山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2015年03月

庭に春が来て新緑の芽吹きも近づいた

2015_03_31-1
昨日の低気圧は
足早に東へ去って行った。
今日は朝から晴れて
4月下旬のような暖かさだ。
東京千鳥ヶ淵の桜は
満開だそうだがこちらは
蕾に赤みがさした程度である。
紫外線が気になる季節でもある。
今日は芝生の芽土を入れた。
春から秋まで2~4回ほど
芽土を入れるのが良いそうだ。
芽土は市販の芝生専用の土である。
芝生の芽が隠れないように
5mm程度の厚さで芽土を撒いた。
これで芝生が青々として
元気になればいいのだが?。。。

2015_03_31-2
暖かさが3日も続くと
バラの新緑が勢いを増した。
剪定が足りなかったのだろうか、
葉っぱが混み過ぎている。
因みにこのバラは
トゲのないサマスノーである。

2015_03_31-3
今日は望遠レンズを使って撮影。
絞りを開き気味にして
マイヅルソウにピントを合わせた。
背景のボケ具合が適正である。

2015_03_31-4
こちらは数日前に標準ズームで
撮影した写真である。
同じ立ち位置から撮影しているが
遠近感が望遠レンズに比べると
遠近感が肉眼で見た感じに写っている。
即ち望遠レンズのような
圧縮効果が見られない写真である。

2015_03_31-5
サンシュユは長い期間咲いてくれる。
でも少し色褪せが始まった。
パーゴラに這ったツルバラの
新緑が朝の光に映えて美しく感じた。

2015_03_31-6
ズームを望遠側に引き寄せると
新緑のバラの葉っぱが初々しく見える。
背景に見えるノスタルジックな小屋が
私のお気に入りである。
望遠レンズは遠近感がなく圧縮して写る。

2015_03_31-7
レンガの小路周辺は今冬に
防草シートを敷き、
その上に真砂土を敷き詰めた。
草も生えなくなったので
今年の夏は少し楽が出来る。
経費を抑え込んだ防草対策である。

2015_03_31-8
デッキから不精して撮ったので
同じような写真 になってしまった。
縦位置で撮ると少し感じ方が変わる。

2015_03_31-9
エリカの赤い花が
冬から咲きつづける。
木製オベリスクのバラは
スイートブライヤー、
芽吹きはまだ観られない。

2015_03_31-10
陽が沈んでから久しぶりに
焚き火炉を燃やした。
廃材を焼却しているところである。

2015_03_31-11
焚き火の煙が上がる長閑な時間、
このノスタルジーな雰囲気が好きだ。
田舎だからこそ楽しめる焚き火である。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



雑貨店が集合する春のイベント

2015_03_30-1
「かじやの里メッセ三木」は
金物の町、三木市にある。
ここに12月と3月は雑貨店が集まる
カントリーフェスタが開催される。
楽しみにしているイベントである。
私たち夫婦とクラちゃんは
毎回欠かさずこのイベントに行く。

2015_03_30-2
生憎この日は雨だった。
しかし、天候が災いして
お客様が少ないのでは?
と思いながら行ってみると
大きな駐車場が
すでに
満杯状態になっていた。
イベント会場の建物内に入ると
沢山の雑貨ファンで
ムンムンする雰囲気。。。
入場者は9割方が。女性である。
子供連れ夫婦で来ていたある
ご主人は「人が多すぎて
バクバクするから外で待ってる」
と言いながら子供を連れて
外に出られる光景があった。

2015_03_30-3
入り口を入ってすぐ目にしたのが
このブースだった。
私の感性を惹きつける飾りつけ、
思わずIpadを取り出して
ガシャっと撮っておいた。

2015_03_30-4
飾りつけの仕方や木工品などは
とても参考になることばかり、
フムフム。。こんな衝立があれば
飾りつけが生きて来るな。。。
そんなことを思いながら写真を撮る。

2015_03_30-5
木工品は自分で作るにしても
スチール品は買うしかない。
こんなスチール雑貨の使い方が
あるのかと感心したり。。。

2015_03_30-6
このドアは私の関心を惹いた。
デッキに鉢物植物を飾る時に
大道具として
こんなドアがあればいいな、
そんなことを
考えながら見るのが楽しい。

2015_03_30-7
私の興味関心はやっぱり木工品、
模倣して作りたいものがいっぱいある。

2015_03_30-8
今日、私が買ったものは
このパネル1枚だけだった。
このパネルを見つけて
買うべきか思案をしている内に
飛ぶように売れてしまった。
モタモタ考えていてはダメだ。
そんな後悔をしながら会場を
回っていると同じ商品が
出ていたので今度は
迷わず購入したのだった。
パーゴラ側面の格子に付けるか?

2015_03_30-9
郵便ポストの側面に付けるか、
どちらにするか迷っているところである。
妻はミニチュアの置物数点を買っていた。
今日は木工品が少なくて
私的には物足りない気がした。

2015_03_30-10
メッセ三木は道の駅と併設である。
ここでは物産展などが
開催されることもある。
お昼は道の駅内のレストラン、
「ながさわ」で食べた。
私は「和御膳」、妻は刺身定食だった。
会場を後にする頃は雨も上がった。

2015_03_30-11
帰宅すると晴れ間が射し、
ヒュウガミズキが
ほぼ満開状態になっていた。
今日の雨で雑草が目立ってきた。
これから庭の草を引こう。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



妻は寄せ植えに、私は。。。

2015_03_29-1
週初めの寒さが嘘のような暖かさ、
戸外での作業が軽装で動きやすい。
妻も朝早くから鉢植えの水やり、
そして何やらポット苗を用意して。。。

2015_03_29-2
この暖かさでヒュウガミズキの
開花が一気に進んで春らしい庭に。。。

2015_03_29-3
薪小屋前の花壇でも
ラッパ水仙の花が咲き始めて
いよいよ春本番の季節である。

2015_03_29-4
こちらの水仙は薪小屋前から
株分けして移植したものだ。
数日前に除草をしたので
水仙の咲く姿が一層清楚に見える。

2015_03_29-5
妻は久しぶりに寄せ植えの作り直し、
マーガレットを主体にして
背丈の低いポット苗を植え付けてくれた。
寄せ植えが庭を春めいて見せる。
でも大丈夫かなぁ、
マーガレットが遅霜に会えば
枯れちゃうんじゃないの?

2015_03_29-7
そして妻の要求で私が作ったベンチ型
プランターボックスにも寄せ植えが。。。

2015_03_29-6
花の名前はほとんど知らないが
いろいろと植え付けてある。
庭が少しずつ春めいて来る。
妻と二人三脚の
ベンチ型プランターボックスが完成。

2015_03_29-8
今日の私は雑木の玉切りや
ノコギリの目立て、
里芋の植付け準備。。。
そしてデンドロビュームの
株分けと植替えをなどをした。

2015_03_29-9
株分けしたデンドロビュームを
朽木に二株植え付けた。
妻に「冬の寒さを考えた?」と聞かれ、
そこまで考えていなかったことに気づく。
「セッコクは日本で自生するから
耐寒性は大丈夫だけど、
デンドロビュームは南米に
自生する植物だから冬は枯れるよ」
と言われてしまった。
ラン用のプラ鉢を買って来て
やり直しの植付けをしなければ。。。
明日はカントリー雑貨 IN 三木、
楽しみにしていた日が来た。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



クリスマスローズが咲く庭の風景

2015_03_28-1
今日はクリスマスローズが
咲く風景を集めました。
3月27日に撮った写真です。
カメラはニコンD70、レンズは
80-300mm望遠ズームと
35-70mm標準ズームで
撮っています。
望遠レンズでは
遠近を縮める圧縮効果があります。
遠くの被写体と近くの被写体が
圧縮されて写るので距離感が
弱まって写ります。
写真ではフェンスと植木鉢の距離が
接近して見えていますが
実際には1m以上離れています。

2015_03_28-2
望遠系ズームを中望遠で撮ると
標準系ズームで撮った写真と
写り方は大差がありません。
標準レンズ(50mm)で撮った場合は
距離感が肉眼で見た感じになります。
この写真はその例になるでしょう。

2015_03_28-3
望遠側にして被写体を
引きつけて撮りました。
望遠(300mm)になると
カメラブレが出易くなるので
三脚を使っています。

2015_03_28-4
通路に生えたクリスマスローズと
こぼれダでデッキの下に
生えた草花です。
望遠側で撮りましたが
手持ち撮影なので
絞りを出来るだけ開いて
シャッタースピードを
早くして撮りました。
絞りを大きく開くと
被写界深度が浅くなりますが
手ブレや被写体ブレを
少なくすることが出来ます。
逆に絞りを小さくすると
被写界深度が深くなりますので
遠い所と近い所の全面に
ピントが合いやすくなります。
全面にピントが合うことを
パンフォーカスと言います。

2015_03_28-5
私はカメラオートでは撮らないで
プログラムモードで撮影をします。
そして被写界深度を深く、
パンフォーカスで撮影する時や
背景をぼかす時は
コマンドダイヤルで絞り値を決めます。
シャッター速度は絞り値に応じて
適正な速度に
オートで変わります。
写真は望遠系で撮りました。
手持ちなので絞りを大きく開き、
シャッタースピードを速くして
手ぶれを防止しています。
その分、被写界深度が浅いです。
白い花にピントを合わせています。

2015_03_28-6
被写体が風で揺れていたり、
望遠系ズームレンズで撮る時、
ブレたボケ写真になるので
そんな時はシャッター速度優先で
コマンドダイヤルを操作します。
写真は望遠系ズームで撮りました。
手前の赤い花にピントを合わせています。

2015_03_28-7
測光はスポット測光を
いつも使っています。
測光する点によって露出値が
変わりますので注意が必要です。
白い花びらにスポットすると
花びらに適正な露出が合うので
周囲の部分が暗く写ったり、
逆に葉っぱで測光すると
白い部分が明るく飛んでしまいます。
そんな時は
露出補正をする必要が生じます。
写真は標準系ズームレンズ使用です。
距離感は肉眼で見た感じになります。

2015_03_28-8
望遠系ズームで撮りました。
絞りを開放にしていますので
被写界深度が浅くなり、
背景はボケて省略されています。

2015_03_28-9
昨日は陰陽のEV値が
大きく違っていたので
小屋が暗くなっていました。
今日は日没後に撮ったので
小屋の明るさも適正になりました。
EV値が1違うと絞りを
1段階変えたことになります。

2015_03_28-10
クラちゃんがデッキに出て
私たちの動きを見ています。

2015_03_28-11
うたた寝を始めました。
肉球のまわりの毛を
バリカンで刈ってやりました。
足の裏の毛が長くなると
フロアを歩く時に滑りやすく
腰を傷めることがあります。

2015_03_28-12
5時になると散歩に出ます。
その時間が待ち遠しいようです。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭がどんどん春らしくなって

2015_03_27-1
寒の戻りが月曜日だったから
寒さも今日で4日目になる。
庭の花たちも急な寒さに
戸惑いを感じているに違いない。
庭向こうのサクランボの花は
昨日の冷たい強風に遭って
傷められ散り始めてしまった。
春は順風満帆(じゅんぷうまんぱん)な日ばかりではない。
朝の気温はまだ氷点下続きである。

2015_03_27-2
三寒四温のこの季節は
耐寒性のない植物にとって
まだまだ(あなど)れない季節である。
オリーブ、蘇鉄は外へ出したが、
ハイビスカス、ベゴニア、
シンビニュームなどは夜に室内へ
取り込むことを再開したのである。

2015_03_27-3
クリスマスローズは寒さにも強く、
花数をどんどん増やしている。
この花は今の寒さが適正なのか。

2015_03_27-4
最近は花壇に入って
草取りをすることも多くなった。
それでもひと雨降れば
雑草の種子が発芽するので
みる間に雑草だらけになる。
花壇以外の部分は今冬に
防草シートを敷き、
その上から
真砂土を敷いて防草対策をした。
その効果を今のところ確認できる。
煉瓦敷きの通路下には
防草シートが敷き詰められている。

2015_03_27-5
今日の写真は久しぶりに
広角レンズを使って撮影している。
クリスマスローズを前景に
小屋のある風景を撮ったけれど
日向(ひなた)と日陰のEV値に差があり過ぎて
綺麗な写真を撮れなかった。

2015_03_27-6
こちらの写真もローアングルから撮影。
広角レンズの使い方は
前景に思いっきり近ずくことだ。
最短撮影距離まで近づくのが良い。
つまりこれ以上近づくと焦点が
合わない限界まで近づくことである。

2015_03_27-7
さて、昨日のログテーブルであるが、
今日は研磨の(ほこり)を除去するために
雑巾で丁寧に拭き取る作業から始まった。
写真はクリアーニスを塗る前である。
瓶入りのニスが余っていたので
使い切ろうと蓋に手をかけたが
ニスが蓋に付いて固まっているのか、
開けることが出来なかった。
そこで90℃の熱湯に蓋の部分を
浸すと簡単に蓋があいた。
瓶の蓋が開かないときは
この方法が適切な対処法である。
逆説的にニス塗りのテーブルに
熱いものは置けないという事だな。

2015_03_27-8
クリアーニスを塗ると光沢が変わり
木質の感じも古木を感じさせる。
オイルステインを試してみるのも興味深い。

2015_03_27-9
テーブル1面、
長椅子2面を塗り終えた。
季節も良くなって来ると
このテーブルで焼き肉や
バーベQをする機会も増える。
楽しみな季節がやって来た。

2015_03_27-10
娘に頼まれて作った木箱ふたつ、
(かど)にヤスリをかけて、
さらにニスを塗るようにと
差し戻しで返って来た。
今日は(ようや)くそれもクリアした。
自分の部屋に置いて
小物入れとして使うそうである。

2015_03_27-11
足をつけて二段にする方法もある。
娘の希望を聞いてからにしよう。

2015_03_27-12
花壇の青い花も背丈が伸びて来た。
三寒四温に関わらず春は進行している。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



ログテーブルのメンテナンス

2015_03_26-1
ログテーブルとはログ材を使った
ダイニング用テーブルのことだが、
とにかくでっかくて重いのである。
据え付けたら最期、二度と置き場所を
変えることなど容易ではない。
妻と私がリビングからデッキに
置き場所を変えるときはテーブル面と
脚部を分解して移動させたのである。
私たちはこんな重い物を
好んで買ったわけではない。
ログハウスを建てた時に
Bess神戸展示場から
サービス品として貰ったのである。
屋外に設置すればフィールドに
溶け込んでお似合いの
ファニチャーになるだろうが普通は
こんなガーデンファニチャーを
買う人なんていないだろう。
とおい昔に
どこかの野外教育センターで
見かけたようなテーブルである。
雨ざらし陽ざらしの場所では
頑丈で長持ちしてくれそうである。

2015_03_26-2
デッキにテーブルがあると
焼き肉やバーベQをする時は重宝する。
野良仕事の合間に休憩がてらお茶を
飲むときにも利用するが酷暑と
厳寒期では無用の長物になっている。
「今日はダージリンにするか?」、
「嫌!、私はアールグレイがいい。」
そんな会話をしながら妻と私の
二人のお茶の時間が過ぎてゆく。

2015_03_26-3
2013年5月下旬に表面を磨き、
ウレタン系の透明ニスを塗った。

2015_03_26-4
古民家の古材みたいな
味わい深い表面になって
暫くは綺麗だったが
陽ざらしと吹きぶりの
雨に晒されるので表面が
荒れて見苦しくなった。

2015_03_26-5
そこで今日はサンダーで表面を磨き
水性クリアーニスを塗ることにした。

2015_03_26-7
オービタルサンダーの威力はすごい。
紙ペーパーで手作業をしていたら
とても長い時間がかかるだろうけど
テーブル面だけでは30分ほどだった

長椅子2脚を含めて小一時間の作業だった。

2015_03_26-8
ウレタン樹脂系の水性クリアーニス、
0.7リットル缶が3880円+消費税だった。
この量で畳7枚分が塗れるそうだ。
ニス刷毛も
458円+消費税の上等を買った。
安物の普及品より2倍近い価格だが
塗りの仕上がりが良くて
繰り返し使えるので結局は得だろう。

2015_03_26-9
脚部を少し左右へ
移動する必要があったので
動かすと冬眠中の可愛い奴が居た。

2015_03_26-10
可愛い奴とはこいつである。
夏になると夜に外側の窓ガラスに
張り付いて虫を捕まえて
食べてくれる賢いヤモリである。
外気温が低いのでヨタヨタと
鈍い足取りで動いている。
しかし、かわいいな〜。
爬虫類マニアなら喜ぶだろう。
歳をとると慈悲深くなる。
これも小さな命だからと。。。

2015_03_26-11
素焼き鉢の中に乾燥した
ミズゴケを入れて
その中にヤモリちゃんを
入れてやった。
間もなく暖かな春が来る。
その内に目覚めて
夜な夜な害虫を
食べてくれることだろう。
塗り作業はこれで時間切れ、
出来なかったつづきは
明日以降に。。。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



春らしい庭風景

2015_03_25-1
朝6時の気温は氷点下1℃だった。
冬に逆戻りしたとは云えど
陽射しには春の暖かさがある。
今朝は空が青く晴れて
サクランボの花が美しい春景色だった。

2015_03_25-2
ツルバラもみるみる葉が出て来た。
今週は風のない日を選んで
殺菌剤を散布しようと思う。
ソルダムの袋実病を予防する殺菌剤も
散布しなければもう花が咲き
葉が出て来るかも知れないのだ。

2015_03_25-3
昨日は2輪咲いただけだったが
今日はこんなに沢山咲いている。
ラッパ水仙は花も草丈もでっかい。
そしてすごい勢いで大株になっていく。
ところで淡路島黒岩の水仙郷は
どんな品種の水仙なのか?
早咲きで見ごろは1月中旬である。

2015_03_25-4
庭は花盛りになった。
サンシュユは少し色あせて来たかな?
散り行く花を見るのは嫌いだ
寂しい気持ちになる。

2015_03_25-5
春めいて来ると芝生も新芽が出る。
バラだって日ごとに
葉っぱの密度を増やす。
春は急速に庭全体に広がっている。

2015_03_25-6
クリスマスローズは花期が長い。
まだ花の数が増え続けている。

2015_03_25-7
そして年を追って株が
ひと回り、ふた回りと大きくなる。

2015_03_25-8
南側花壇はクリスマスローズが最盛期。
大株に育ってボリューム感を増した。

2015_03_25-9
南側花壇で今、目を惹くのが
ブルーの得体のしれないこの花だ。
写真では捉え切れない
深みのあるブルーの花、
外来者がこの花は何?、
なんて聴いて来るが名前は知らない。

2015_03_25-10
ここ1、2週間の中で花壇は
すごい変化を見せた。
春とはそういうものだと
教えられた気がする。
冬枯れの花壇に緑が入り、
春の草花が勢いづいている。

2015_03_25-11
こちらの花壇でも
クリスマスローズが、
ティタティタ水仙が咲いた。

昨日は田舎暮らしが17位、
庭・花壇づくりが
20位になりました。
沢山の方に
応援して頂いた結果です。
そしてコメント拍手は
7つくださいました。
その中でクリスマスローズが
ご縁になり山里の暮らしを
始められた方から
拍手コメントを戴きました。
花づくりを始められて
7か月なんだそうです。
あと5カ月で四季の花づくりを
経験されることになりますが
急がず焦らず楽しんで
花づくりをしてください。
ありがとうございました。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



三寒四温に多肉植物の仕立て直し

2015_03_24-1
三寒四温のこの季節だから
初夏を思わせるような暑い日も
あれば北風に吹かれて
ブルッと震える日もある。
予期していたとはいえど
急激な気温の変化は身に堪える。
今朝は気温が2℃の中、
愛犬クラちゃんと
いつもの散歩道を歩いた。
風が強くて朝は時雨れていた。
クラちゃんは暑さより寒さを
感じるこんな天候の方が元気だ。
畦草の中に(ふき)(とう)がいっぱい、
そしてどういう訳か
ムスカリの青い花の群落があった。
雑草の中でも増え続ける逞しさがある。
そしてわが家の花壇では
ヒヤシンスが咲いたことを確認した。
寒さが戻ったが四方(よも)は春景色である。

2015_03_24-2
庭に出て朝から芝生の雑草とり、
スズメのカタビラというイネ科の
雑草がずいぶん増えている。
芝生の雑草を抑えるには
広葉専用の除草剤がある。
この除草剤を使うと芝生など
イネ科の植物は枯れないで
広葉の雑草だけが枯れる。
ところがスズメのカタビラも
イネ科であるからこれは手で
除草するしかないのだ。
小一時間ほど除草作業が続いたが
北風が冷たいので小屋前の
陽だまりで次の仕事は
多肉植物の仕立て直しだった。
百円ショップ、セリアで買った
ブリキ製の雑貨に穴を開け、
これに多肉植物を植えることにした。

2015_03_24-3
用土は手っ取り早く専用の土、
日向(ひゅうが)軽石の小粒でも使えそうだが
専用の土の方が無難だろうと思った。

2015_03_24-4
昨年も仕立て直しをしたけれど
もうこんなに間伸びして
観賞の(てい)をなさなくなっている。

2015_03_24-12
多肉植物はこんな感じで
飾って楽しんでいる。
多くのブログで多肉植物を
拝見するがとても豪華に
寄せ植えがしてあるものだが
私の多肉植物は初心者の域を出ない
序の口段階で停まっている。

2015_03_24-11
土をふるい落すと根っこが
いっぱい出ていた。
私の記憶では荒っぽい植え方でも
根っこは失敗なく出るということ。

2015_03_24-5
冬の間は室内に取り込んで
日が当たらなかったので
間伸びしてしまった。
多肉植物は夜に成長するそうだ。


2015_03_24-6
専用の土がボロボロとして
軸を捉えてくれないので
植付けは難しいという感じだった。

2015_03_24-7
短く切ってコンパクトに
なり過ぎた感じもする。

2015_03_24-8
でも根っこが出て暑い夏がくれば
また軸がひょろひょろと伸びる。
これくらいが丁度いいだろうと思った。

2015_03_24-9
(まず)い植え方だけど雑貨がフォロー、

2015_03_24-10
う~ん、多肉より雑貨の方が目立っている。
まっいいか、
ほんの暇つぶしでやったことだから。。。

一昨日のコメント拍手につづいて
昨日も入れてくださって
ありがとうございました。
私は二日続きでコメント書き込みに
失敗してしまいました。
もう一度やり直しを試みます。
お二人様、
いつもありがとうございます。


ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



春の庭に弱耐寒性植物を添えて

スタイルを変えて今日は冒頭から
心に響くうれしい出来事を。。。
いつも拍手の数を4~5戴いています。
そして3日毎くらいで短いコメントを
書いてくださる方がいらっしゃいます。
昨日は4名中2名様からコメントを
添えて拍手してくださいました。
コメントから
お一人様は兵庫県朝来市の
生野銀山蕎麦やヨーデルの森へ
お越しになったことを知りました。
今はアルパカの赤ちゃんが
誕生していたと思います。
そしてわが家と同じログハウスを
建設中であることも知りました。
ログハウスに住んでくださる方が
増えることは嬉しいことです。
そしてもうおひと方ですが
お彼岸のおはぎのことについて
共感を寄せて頂きました。
ブログを通じて心が行き交う
気持ちにさせて頂き感謝しています。
ブログを続ける肥やしになります。
いつも拍手数を確認し、
コメントがあるとうれしいものです。
ただ、拍手からのコメントは私だけが
読めるようになっていますので
お返事が出来ない分だけ
代わりにこのような形で
お返事とさせて頂いているのです。
お二方様、ありがとうございました。

2015_03_23-1
さて、今朝は原種のチューリップが
咲いているのを発見しました。
他のチューリップはまだ蕾もありません。
原種だから強くて早く咲くのでしょうか。

2015_03_23-2
トサミズキの花が連なってぶら下がり
目立つ存在になって来ました。
後ろのサクランボの花は満開です。
遠くから見ると桜の花そのものです。

2015_03_23-3
そして霜が降りなくなったので椿の花が
傷むことなく綺麗に咲き続けています。
ヒヨドリが蜜を吸いに頻繁に来ます。
ヒヨドリが来なければメジロが
来るのですが今年はまだ来ていません。
マホニアチャーリーに一度だけ
メジロが蜜を吸いに来たのを見ました。

2015_03_23-4
花壇も少しずつ花が増えて
春らしくなっています。
今日は花壇の除草作業にも
時間を割きました。

2015_03_23-5
バラの芽吹きが始まっています。
5月下旬になるとバラの季節です。

2015_03_23-6
蘇鉄やオリーブは寒さに当たると
葉っぱが傷むので冬の間は
デッキで育てていましたが。。。

2015_03_23-7
今日はその蘇鉄を戸外に出しました。
南国の情緒がある蘇鉄が好きです。
三沢あけみさんの大島育ち 、
思い出します、若い頃を。。。

2015_03_23-8
そしてオリーブも3鉢、デッキで管理していました。

2015_03_23-9
今日から庭で陽射しをいっぱい浴びます。
しなやかな枝、銀色の葉っぱ、
緑の風になびく姿が美しいです。
でもこの冬に
1本枯らしてしまいました。
原因はコガネムシの幼虫を駆除する
ダイアジノンの量が多かったからです。
ネバディロブランコ、コロネイキ、
アルベキナの3本が残っています。
枯れたのはミッションでした。

2015_03_23-10
通路の右側に2鉢見えます。
左はアルベキナ、まだ小さいです。
右のネバディロブランコは育てて
もう4年くらい経ち、大きくなりました。
昨年は実も生って嬉しい思いをしました。
 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



彼岸の中日、野良仕事は

2015_03_22-1
3月下旬に入って今日は
彼岸の中日だった。
彼岸には
おはぎを食べる習慣がある。
私はぜんざいとかおはぎが
子供の頃から大好物だった。
昔は母の手作りをお腹いっぱい
食べたものだが今では過ぎると
糖尿病など成人病の引き金になる。

今日は日向ミズキが咲き始めた。
トサミズキに比べて花は小さい。
この木はミズキ科ではなく、
マンサク科である。
他にはコウヤミズキ、
キリシマミズキがあるそうだ。

2015_03_22-2
花壇は日ごと春らしくなっている。
今日はラッパ水仙が
咲いているのを確認した。
ティタティタに比べると花が大きい。

2015_03_22-3
天気予報によると月曜日から
寒さが戻るという。
でも霜の降るような寒さは
もうないだろうと思って
かんきつ類の
霜よけネットを撤去した。
背後の白く見えるカバーは
カボスの霜よけのために
防虫ネットで巻いたもの。
かんきつ類はこれだけで
効果的な霜よけが出来る。
通気性が良く
陽の通りもいいので
初冬に入る前に防虫ネットで
巻き込んでおけば良い。
ミカン(宮川早生)なども
この方法で冬越ししている。
因みに冬季のわが地方は
最低気温がー5℃くらいである。
寒冷地でミカンなどの栽培を
諦めている方はお試しあれ。

2015_03_22-4
霜よけを撤去した後の写真、
庭風景がすっきりした。

2015_03_22-5
立ち位置を変えて撮影すると
カボスの木の大きさが解りやすい。
背が高くならないように
剪定を繰り返し行っている。
こんな小さな木でも
100個近く生る年もある。
山の斜面に植えた宮川早生種の
ミカンも霜よけネットを撤去した。

2015_03_22-6
そして畑では
えんどう豆の杖を立てた。
青竹を山から採って来て
竿竹を横に渡し、笹を立てた。
竿竹の古い物はうどんこ病などの
菌が付いているだろうと思うので
新しい竹を使っている。

2015_03_22-7
花壇の草花たちも地上部に
芽を出して日ごと大きくなってきた。
パイナップルリリーが成長著しい。

2015_03_22-8
立ち位置を反対側に回って撮った。
地上部に出た植物がめだってきた。
今もクリスマスローズが主役である。

2015_03_22-9
これからは花壇の土が見えないほど
草花たちが密生する季節である。

2015_03_22-10
昨日開花をお知らせしたバイモユリ、
今日は開いた花の数が倍以上になった。

2015_03_22-11
東側の花壇に陽があたるのは午前中だけ、

2015_03_22-12
今日も山に夕陽が沈んでいく。
大相撲は白鵬が1敗になり、
面白くなって来た。
照の富士が成長著しくなって
白鵬の強烈なライバルになれば
もっともっと面白くなるだろう。
プロ野球ももうすぐ開幕である。
私は巨人の高橋ファンである。

 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ