-8
自家栽培のシイタケも4本採れた。
西日が傾く頃になると
クラちゃんは散歩の時間である。
深まる秋の一日は
こうして今日も過ぎて行った。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



今、バラ苗が安い

2014_10_29-1
青空が広がる絶好の秋日和、
庭のアメリカハナノキが
紅葉のはしりを迎えた。
このところ朝の冷え込みは
11月中旬並みである。
気象予報士が今年の秋は
長いと言っていたが
一昨日は木枯らし1号、
案外冬将軍の到来は
早いのかも知れない

2014_10_29-2
今の季節はバラ苗の
植え付け時期である。
ホームセンターでは
大苗が入荷している。
価格はツルバラが999円、
木立性は799円と安い。
私は迷わず2本を買った。
ストロベリーアイス、
そしてグレッチャーを各々1本。

2014_10_29-3
植穴を掘り早速定植した。
穴径はおよそ30センチ、
深さも30センチ程度、
用土は掘り返した土に
牛糞と市販のバラの土を混ぜる。

2014_10_29-5
植えた場所はナニワイバラの
絡みついたオベリスクの近く、

2014_10_29-4
このバラはグレッチャー、
その奥には
2014_10_29-7
ストロベリーアイスを植えた。

2014_10_29-6
ナニワイバラは5月上旬から
咲き始めて1週間たてば散る。
常緑性のバラなので
年中ミドリであるがそれだけでは寂しい。
だから木立性のバラを植えたのだった。
すでにジャン・ジオノも植わっている。

オベリスクのまわりに
木立性のバラが3本になった。
春になるとどんな景色になるだろう。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭のオベリスクと風見鶏

2014_10_28-1
今年の三月に木製のオベリスクを作った。
頂部に風見鶏を付けるべく構造にしている。

2014_10_28-2
木材はツーバイ材である。
ホームセンターでは1本あたり
298円で売られている。
このオベリスクでは8本を使った。

2014_10_28-3
風見鶏は中国製のもので
ネット通販で購入した。
送料込み5千円くらいだった。
オベリスクの頂部は
ハメ込み式にして
載せ
てあるだけなので
簡単に取り外すことが出来る。
風見鶏の取り付けを低い所で
出来るので作業が楽である。

2014_10_28-4
作業時間は30分ほどで済んだ。
オベリスクを設置した当初から
付けるつもりにしていたが
作業が面倒臭くて今日になった。
こんなに簡単に付くなら
もっと早くしておけば良かった。
2014_10_28-5
因みに取り付ける前は
こんな風景であった。

2014_10_28-6
バラはアンジェラである。
写真は5月下旬のもの、
まだオベリスクに
届かない大きさだった。

2014_10_28-7
今日現在では足に絡みついている。

2014_10_28-8
この写真は8月ごろである。
来年の5月下旬が楽しみである。
その時、アンジェラは
どんな大きさになっているだろうか。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



季節は晩秋、木枯らし1号

2014_10_27-1
南国の花、ハイビスカス。
暑い夏に咲く花のイメージがある。
しかし、涼しくなった10月から
盛んに蕾をあげているのは
少し意外な感じである。
冬越しさせるには短く切って
暖かな部屋の窓辺に置くのが良い。

2014_10_27-2
小学校1年生の学級定員が
35人になったのは5年前だそうだ。
財務省は財政難から40人学級に戻すよう
文科省へ働きかけているという。
文科省は現在の定員35人を
維持したい考えのようだ。
国の将来を担う教育なので
財政難を理由に
改定することは如何なものか?
今日の気になったニュースである。

2014_10_27-7
今日はお昼頃に時雨があった。
北から冷たい空気が入ったからだそうだ。
今年の秋は長いと言う予報だったが
寒い冬は予想より早く来そうだ。
因みに今日は木枯らし1号が吹いた。

2014_10_27-3
気象予報士、今出さんによると
木枯らし1号とは霜降(10/23)以降、
風速8m以上の北風をいうそうだ。

2014_10_27-4
植替えをせず肥料も与えなかった、
大文字草の花が今年は小さい。

2014_10_27-5
安納芋の3度目の試し掘り、
二株を掘った。

2014_10_27-6
わが地方では11月中旬に初霜が降る。
ツルを植えて4カ月を過ぎたので
お天気のいい日を見て収獲することにしよう。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



DIY、アプローチのレンガ敷設作業

2014_10_26-1
今年の三月に
アプローチのレンガを敷いた。
パーゴラからログハウスの
階段下までの区間だった。
パーゴラから手前は
駐車スペースであるため
砕石を敷いていたのだが、
レンガの敷設を延長した方が
見栄えが良くなるだろうと思い、
植木鉢を置いているあたりまで
レンガを敷設することになった。

2014_10_26-2
宅地にする前は田圃だった。
だから砕石の下には田圃の
土(黒土)がそのまま残っている。
そんな土地に建物を建てたが
黒土の下は岩盤だったので
岩盤の深さまで建物基礎を作れば
黒土を除去する必要がなかった。
しかし、大量の砕石をログハウスの
まわりに入れなければ雨後は
ぬかるんでどうしようもなかった。
だから大量の砕石を撒いたので
敷地の土を掘削すると砕石が
ゴロゴロ出て来る始末である。

2014_10_26-3
三月の施工で完了した区間は
水はけを考慮して透水管を
敷設したが今回の延長分は
短いので透水管を敷設せず、
その代わりに黒土の層を
抜けるまで深く土を除去した。

2014_10_26-4
除去した部分に真砂土を入れて板で
かき均しながら水平レベルを出していく。
敷設順序は向かって左側から
右方向へとレンガを敷いて行った。

2014_10_26-5
しか水平レベルはいい加減なもの、
真砂土を転圧する機械がないので
踏み固めた程度だから
雨が降るといくらか沈み込む。
後々には凹んだレンガを
修正する必要があるだろうと思った。
だから水平レベルはそれほど
神経質になる必要はないのである。

2014_10_26-6
なんとかレンガを敷き終わったが
細かく見ると波打っている部分がある。

2014_10_26-7
アプローチの見た感じが
施工前より幾分よくなった。
雑草の生える部分が減ったので
夏場の除草作業が軽減できる。

2014_10_26-8
植木鉢を置いてみると
以前に比べて見栄えが
良くなったように思う。
残土を処理する作業もあったが
わが家には山裾があるので
そこへ残土を運んだ。
一輪車で運ぶ作業が体に堪える。
都会だったら残土処理も大変だが、
田舎では少ない量なら何とかなる。
前回の煉瓦敷設作業は
こちら

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



故郷を愛する心を育てる

2014_10_25-1
山に夕陽が落ちる頃になると
童謡「ふるさと」の
メロディが聞こえて来る。
♪うさぎ追いしかの山
♪小鮒釣りしかの川。。。
午後5時の報せである。
発信元は小学校校庭の
トランペットスピーカーだ。
子供たちはこのメロディを
聴いて家路へと急ぐ。
2014_10_25-2
旧大阪市庁舎では夜10時になると
「みおつくしの鐘」が鳴る。
この鐘は昭和30年に
大阪市地域婦人団体協議会の
会員15万人が子を思う母の心として
製作しその後大阪市に寄付された。
「子供達よ、早く家にお帰り」
母が子を思う鐘の音である。

2014_10_25-3
小学校から流れる童謡「ふるさと」、
親や地域の大人の子供を思う心が
メロディに込められている
毎日、メロディを聴いていると
それが故郷のメロディとして
子供たちの心に定着するだろう。
やがて大人になり就職して
大都会に移り住んでも
このメロディを聴くたびに
生まれ育った故郷を思い出す。

小学校の校庭から流れるメロディが
子供たちの郷土愛を育んでいる。
私はそんな思いで聴いている。
2014_10_25-4
そして故郷を想う詩人の
句を思い出す。
「何時になり何歳にならば
忘れえむ
今日もおもひぬ故郷のこと」
ーーー 石川啄木 ---
「ふるさとの訛りなつかし停車場の
人ごみの中にそを聴きにゆく」
ーーー 石川啄木 ---
ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや
ーーー 室生犀星 ーーー


2014_10_25-5
ふるさとへの思いというものは
何歳になっても変わることはない。
私は長いこと大阪に出ていたが
辛い時、悲しい時は六甲山系の
山並みを見てその遙か向うの
故郷を想い、涙に呉れていた。
また、
故郷を走っている神姫バスを
大阪で見ることは稀だった。
神姫バスを見る度に
故郷がダブって見えた。
室生犀星の詩句からも
私と同質の想いが伝わって来る。


2014_10_25-6
ところで
テレビニュースによると
文科省が道徳教育を
一つの教科として捉え
今後は児童生徒一人一人に対し
評価を導入すると言っている。
数値的な評価ではなく、
文章表記にするそうだが
いずれにしても
私はナンセンスなことだと思う。
子供の道徳的な内面を一人の先生が
推し量ることは無理があるだろう。
そんなことを押し付けられたら
現場の先生はきっと困ってしまう。
2014_10_25-7
それよりも政治家の
政治倫理はどうなんだ。
政治資金規正法や政務活動費の
不適正な使い方が後を絶たない。
兵庫県でも政務活動費の
不適正な使い方が問題になった。
政活費の報告書を精査すると
なんと20人もの議員に不適正な
使用があったと新聞は報じていた。
2014_10_25-8
そもそも政務活動費の
前払いに問題がある。
本来は経費支出請求を経て
支出が妥当なものに限り
支払われるものである筈だ。
私的な生活費の一部に
税金が使われることに
非常に腹立たしい思いがする。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋植え野菜の出来栄えがいいぞ

2014_10_24-1
八月の終わりごろスイカ、
トマトなどの残骸を撤収した。
夏の間に伸びた草も刈りとった。
そして苦土石灰を撒き耕運機で鋤く。
畝を立てでは鶏糞や牛糞を
畝に鋤き込んで更に化成肥料や
有機ペレット肥料を施した。
九月に入ると
大根やほうれん草、菊菜などの
タネを播き、ジャガイモも植えた。
いずれも
すくすく育ってほうれん草や菊菜は
収獲して食卓に出るまでになった。

2014_10_24-3
キャベツも結球が始まっている。
防虫ネットを定植後すぐに施したので
虫の食害もなく綺麗なキャベツが期待できる。
今では防虫ネットを外したけれど
モンシロチョウがまだ畑を舞っている。
寒くなるまで青虫などの発生に気が抜けない。

2014_10_24-4
ほうれん草は何度も食べた。
株が大きくなると収穫量は
予想以上のかさになる。
私は鰹節を和えた御浸しが好きだ。
オクラとほうれん草の和え物、
納豆とほうれん草の和え物も旨い。

2014_10_24-5
食べごろを迎えたほうれん草の収獲が
終わってもまだまだ食べたいので
二期目のほうれん草を播いた。
ほうれん草の種は硬いので一昼夜、
コップの中で水に浸して
播いたところ発芽率が格段に向上した。

2014_10_24-6
ほうれん草は栄養価も高く、
美味しいのでこちらの畝でも
三条の筋蒔きにした。
この段階まで育つと水やりも無く、
自然の降雨だけで育つだろう。
予定通り
11月中旬には収穫が始まるだろう。

2014_10_24-2
薪ストーブの燃料として
購入したクヌギの原木。
細い原木の何本かに
椎茸の種菌を植えておいた。
ホダギは水槽に付けて
湿らせ湿度の保てる場所に
置くと収穫量が増えるのだが
そんな暇がない最近である。

2014_10_24-7
鳴門金時を少しずつ掘り取ることにした。
今日、掘り取ったものはまだ太りが少ない。
でも外気温が下がったこの頃では
これ以上待っても太らないだろう。

2014_10_24-8
細いものは味噌汁に入れても美味しい。
太いものは薪ストーブの中で
焼くのが最高である。
庭の焚き火炉で遊ぶ時に
焼くのも楽しい。
保存の方法は
1個ずつ新聞紙で巻いて
段ボールに入れて室内の高い所に、
例えば冷蔵庫の上などに
置くと年が明けてからも
美味しく食べられる。
もみ殻やスチロールの箱の中に
入れたこともあるがカビが
生えていい方法ではなかった。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋色を見ながら愛犬と歩く

一昨日、昨日と雨が続いた。
だから昨日は戸外に出て
土と戯れる機会がなかった。
夕方になって
葬儀会館へ
通夜式のために行った。
それが自宅から外へ出た
唯一の出来事だった。
95歳になる女性のご逝去だった。
集落の世帯数は106軒である。
その中で80歳を超える男性は
どれくらいの健在かと数えると
驚くなかれ10人程度である。
一方、女性はその5,6倍以上が
80歳を超えてなお健在である。

2014_10_23-1
今朝のお天気は雲一つない快晴だった。
散歩道の田園風景は相次ぐ10月台風と
二日続きの雨で稲刈りが遅れている。
今日現在で半分が済んだところだ。
朝の気温は一桁台の日もある。
でも山が紅葉するほどの冷え込みはない。

2014_10_23-2
そんな集落の農道や簡易舗装のむら道を
私は毎日クラちゃんと散歩をする。
それをしなければ畑に出ることも
庭作業をすることも出来ない。
一緒に歩く犬は孫のように思える。
12歳を超え、耳も鼻も目も悪くなった。
人間の歳に換算すれば70歳以上だろう。
先週の日曜日、姫路バラ園へ連れて
行ったときに入園者のある女性と
会話する中で私が聞いたこと、
それは
「犬は13歳くらいになった時、
急にガクッと老け込みますよ」
ということだった。
クラちゃんを見ていると
ぴったり当てはまっているので
この先どれほど生きてくれるだろうと
心細く悲しい気持ちになった。

2014_10_23-3
ちなみに
その女性が飼っていた犬は
15歳の天寿を
全うしたと言うことだった。
犬の平均寿命を考えると
長生きだったに違いない。
熊などは平均すると
30年ほど生きるそうである。
犬は何故長く生きられないのか、
しばしそんなことを
考えながら散歩道を歩いた。

2014_10_23-4
むら道から農道への分岐にさしかかると
クラちゃんの行きたい方向と
私が行きたい方向がくい違った。
そんな時、クラちゃんは
お座りをして動かなくなる。
ダダっ子犬は幼い子供と同じである。
そんなクラちゃんの動作も可愛くて
私はクラちゃんのわが儘に負けてしまう。

2014_10_23-5
散歩道を歩いて珍しい物を見た。
と言っても一昔前の田舎で
普通に見られた稲木である。
昔は稲を鎌で一株ずつ刈り、
束にして稲木にかけたものだ。
刈り取って天日で乾燥させた米は
美味しいご飯として記憶に残っている。

2014_10_23-6
今ではコンバインで
刈取りと脱穀を同時に行い、
籾は農業倉庫の中で機械が乾燥する。
子供の頃には
稲刈り作業が機械化されるなど
想像だにしなかった。
農業の高齢化とともに
後継者が無い時代、
次は人間に変わって
ロボットが農作業をするだろう。
介護と農作業はロボットがするべく
すでに研究開発が進んでいる。

2014_10_23-7
散歩道を歩いていると稲刈りが
ほとんど進んでいないところもある。
やはり連続した10月台風と
二日続きの雨が影響をしているのだ。

2014_10_23-8
クラちゃんが子供の頃は
稲刈りが終わった田圃で
リードを外して走らせたものだ。
今はそんな活発な動きが
出来なくなったクラちゃんである。

2014_10_23-9
田圃の畦に生えた
セイタカアワダチソウが目立つ。
私が子供の頃に
見かけなかった帰化植物である。
花粉は喘息などのアレルギーになる。
また、強い繁殖力であるため、
在来種のススキなどが少なくなり、
生態系のバランスが変わりつつある。

2014_10_23-10
さて今日の庭作業の始まりは
小屋の庇部分にツルバラを
這わせたいと針金を4本張った。

2014_10_23-11
そして、
張った針金にツルを誘引した。
そのツルバラは
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール、
来年の春は
バラがどんな風景に見えるだろう。
午後はレンガの敷設作業になる。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋の夜長をどのように過ごすか

2014_10_22-1
夕陽が山に沈む時刻も早くなった。
五時半になるとあたりが暗くなる。
畑仕事をもう少し、あと少し、
そう思ってつづけたが
暗くなったら終えざるを得ない。
2014_10_22-2
季節はすっかり秋へ変わった。
夏至の頃に比べると
夕食の時刻が早くなって
くつろぎの時間が増えた。
秋の夜長と云う言葉がある。
そんな夜長をテレビ視聴以外で
時間を過ごすことは難しい。
いつの間にか
テレビへとかれる。
2014_10_22-3
山崎豊子さんの本は
著者が逝去される前から
読んでいるが完読までほど遠い。
恩師から戴いた文集も
読み切らない内に2冊目が届いた。
2冊目の礼状はまだ書けていない。
私の関心事は他にもあるが
雑多な趣味がなすべきことを
なおざりにしている。
現役当時は仕事の優先順位を考え、
業務に支障がないように
準備を怠らなかった。
定年退職するとそんな意識も薄れ、
ややもすると自分の興味関心に
かたよった生活になる。
2014_10_22-4
最近はバラ園芸に関心があって
Youtubeでバラの仕立て方や
植え替えのポイント、
病気予防などバラに関する
知識を吸収している。
書物と違って育て方の
ポイントが判りやすい。
「百聞は一見にしかず」と
云われる所以ゆえんだろう。
2014_10_22-5
定年退職をして余生が短くなると
日々の過ごし方がいかに
大切かがわかるようになった。
一度しかない人生だから
自分の思い描いた構図を
完成させるべく秋の夜長を
過ごしたいものである。
2014_10_22-6
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋色の庭

2014_10_21-1
新聞の地方版ニュースによると
ある大学教授が「原発ほど
コストのかかる発電はない」と
題して講演をしたそうである。
教授は福島の原発事故による
諸々の費用を説明したそうで、
放射能汚染による除染費用、
福島原発の廃炉にかかる諸費用、
汚染地区住民への補償金費用、
使用済み核燃料にかかる費用、
など概算で少なく見積もっても
11兆円規模の
莫大な金額になるという。

2014_10_21-2
電力業界では発電コストの計算は
帳簿に出ている経費だけで試算する。
廃炉に要する費用、
核燃料廃棄物処理費用、
汚染地域への
補償費用などは含まれない。
そして
原発事故が起きた場合は多額の
国税が投入されることになる。
原子力発電は低コストで
クリーンなエネルギーと
政府、電力業界は宣伝する。

そして政府は
エネルギー大綱の中で
原子力発電を
ベースロード電源にすると発表した。
2014_10_21-3
私は現役で働いていた頃、
2度ほど仕事で高浜の原発に行った。
当時の所員の説明は
原油による発電は中東の政情不安を
考えると安定的なエネルギーではない、
そして高浜海水浴場周辺の綺麗な海を
PRされていたように思う。
強固なコンクリート製の原子炉は
地震などに強い構造になっていると
安全神話も聞かされたものだ。
だが福島原発事故で
安全神話は脆くも崩れ去ってしまった。
今、国民の過半数は原発再稼働に反対である。
安倍政権は経済最優先課題である。
せめて原子力行政だけでも
安全最優先にして貰いたいと思う。

2014_10_21-4
国内に原発は48基あるそうだ。
福井県高浜原発は私が住む地域から
直線距離で60kmほどの位置になる。
福島のような災害が起これば
他人ごとでは済ませられない。
鹿児島県川内原発の
稼働に向けて政府は動き出した。
川内市議会も6対2の賛成多数で
稼働に同意すると見られる。
しかし、
稼働が立地自治体の合意が
過度に偏重されることに
私は割り切れぬ思いを抱く。
福島のような災害が起これば
被災するのは
立地自治体だけではないからだ。
さらに40年経過した老朽原発の
廃炉費用は将来的に電気代に
加算されることを思うと原発は
国民全体にかかわることでもある。
使用済み燃料からプルトニュームを
取り出す核燃料サイクル開発に
かかる国費も莫大な金額である。
それを思うと国民の税負担は大きい。
川内原発が再稼働に踏み切れば
残る国内の47基もドミノ式に
再稼働へと進むことになるだろう。
ドイツは脱原発に踏み切った。
これからは再生エネルギー開発の
技術が一層進んで行くだろう。

2014_10_21-5
日本は現時点でドイツに比べ
再生エネルギー利用が遅れている。
地球温暖化が進む中で
この分野は世界的に
注目される時代が来ると思うと
ドイツは将来的
に賢い選択をしたと思える。
エネルギー問題への舵取りが決まれば
企業の市場への参入が促進される。
ドイツはやがてこの分野で
突出した技術立国になるだろう。
小泉元総理の持論は正しいのである。
2014_10_21-6
そして電力業界は
発電、送電、配電に至るまで
独占事業であることも問題である。
これではエネルギーの高騰は
抑えられない。
少なくとも発電と送電は
事業を分けるべきである。
先進国の電力事情も調査して
倣うべきは倣って改革をすべきだ。

2014_10_21-7
さて、田舎暮らしに戻ろう。
わが家の庭にも晩秋が訪れている。
庭木に紅葉が始まった。
カシワバアジサイは
房状の花も見事であるが
紅葉も捨てがたい魅力である。

2014_10_21-8
紅葉と言えば南京ハゼも見事である。
大木になると沢山の実が生る。
落葉した後の実のなる風景も素晴らしい。

2014_10_21-9
畑の方では白菜が大きくなった。
寒さが加わって来ると害虫も減るだろう、
そう思ったから
防虫ネットを外すことにした。

2014_10_21-10
防虫ネットを外すと虫の
食害は見られなかった。
ただ、黄色モンシロチョウがあたりを
ひらひらと飛び回っているのが気になる。
暫くするとバッタやカマキリも
葉っぱに停まっているのが気になる。
一株だけ引き抜いて今夜は
サトイモとの煮込みに使うことにした。
ずっしり重みを感じるが
まだ結球が始まったばかりだった。

2014_10_21-11
サトイモは子株が沢山出ている。
この子株に沢山の小芋が付いている。
今年の作況はまずまずの出来である。

2014_10_21-12
一株掘った芋の出来具合だ。
でっかい親芋だけで今夜は十分である。

2014_10_21-13
西日が傾く頃になるとクラちゃんが
デッキに出て散歩に誘う。可愛い奴である。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ