山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2015年02月

ガーデンに春が来るのは早い

2015_02_28-1
三寒四温の季節だから
寒い日もあれば,
暖かな日もあって当然。
ひと口にそうは言っても
三月下旬のような気温から
節分の頃の寒さに戻っては
身体への差し障りが大きい。
昨日は
ウグイスの初鳴きを聴いた。
今日は白バラ、サマースノーの
芽吹きを確認したが
突然の寒の戻りにウグイスも
バラもびっくりしたことだろう。
本格的な春はまだまだ遠い。
2015_02_28-13
西高東低の冬型気圧配置、
北風が強い一日だった。
 今日は娘の公休日、
眼鏡を買ってあげると言うので
隣町まで二人で出かけた。
今更お洒落をしても
仕方がないが最近は老眼の
度数が合わなくなって
新聞や本を読むときに不便を
感じていたこともあり久しぶりに
ノリノリ気分で出かけたのだった。
眼鏡店のお勧めするレンズは
聞いたこともないレンズメーカー
だったのでそれを断って
HOYAのレンズを指定した。
お薦めのレンズは利益率が
高いレンズだったに違いない。
この手の業界で
は黙っていれば
大体その方向に誘導される。
そう思うのは私の疑り深い
性格だからだろうか?
フレーム選びは娘任せ、
いつのことだったか、
スーツを買いに出かけた時も
娘の好みに収まってしまった。
男親とはそんなものなのだ。
メガネを買ってくれたお礼に
ランチをサービスしておいた。
ホワイトデーが近づてい来た。
忘れないように気を付けたい。

2015_02_28-11
帰宅すると3時を回っていた。
その後、庭に出て
先日からかかっている鉢置き台に
ツルバラ「雪明かり」を載せ、
ツルをネットに誘引した。
作業中は体が北風にさらされ、
すっかり冷えてしまった。

2015_02_28-2
サンシュユの蕾はその後進展なし、

2015_02_28-3
これは昨年の同時期のサンシュユ、
蕾は今年より遅れているようだ。

2015_02_28-4
それでも3月中旬には咲いていたな。

2015_02_28-5
この花が咲くと春が来た感じになる。
花期が意外と長く色あせながら
散り染めまで3週間ほど観賞出来る。

2015_02_28-6
青い宝石に例えられる花、
名前はシラー・シビリカという。
ユリ科 の球根植物である。

2015_02_28-7
昨年の同時期はこんな具合だった。

2015_02_28-8
明日から3月というのに
花壇は冬の様相である。
それでも太陽が出れば
暖かさを感じる今日この頃、
まわりでキジの哭く声がするのも
そう遠くはない筈である。

2015_02_28-9
昨年の今頃は
スノードロップも咲いていたな。
でも季節の進み具合は昨年も今年も同じ。

2015_02_28-10
3月中旬になるとティタティタが咲く。

2015_02_28-12
そして向かいの山にも春が来る。
啓蟄は3月6日、
もうその季節になっている。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



ガーデンにバラが咲く季節

2015_02_27-1
このバラ、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、
わが家の二代目です。
返り咲き、伸長2m程になります。
初代はテッポウムシに地ぎわを
巣食われて枯れてしまいました。
このバラが好きだった私は
妻にリクエストして
タキイ種苗から大苗を
通販で買ってもらいました。
返り咲き半つる性のバラです。
植えて数年経った今、
またテッポウムシに穴を
開けられて元気がありません。
山が近いのでコガネムシの
被害も相当多いので困ります。

2015_02_27-2
八重咲きの小さな花のバラは
ポールズ・ヒマラヤンムスクです。
ツルの伸長は7m以上とありますが
わが家では10mほど伸びています。
元気が良すぎるのでこのバラは
牛糞などの寒肥をしていません。
奥に見える中輪のバラは
ピエール・ドゥ・ロンサールです。

2015_02_27-3
庭づくりを始めて数年間は
「バラづくりは
ほどほどにしておこう」と
妻が言っていたのです。
それは殺虫消毒の作業が
大変なことも
考えてのことでした。
しかし、小屋が建てられると
庭に立体感を持たせるために
バラを植えたくなって
私が消毒作業をする約束で
バラを増やすことにしたのです。
その頃に植えたのが写真の
超大輪のツルバラ(ピース)です。
妻にカタログを提示されて
私が選んだ一品です。
ツルが固く誘引が難しい品種で
花も大きすぎて失敗でした。

2015_02_27-4
宝塚ガーデンフィールズで
買った小輪咲きツルバラ、
モーツアルトです。
閉園になった今は在りし日の
思い出が詰まっています。
バレリーナと見分けが
付かないほど似ています。
若干こちらの方がピンクが
濃いと言われています。

2015_02_27-5
モーツアルトを鉢植えから
地植えにして2年目の写真です。
小さな花が房状に咲きます。
ワイヤーネットに誘引しています。

2015_02_27-6
モーツアルトと並んで
植えたツルバラ(パレード)です。
地植えにした翌年なので
ツルがまだワイヤーネットに
届いておりません。

2015_02_27-7
地植えから2年経った
パレードです。
ツルも伸びて来ました。
花の形状、色の好き嫌いは
ありますが病気に強く
春から秋まで咲き続けて
愉しませてくれます。

2015_02_27-8
赤いバラはアンジェラ、
黄色のバラはバフビューティです。
黄色いバラはアーチに誘引、
地植えにしています。

2015_02_27-9
上にピエール・ドゥ・ロンサール、
下にアンジェラの風景です。
アンジェラは鉢植えと地植えがあります。

2015_02_27-10
反対方向から撮影した写真です。
このアンジェラを
地植えにしたいのですが
適当な場所が見つかりません。
ツルバラは誘引する構造物が
必要なことが悩みになります。

今日は朝から終日、雨でした。
クラちゃんと朝夕の散歩に
出たくらいでテレビを見たり、
昼寝をして過ごしました。
そのため、一昨年と昨年の
バラの季節から写真を
アップしました。
いつも多くの方に来ていただき
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



春が来た!ガーデニングの季節

2015_02_26-1
今日の兵庫県内陸部の
天気予報は曇りでした。
気象衛星のお蔭で
正確な天気予報だと
思っていたのですが
ご覧の通りの快晴でした。
天気予報が外れるなんて
最近では珍しい出来事です。
でも季節柄、
風向きは北の風、
風見鶏は相変わらず
北を向いていました。
一句詠ませていただきます。
「風見鶏 冷たい風に 立ち向かう」
お粗末でございました。

2015_02_26-2
夜は室内に取り込んでいる
鉢物を今日もデッキへ出しました。
こんな作業もあとしばらくです。

2015_02_26-3
そして次は、
庭小屋のデッキを
久しぶりにすっきりと
片付けて。。。。

2015_02_26-4
この暖かさだと庭で何か
変わった様子が見られるかも?。。。
そんな思いで庭を一回りすると。。

2015_02_26-5
サンシュユの蕾が
大きく膨らんでいました。
こんな暖かさが
数日続けば咲くのでは?
そんな期待を持ちました。
そして今日は
ウグイスの初鳴きを聴きました。

2015_02_26-6
東側の落葉樹の下へ行くと、
クロッカスが一輪、
枯れ葉の中から顔出して
咲いているではありませんか。
枯れ葉の下からひょっこり
咲いている姿が可愛いです。
春を待つ心の感動でした。

2015_02_26-7
クリスマスローズは
花の数が増えました。
三月になるとこの横で
ティタティタ水仙が
咲いてくれるのです。
丸い陶器の右横で咲く準備を
しているのが見えています。

2015_02_26-8
こちらのクリスマスローズは
うつ向いた姿に
寂しさが出ています。
控えめでありながら美しい
この花が私は好きです。

2015_02_26-9
梅はどうしているかと
気になって見に行きますと
やっと咲き始めたところです。
クラちゃんと散歩道で見る
紅い梅花とピンクの梅花は
満開近しになっているのに
少し遅れているようです。
京都の北野天満宮の梅は
7時のニュースでは満開でした。

2015_02_26-10
絶好のガーデニング日和、
バラの鉢置き台に
ペンキを塗りました。
黒いネットに白い花の
雪明かりという名前の
バラを誘引します。

2015_02_26-11
こちらのベンチ型花箱、
底板を取り外して二度目の
ペンキ塗りもしたのです。

2015_02_26-12
底板は裏表ともペンキ塗りです。
一番腐りやすい部分ですから
入念に二度塗りをしておきました。
苗の植付けは妻にお任せです。

2015_02_26-13
そして花壇と通路を
仕切るフェンスも
ペンキを塗りました。
二度塗りをすると
見栄えが少し向上しました。
先ずはラッパ水仙が咲き、
日向ミズキとジュンベリーが
このフェンスの前で咲く筈です。

2015_02_26-14
フェンス背景の椿は満開ですが
霜の降りる時期に咲くので
傷んで見栄えが悪いのです。
花が終わったら小柄な椿に
仕立て直しを致します。

一昨日は拍手コメントの中で
ラブラドールの思い出を
寄せていただきました。
虹の橋を渡って行った思いは
家族を失った悲しみと
同じなんだと思います。
犬は古代から人との
生活を共にする動物です。
家族の気持ちを癒してくれます。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭でくつろぎたいシーン

2015_02_25-1
新緑が出揃う蒸し暑い季節、
梅雨入りの頃から
ヘメロカリスが咲く。
ユリの形状をして
美しい花であるが惜しいことに
その日に咲いて翌日には萎む。

2015_02_25-2
いちにち花である点は
ニッコウキスゲも同じである。

2015_02_25-3
私は
ニッコウキスゲに似た
の花が大好きである。
ニッコウキスゲの自然の
群落を見たさに尾瀬に2回、
霧ヶ峰に2回行ったのだった。

2015_02_25-4
そのニッコウキスゲが
こちらである。
平地では開花が早く
5月中旬から咲き始める。
霧ヶ峰など標高の高い高原では
7月下旬ごろが満開になる。
自然の群落は関西には無く、
信州や関東に限られるようだ。
有名な群落は
日光の霜降高原がある。

2015_02_25-5
わが家の庭ではヘメロカリスが3株、
ニッコウキスゲが1株植えられている。
霧ヶ峰の群落に魅せられて以来、
いずれも妻が植えたのである。

2015_02_25-6
グランドカバーに埋もれる鉢植え。
鉢の質感を撮ろうとピントを合わせた。

2015_02_25-7
シモツケソウも高原で
よく見かける花である。
こんな背景に白樺が欲しいが
関西の暖地ではテッポウムシの
食害があって育ち難い。

2015_02_25-8
右の枯れ木はハナミズキ、
惜しいことに原因不明で
一部の枝を残して樹幹が
枯れてしまった。
白樺4本、カツラ、コニファー、
アメリカハナノキ、
モミの木、金宝樹など
枯らした庭木は数多くある。

2015_02_25-9
6月は水無月とも言う。
瑞々しいみどりに
包まれる6月の庭。

2015_02_25-10
薪小屋を作ったことで
背景の雑多なものが消えた。

2015_02_25-11
煙のように見えるスモークツリー、
雄木と雌木があって
購入時には区別がつかないので
花の咲く季節に購入したい木である。

2015_02_25-12
小屋のある風景が好きで建てた。
バレリーナに似たモーツアルト、
 花色が少し濃いそうだが
区別がつきにくいものがある。 

昨日は西はりまのスプリング8、
大型放射光施設地域へ
行っていたので写真撮影がなくて
今日も過去写真になりました。
いつもここに来てくださって
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします 。
 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



3月中旬の陽気、クリスマスローズが。。。

2015_02_24-1
昨日の雨の後は一転して
春の陽気になりました。
愛犬、クラちゃんと散歩する
午後4時過ぎの時間帯では
日暮れはまだ遠くて
陽の光に春を感じます。

2015_02_24-2
クラちゃんといつもの
ワッペン工場の横を通りますと
ラブラドールのリボ君が
私達が来るのを待っています。
私とクラちゃんの姿が遠くに
見えるとワンワンと哭くのです。
それは威嚇でもなく、
警戒の哭き声えでもありません。

2015_02_24-3
リボ君と私達はすっかり
信頼関係が成立して、
アニマルビスケットを
要求して哭いているのです。
私が金網越しに「お座り」と
命令すると従順にお座りをします。
そしてビスケットを
投げ入れるのを待っているのです。
以前は溝のない場所に
繋がれていたのでリボ君と
ボディスキンシップが出来ました。
今は溝で隔てた場所に移され
スキンシップが出来ません。
リボ君は耳の裏を
掻いてもらうのが好きでした。
とても従順で
利口なラブラドールなので
私はリボ君が大好きです。
いつか許可を得て一緒に
散歩したいと考えています。

2015_02_24-4
さて、散歩から帰るとひとまず、
デッキの柱に繋いで
クラちゃんは
足を洗ってもらうのを待ちます。
クラちゃんは室内飼いの犬なんです。

2015_02_24-5
クラちゃんを繋いだデッキでは
かんきつ類の実がまだ生っています。
暖かくなり春の陽気になったので
そろそろ実を落して
休ませてあげなくてはなりません。

2015_02_24-6
椿もすっかり満開になりました。
この頃になるとメジロが
蜜を吸いに山から下りてきます。
今年はまだメジロの
撮影に成功しておりません。

2015_02_24-7
春の陽気にサンシュユの
蕾が膨らんで来ました。
明日も暖かさが続きます。
そろそろ黄色い花が咲く筈です。

2015_02_24-8
庭のクリスマスローズが咲きました。
今日は花首も長く、綺麗に変身しています。

2015_02_24-9
こちらの地植えでも花が。。。

2015_02_24-10
こちらはケヤキの下になる
シェードガーデンです。
ここでは白い花が一輪だけ。。。

2015_02_24-11
オガタマの下でも咲いています。
植えて間もないので株はまだ小さいです。
地植えにすると3年ほど経たないと
立派に咲いてくれないと妻が言いました。

2015_02_24-12
ナニワイバラの下ではパンジーと
並んでクリスマスローズを植えています。
蕾が膨らみ花が咲こうとしています。
今日の暖かさで
春が一気に近くなった感じです。

今日は姫路まで妻と出かけました。
新小川橋を渡ると大修理を
終えた姫路城が西の果てに
そびえ立って見えました。
少し黄砂飛んでいるかな?
そんな気がしました。
昨日は沢山の応援クリックを戴き、
ちょっとビックリでした。
これからも沢山戴けるように
気合を入れてブログづくりをします。
ありがとうございました

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



妻と私の風薫るガーデン

5月下旬から6月にかけて
庭にバラが咲きます。
そんなバラ風景は
過去のブログで
紹介して来ましたので
今日はバラ以外の草花を
取り上げてみました。
2015_02_23-1
オルラヤは花が終わると
こぼれダネが落ちて
冬を迎える前に発芽します。
そして寒い冬を地面に
張り付いて冬を越すのです。
宿根草として
世代を繋ぐはなではないのです。
わが家の庭では花壇ではなく
庭を巡る通路などの
彼方此方に花を咲かせています。
ギボウシも花を咲かせる季節です。

2015_02_23-2
南側の花壇です。
草花の丈が伸びる6月は
暑苦しい花壇になります。
黄色い花のコレオプシスは
宿根草なのでこの場所で
毎年花を咲かせてくれます。
この頃からエキナセアが
夏から秋の花壇を飾ります。

2015_02_23-3
東側の花壇は山野草の
エビネやカタクリが終わり
花が寂しくなる季節です。
アストランティアが白い花を
咲かせ、初秋の頃になると
シュウメイギク、
ホトトギスが咲き始めます。
高木の下なのでこもれびが
射す程度の花壇です。

2015_02_23-4
6月の南花壇に三尺バーベナ、
エキナセアが咲き始めています。
ジギタリスが終わり
花壇の衣替えが必要な季節です。

2015_02_23-5
オベリスクに絡んだクレマチスは
プリンセスダイアナです。
5月には紫のクレマチスが
咲いておりましたが6月になると
花穂に変わってしまいました。

2015_02_23-6
6月の南花壇です。
花の丈が長いので倒れやすく、
倒伏防止のプラ竹が目立ちます。
写真撮影の妨げになりますが
なんとかならないものかと思います。

2015_02_23-7
妻の作った寄せ植えです。

2015_02_23-8
白とピンクのシモツケソウが
ダイナミックな風景を作りました。
白馬三山の麓、
八方尾根のトレッキングが
懐かしくなる風景です。

2015_02_23-9
コレオプシス、三尺バーベナが
林立した花壇は妻のお気に入り、
私はこんな花壇は苦手ですが
私の担当は庭の人工構造物、
お互いの領域には注文を付けません。

2015_02_23-10
シモツケソウに夕陽が当たって
綺麗だな、と思って写した1枚です。

今日は雨でした。
妻は病院へ、
私とワンちゃんは朝夕に
散歩程度の外出でした。
庭にも畑にも出ることが無く、
ブログネタも昨年6月の
写真を使いました。
そんなブログですが
今日も来てくださって
ありがとうございます。
昨日は拍手も連続を
更新することが出来ました。
これからも
よろしくお願いいたします。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



フェンス塗り作業の道具を考える

2015_02_05-9
木材の含浸型防腐塗料、
ノンロットN205はわが家の
ログハウスに塗られている。
塗り作業は大掛かりな
足場を組んでの作業なので
DIYでは出来ない作業である。
だから5年周期くらいで
業者に塗って貰っているのだ。
庭小屋やパーゴラなどは
DIYで私が塗り直す。
木材は経年変化と乾燥で
古くなると塗料の吸収が多くなり、
意外にも塗料の消費量が増える。
だから18リットル缶で購入する。
それが一番割安でもあるからだ。

2015_02_22-1
しかし、
塗る時は小出しにして使うので
その容器が必要になる。
ホームセンターではこんな容器が
数百円程度だったので
蓋のないこれを使っていた。

2015_02_22-2
だが塗料が余った時は缶に
蓋が無ければ困るので蓋付きの
缶を買い直すことになった。
余った塗料は元の缶へ戻すと
塗料の性能が劣化するらしい。
この缶は密閉できる優れもの、
400円程度の価格だった。

2015_02_22-3
刷毛の選び方も大切である。
多用途刷毛はニス塗り、水性塗料、
油性塗料なんでも可のようであり、
価格も安くお買い得のようだが
水性塗料以外は毛の部分が
反り返って
変形してしまうので
二回目以後は使い物にならない。

2015_02_22-4
水性塗料の場合は使用後の
水洗いをしっかりしておけば
多用途刷毛でも繰り返し使える。

2015_02_22-5
ノンロットやキシラデコールは
油性成分があるので多用途刷毛では
毛の部分が反り返ってしまう。
油性用の刷毛は2倍以上の価格であるが
今後はこれを使ってみようと思う。
毛の部分が早々に傷んでしまっては
作業能率が著しく落ちるので
刷毛の選び方は大切である。

2015_02_22-6
塗料を塗り直すときは木材表面の
汚れを落とすことが大切である。
塗装業者が使っていたので
私も真似てパットを使ってみたが
これが作業効率の面で非常に良い。
紙やすりのように粗さを
番号で表示している。
左は#80、右は#120である。
それは紙やすりの場合も同じように
番号が大きいほど粗さが細かくなる。

2015_02_22-7
左上は白ペンキの空き缶である。
ペンキなど使い切った空き缶は
刷毛を洗う容器に便利である。
汚れ落としのパットは使っていくと
段々と厚みが減って薄くなるので
ときどき買い替えも必要になる。

2015_02_22-8
数日前に塗り直したフェンスである。

2015_02_22-9
まだ塗り直す範囲は多く残っている。
今後は同じ色合いに塗り直すつもりである。

2015_02_22-12
鋭角に組んだ部分が特に傷みが酷いのは
塗料を全く塗っていなかったからである。
これを見ると塗装する効果を実感できる。

2015_02_22-10
こちらはある園芸店のディスプレイガーデン、
枕木とワイヤーネット、岩石の組み合わせである。

2015_02_22-11
こちらはディスプレイの
小屋もどきである。
カントリーガーデンの趣である。
白いペンキの構造物も素敵である。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



ガーデン雑誌に近づけたい庭の風景づくり

今日は妻の車で
神戸まで出かけました。
その都合で写真は
一枚も撮れませんでした。
だから今日は5月下旬の
庭風景を集めて
ブログを書いています。
2015_02_19-11
五月に入ると花壇が
一気ににぎやかになります。
オルラヤなどはこぼれダネで
庭のあちらこちらに咲きますし、
バラも咲き始めるのです。

2015_02_19-12
前の写真でバラは蕾だったのに
1週間経つと花が咲きます。

2015_02_19-13
妻が好んで植えるジギタリス、
草丈が高いので
花壇に立体感を添えます。
この頃クリスマスローズは
背の高い花も影に隠れて
暑さをしのいでいます。

2015_02_19-14
花壇には私の知らない花が
沢山咲いています。
私は土肌が見える
ロックガーデンのような
風景が好きですが
妻はワーッと草花が林立する
賑やかな花壇が好きなのです。
そして私は花よりも
庭の風景全体を選ぶタイプ、
それに対して妻は
一つ、ひとつの花の形、
種類に拘るタイプです。
夫婦であっても花に対する
思いは全然違うものだと
感じることが多々あるのです。

2015_02_19-15
そんなことだから
妻は花の植栽を担当し、
私は庭の構造物を担当して
お互い庭づくりの思いが
衝突しないように分担制を
とっているのです。
写真は
ランの仲間のセッコクです。
小さな素焼き鉢に
ミズゴケを入れて植えています。

2015_02_19-16
五月は芽吹きも美しい季節です。
黄色く芽吹いたメギ、
ほんのり赤く染まっているのは
スズランの木です。

2015_02_19-17
五月下旬になるとバラが真っ盛りです。
ルピナスやオルラヤと一緒にアンジェラ、
バフビューティが咲いています。

2015_02_19-18
パーゴラに這って咲いているのは
ポールズヒマラヤンムスクです。
ツルの伸長は7mほどあって
パーゴラいっぱいに
無数の花が咲き乱れます。
この頃にミツバチの大群が来ます。

2015_02_19-19
錆サビだったスチールアーチは
ワイヤーブラシで磨き、
錆止め塗料を塗り、
さらに青色ペンキを塗りました。
錆止め塗料を塗ることで
耐久性は抜群に向上しました。

2015_02_19-20
こちらはサマースノーと
スプニール ・ド・ドクトルジャメイン、
木製オベリスクには
スイートブライヤーが咲いています。

昨日は拍手コメントの中で
カンントリーログハウスを
建てる計画を報せて頂きました。
同じ仲間が増えることを
うれしく思います。
ありがとうございました。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



カントリーフェンスのメンテナンス

2015_02_20-12
ログハウスが完成したのは
2006年5月でした。
あとの外構はDIYで
作ることにして今日まで、
いろんなことをやりました。
小屋づくり、排水暗渠、
庭づくりなどでした。
車が行き交う道路側は
何事にも優先して
フェンスを取り付けたのですが
田圃に接する側は2010年まで
フェンスの無い状態でした。

2015_02_20-9
ログハウスのまわりに庭木を植え、
花壇を作るとなんとなく庭の
概形が見えてきた頃でした。
一念発起してフェンスの
延長をする気になったのです。
それまではヌートリアの侵入を
阻止する電柵を張っていました。

2015_02_20-8
杉の角柱を土に直接埋めたのでは
腐食が早いのでフェンス基礎石を
使ってフェンスの柱を立てました。
こうすると土に触れないので
耐久性が何倍も増します。
基礎石の水平レベルを出すには
透明のビニルチューブに水を入れ
U字管マノメータの原理を
使って水平を出したものです。

2015_02_20-11
幕板はSPFワンバイ材です。
当時は長さ1830mmのものが
税込で198円だったのですが
円安になってから輸入材が高騰して
現在は248円+税になっています。
この頃から外税表示に戻りました。
物価は毎日の食材にも
輸入品全体にも
確実に値上がりしています。

2015_02_20-10
完成当時は木肌も美しかったものです。

2015_02_20-1
それから5年経つと塗装は傷み、
木肌もすっかり荒れています。
この段階で塗装をやり直すと
材の傷みは大幅に軽減できます。

2015_02_20-2
塗装も部分的に剥げ落ちています。

2015_02_20-3
海綿状のユニサンドパットで
表面の古い塗装や
汚れを落とします。
軍手ではささくれ立った木の棘が
刺さるので厚めの皮手袋を
用意してこすり落としました。

2015_02_20-4
塗料はノンロット205N、
耐候性、防虫性、撥水性、防腐性に
耐水性に優れた含浸型塗料です。
16リットルがネット通販で
25,000円前後で出ています。
消費税が8%になる前に
2缶を購入しておきました。
わが家はログハウスですから
使う頻度が多いのです。
キシラデコールと同等の
性能、価格だと思っています。

2015_02_20-5
右の方はユニサンドパットを使って
汚れを落としたあとの状態です。

2015_02_20-6
以前の塗料より濃い目の色を
選んだので色合いが変わっています。
これで5年ほど大丈夫でしょう。

2015_02_20-7
木材の水分が減った分だけ
塗料の吸い込みが多くて
予想以上に塗料を多く使いました。
これで全体の5分の1程度が
済んだだけです。
これからも作業が続きます。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



雑誌、ガーデン&ガーデンのような庭をつくりたい

2015_02_19-1
ガーデン雑誌の月刊誌は
私にとって多過ぎます。
雑誌、ガーデン&ガーデンは
季刊誌、春夏秋冬の4回に
分けて発刊されます。
その程度が私には合うので
雑誌はこれと決めています。
庭づくりをしていると
雑誌に出ている庭に憧れます。
庭木や庭の構造物やバラなどは
数年をかけて育てなければ憧れの
庭に近づくことが出来ません。
少しずつ、少しずつ。。。
庭を整備しながら憧れに近づきたい、
そう思って庭づくりをしています。

今日は五月上旬の
庭写真を集めてみました。
青いアーチはバラを絡ませたいと
思って設置したのですが
バフビューティは
なかなか大きくなりません。
庭づくりは長い年月が必要です。

五月になると花壇に
アグロステンマが咲き始めます。
ブラウザがズーミング出来る環境で
ご覧になられる方は
是非、写真をズームアップして
ご覧に なってください。

2015_02_19-2
スモークツリーが銅葉を出して、
借景の新緑を背景に目を惹きつけます。
この木は樹形を愉しむのではなくて
銅葉の色合いや煙のように見える
花が持ち味のように思います。

2015_02_19-3
五月になっても冬の花、
シクラメンが咲いています。
木箱は数日前に紹介した
木箱に脚を付けた物です。
作ったのは2年前で上下に
4箱をつけています。
モッコウバラが千本格子を
突き抜けてデッキ内の
鏡のまわりを覆っています。

2015_02_19-4
高木の下では山野草の
エビネが咲いています。
落葉樹の枯れ葉が堆積して
木漏れ日の当たる理想の
生育環境で育っています。

2015_02_19-5
五月は何と言っても
新緑の美しい季節です。
代表はカエデではないでしょうか。
柔らかい葉っぱが五月のやさしい
風に揺れている風景が好きです。

2015_02_19-6
黄みどり色を帯びた柔らかな葉、
細くてしなやかな枝葉が好きです。

2015_02_19-7
5月上旬はモッコウバラと
ナニワイバラ以外のバラは
まだ咲いておりませんが
四季の中でも
花壇が
いちばん華やかな季節です。

2015_02_19-8
落葉樹の芽吹きも素敵ですが
チューリップも5月ならではの
風景を作ってくれます。
袋いっぱい詰めて何円の球根ですが
立派に花を咲かせてくれます。

2015_02_19-9
ティアレア、
シュガー&スパイス。
カラーリーフでありながら
閃光花火のような
可愛い花を咲かせます。
私の好きな植物です。

2015_02_19-10
クレマチスはオベリスクに
昇って花壇に立体感を作ります。
仕立ては手間がかかり
気が抜けない植物だと思います。

昨日はタイトルだけが目立った
ブログ内容になりました。
それでもバナーをクリックして
いただいたのは私にとって
うれしい誤算でした。 
ありがとうございました 。
 これからもよろしくお願いします。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ