山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2015年12月

お休みします

お知らせ
庭小屋の内装工事や押入れの
収納棚づくりが忙しいので
当分の間ブログを
休ませていただきます。
予定の工作が完了したときに
ブログを再開しますので
その時はこれまで同様に
よろしくお願いします。
拍手コメントが入っておりました。
しっかり読ませていただきました。
ありがとうございました。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



わが家のバラ季節

2015_12_10-1
わが家のバラ季節と題して
今日は取り上げさせて戴きます。
妻と宝塚の陽春園に行った時、
妻が一目ぼれして買ったバラは
アンバークイーンでした。

2015_12_10-2
背丈は80センチほどの
四季咲きのバラです。

2015_12_10-3
こちらの深紅のバラはスプニール・
ドゥ・ドクトルジャメインです。
写真は平成12年度のものですが
残念なことに今年の夏に枯れました。
黒点病が酷い状態でした。

2015_12_10-4
大輪咲きで返り咲きのピースです。
花の直径は15㎝くらいになります。

2015_12_10-5
バラの名前はカザンラクです。

2015_12_10-6
ピエール・ドゥ・ロンサールと
ポールズ・ヒマラヤンムスク。

2015_12_10-7
望遠レンズで圧縮効果をねらいました。
バラはピエール・ドゥ・ロンサールです。

2015_12_10-8
五月の青空が清々しい季節です。

2015_12_10-9
さて、庭小屋の内装ですが
11月10日開始をして
今日で1か月になりました。
内壁の羽目板貼りをして
いたのですが小屋内の荷物が
足もとの邪魔になるので
途中から棚づくりを始めました。
棚づくりは今日で1週間です。
やっと一つ目の棚が出来ました。
取り敢えず足もとの荷物が
片付いたので再び羽目板貼りを
開始することが出来ます。

2015_12_10-10
4段の棚に荷物を載せると
棚板がしなるので間の
2か所に棚板を支える
木材を追加しました。
これで重い荷物も安心して
載せることが出来ます。

2015_12_10-11
続いて天井の羽目板を張りましたが
棟木の直前まで来て
難しい局面になっています。
羽目板の幅が合いません。
壁の回り縁のように隠すか?
試行錯誤をしながら
何とか解決する方法を見つけます。

年末になり何かと忙しくなりました。
暫くブログもコメントも
休ませていただきます。
再開したときにはこれまでと同様に
来ていただけますようお願いします。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



春の始まる頃

2015_12_09-1
師走も中旬に入ろうとしています。
そろそろ年賀状も
作らなければいけないのに
まだ年賀はがきも買っていません。
年の瀬が押し詰まって来ると
気持ちの上で焦りを感じます。
さて、ブログネタが尽きました。
庭に花が無くて殺風景な冬が
今年もやって来ました。
なので今日のブログは
今年4月頃の芽吹きの季節を
取り上げさせていただきます。

2015_12_09-2
ヤマブキは春の花でも他に
先がけて早くから咲きます。
ヤマブキは意外にもバラ科の
植物なんですよね。
そう云えば細くしなやかな枝は
バラに似ているように思います。

2015_12_09-3
写真のようにヤマブキの花が
咲く頃は雑草の芽吹きが
始まったばかりの頃です。
雑草も芽吹きの頃は
素敵な風景になります。
タンポポが群生して咲くと
もっと素敵な風景になりますね。
この頃になると桃の蕾が
大きく膨らんで来るのです。
そんな四方の変化を見ると
気持ちもワクワクしますよね。

2015_12_09-4
手前左はイロハモミジの芽吹きです。
柔らかい新葉が
輝くように美しく見えます。

2015_12_09-5
冬の間はアケビのツルが
枯れたように見えていました。
4月中旬になると新葉が揃い、
小さなちいさな紫色の花が
無数に咲いているのが見えます。

2015_12_09-6
そしてトウカエデの赤い新葉、
バラがそろそろ蕾を出す頃です。
この頃はクリスマスローズの
花が最盛期になっています。 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



クリスマスローズが咲く季節

2015_12_08-1
初冬とは云えど山々はまだ紅葉の季節、
晩秋の景色が集落に広がっています。
花のシーズンは来年の三月まで
お預けといったこの頃です。
今は来年の春に向けて球根を植えたり、
ビオラを中心とした寄せ植えをして
来るべき花のシーズンを待つ、
といったところでしょうか。
そんな花のないオフシーズンですから
今日は'15年度のクリスマスローズが
咲くわが家の庭風景をお届けします。

2015_12_08-2
クリスマスローズは
妻の趣味で集めています。
シングルだのダブルだのと
言っていますが私は綺麗な花が
咲けばそれでいいんじゃない?
と思うのですが趣味には
それぞれ拘りがあるようです。

2015_12_08-3
ピンクのクリスマスローズは
とある園芸店でお買い得価格で
出ていたそうで喜んで
声を弾ませて持ち帰って
来たことを思い出します。

2015_12_08-4
シベが落ちても花弁が長い間
散らないで残ってくれるのが
クリスマスローズの長所でしょうか。

2015_12_08-5
こちらはティタティタ水仙と
一緒に咲いている地植えです。
春の陽ざしがやさしい季節です。

2015_12_08-6
にら水仙やデージーも
この頃に咲きますね。
花壇がスッキリ美しく
見えるのもこの季節です。

2015_12_08-7
さて、今日の仕事は庭小屋の内装、
最近はずっとこんな仕事です。
棚になるフレームを4段分作りました。

2015_12_08-10
こちらは棚を支える脚部です。
棚フレームを支えるために
深さ15mm幅90mmの
溝切りを掘っています。

2015_12_08-8
そして今日は骨組みを組み立てました。

2015_12_08-9
板を張ったあとで工具を
棚に載せました。
コンテナボックスでも買えば
スッキリ収納できると思います。
このあとも天井や側面の壁に
羽目板を張る作業が続きます。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



自作の木工作品をステンシルで

2015_12_07-1
日曜日のガーデンフェスタで
私が買ったものは
ステンシルシート3枚だった。

2015_12_07-2
妻とは会場内では別行動だったので
私がすでにステンシルシートを
買っていることなど知る筈もない。
ただ、私が木工作品に文字を
入れたがっていることは知っていた。
そこで私の思いを叶えてやろうと
3枚を買ってくれたのであるが
その中の1枚は私が買ったものと
まったく同じものが混じっていた。
私のことを思って
買ってくれたことには感謝している。

2015_12_07-3
妻は数点を買っていたようだが
そのうちの2点が今日になって
判明したので紹介をしておこう。
ブリキ製の何だろう?
アンティークに仕上げてあるが
どうせ安物に違いない。
キャンドルでも入れて
明かりを愉しむつもりだろうか?

2015_12_07-4
こちらのアイアン雑貨は今回妻が
買ったものだが中に入っている
造花は先生について習っている蝋細工、
早速トイレの飾りとして使っていた。

2015_12_07-5
さて、私は自作の木工作品に
アルファベットの文字を入れようと
ステンシルシートを買った。
写真はデッキで
植物を楽しむための入れ物である。

2015_12_07-8
本宅ブロックづくりの物置小屋、
引き戸を自作のドアーに替えた。
ステンシルの文字があると
格好いいのではないだろうか

2015_12_07-6
こちらは妻の雑貨飾り棚として
妻の要望に応えて作ったもの。

2015_12_07-9
目的も無くこんな箱を作った。
側面に文字を入れると
ガラリと感じが変わるだろう。

2015_12_07-10
同じくデッキで花を愉しむ飾り棚、
折り畳み式になっている。
2015_12_07-11
お店の入り口でよく見かける立て看板、
遊び心で作ったものである。

2015_12_07-12
イーゼル型のフラワーボックス

2015_12_07-13
ベンチ型フラワーボックス、
妻の要望で作ったものである。

2015_12_07-14
バラ(アンジェラ)のための
オベリスクをツーバイ材で作った。
側面にステンシルを入れたくて、

2015_12_07-15
娘の要望で作ったもの、
自室で小物入れとして
使っているようである。

2015_12_07-16
庭小屋の入り口に飾り棚を作った。
これまで沢山の木工作品を作ったが
ステンシルで文字を
入れたいのが念願だった。
ステンシルは自作することも
考えたが切り抜くのが大変である。
パソコンで文字を打ち出し、
透明のシートを被せてから
カッターナイフで切り抜く方法もある。 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



カントリーフェスタの雑貨屋さん

2015_12_06-1
今日はカントリーフェスタの
雑貨を見に妻と行って来ました。
庭小屋の内装工事も面白くて
雑貨店巡りはどうすべきかと
迷っていたのですが妻が楽しみに
しているイベントだったことや
妻だけ行かせたのでは一人で
レストランへも入れない奴なので
お昼を食べないで帰って来ては
可哀想という気持ちがあったので
一緒に行ったという訳です。
開場は10時、私たちが到着したのは
10分前でしたが開場を待つ人たちが
長蛇の列を作っていました。
一体どこからこんなに人が
集まるんだろうと不思議に思って
いたところ近くに居た人が
こんなに沢山の人が一度に会場へ
入れるのだろうかと呟いていました。
写真は入場してすぐに撮った写真です。
青っぽく写ってしまいました。
水銀灯の明かりですからカメラの
ホワイトバランスの光源選択を
蛍光灯に合わせる必要がありました。

2015_12_06-2
ホワイトバランス調整をすると
視覚にあった色調で写りました。
そして私の関心はやっぱり木工品、
見ているうちにこんな物を作れたら
いいな~と思えるものがあります。

2015_12_06-3
そして板に文字が書いてあるのが
とても素敵に思えました。

2015_12_06-4
この木工品は100円ショップで
売られているカレンダーを使えば
毎年使えるカレンダー吊りです。
ここでもステンシルを使って
素敵な作品になっていると思いました。

2015_12_06-5
これは収納ボックスのようですが
これも真似をして作ってみたい
と思える木工製品でした。

2015_12_06-6
上開きの箱を興味ありげに見ていた
若い主婦の方が「この箱を
玄関に置いて腰掛けた状態で
靴を履くのもいいな」なんて
おっしゃっていましたが見る人によって
使い方が違うんだな、と思いました。
私は電動工具を収納する箱に
いいなと思って見ていました。

2015_12_06-7
妻は今、蝋細工の造花を
作るのに夢中になっています。
でも飾るのに今一つ置場所が
無いようなのでこのような木工品が
あれば喜ぶだろうと思い近々に
作ってやろうと思ったのでした。

2015_12_06-9
ステンドグラス製品も出ています。
妻は蝋細工の次はステンドグラスを
習いに行きたいと思っているようです。

2015_12_06-10
今日、私が買ったものは
ステンシルシートを3枚でした。
他に殻付き牡蠣を2kg、
播磨地方の情報誌を2冊でした。

2015_12_06-11
会場ではこんな手芸製品もありました。

2015_12_06-12
こんな手芸品もありました。
外では食べ物のブースもあり、
牡蠣の蒸し焼きを食べている人、
たこ焼きやお好み焼きを食べている人、
旬の野菜を買っている人などでした。
会場の外で妻と合流すると
私のためにとステンシルシートを
3枚買ってくれていました。
でもそのうちの一枚が私が
買ったものと同じものでした。
帰りに創業53年のレストランで
ランチをしてそのあと
ニトリへ行って買い物でした。 
とても疲れましたが帰ってから
昨日の続きの作業です。 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



デッキも寒いので花たちは

2015_12_05-1
今朝の外気温は1℃でした。
それでも例年に比べると
この時期としては暖かいです。
庭の唐カエデはとっくに
落葉している筈なんですが
黄葉の中に緑の葉が混じって
気象の異変に気づきます。
今年はエルニーニョ現象が
弱くならないので暖冬予想ですが
なにしろ冬は寒さが当たりまえ、
耐寒性のない苗は寒さ対策が
無ければ生きていけません。
多肉植物を夜は室内へ
取り込んで寒さから保護
しているのですが紅葉しています。

2015_12_05-2
メラツウカは赤みを帯びた種類は
耐寒性が少しあるそうですが
きみどりのメラルウカは
耐寒性が弱くて寒さに
遭うとボロボロと葉っぱが
こぼれ落ちてしまいます。
夜は寒さから保護するために
室内へ入れていますが
それでも葉が落ちます。
メラルウカの自己防衛
なんでしょうけれど。。。

2015_12_05-3
黒光りする艶のある実を生らすのは
オリーブ(ミッション)です。
美味しそうに見えますが
このままではアクが強いので
食べられないそうです。
アクを抜くには塩漬けで6か月ほど
待たなければならないそうです。
寒さで実がしぼんで来ましたが
食べられないものは収穫せず、
自然に任せようとおもいました。

2015_12_05-4
嬉しいのはウインターコスモスです。
園芸店で買って暫くのあいだ、
沢山の花が咲いていたのですが
いつの間にかすべて散りました。
もう来シーズンまで咲かないだろうと
諦めていましたところ、
室内への取り込みが良かったのか、
また咲き出しました。
寒さ対策をしてあげた成果だと思います。

2015_12_05-5
さて、あまり人気のない棚づくり、
今日は開始から3日目になりました。
今日は棚部分のフレームを作ります。
1.8mのツーバイ材に溝を掘るのですが
工具は木材を固定するクランプバイス、
そして電動丸鋸を使います。
電動丸鋸にはT形の付属品を使って
直線がずれないようにします。
T形付属品は金属製ですが直線性が
さらに向上するように長い木材を
追加して取り付けました。
この木材と鋸刃の間が切り幅になり、
切り込む深さは丸鋸のベースを
上下させて調整します。

2015_12_05-6
ツーバイ材をクランプバイスで
しっかり作業台に固定します。
これは安全のためにも大切なことです。

2015_12_05-7
写真のようにして深さ16mmの
深さに電動丸鋸で切り込んでいきます。

2015_12_05-8
木材の2面から挽いていくと
このようにL形の溝が出来上がります。

2015_12_05-9
溝切が終わったら棚の数は
4段ですから4組分に分割します。
棚の奥行きに合わせて分割しました。

2015_12_05-10
1段分の棚フレームが出来ました。
これをあと3つ分作ります。
溝きりした部分に棚板が納まります。

2015_12_05-11
棚の奥行きは425mmになります。

2015_12_05-12
棚部と脚部のパーツはこのように
組み合わせて組み立てて行きます。
写真は棚を横倒しにした状態です。
作業も進んで来ました。
あと3日ほどで完成すると思います。
ただ、外で組み立てると小屋の中に
入らないので小屋内で組み立てをします。
とても頑丈な棚が完成するようです。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭小屋内の物置台づくり、2日目

2015_12_04-7
棚づくり2日目の作業を紹介します。
写真の棚は宝塚市の陽春園です。
この園芸店は高田薫さんが訪れて
趣味の園芸など番組が知られています。
私も録画の現場を見たことがありました。
真ん中の背の高い棚はシンプルですが
もう少し凝った棚を作りたいと思いました。

2015_12_04-8
こちらも陽春園の陳列棚です。
セランガンバツという耐久性の
優れた木材が使われています。
棚高さを調節できるように
なったアイデアがいいです。
でも物置小屋の棚には贅沢過ぎます。

2015_12_04-9
ウッドデッキも耐久材で作られた
素晴らしい空間が広がっています。

2015_12_04-6
これは私が作ったミニテーブルですが
こんな形を棚として使うことも出来ます。
窓辺に置いて雑貨などを並べたり、
観葉植物を置いて楽しんでいます。
カーテンがある窓辺に棚を
作れないので背の高いテーブルを
窓辺にと思い作ったものです。
今回の棚づくりは昨日も紹介したように
このテーブルのフレーム構造を基本に
作ろうと思っているのです。

2015_12_04-11
このテーブルはキッチンに置いて
コーヒーメーカーや電子レンジ、
湯沸かしポットなどを置いています。
下の段には生ごみ容器を置きますので
上部空間を大きく取っています。
私のフレーム構造はこの形が基本で
他にテレビ台もこの形で作りました。

2015_12_04-5
今日は棚の脚部4本が出来ました。
1本ごとに4段の切り込みを
作っていますがこの切り込み部に
棚のフレーム構造がはめ込まれます。

2015_12_03-5
これはそのフレーム構造全体です。
これは2段しかありませんが
これから作る物は4段になる訳です。

2015_12_04-1
昨日はこのように切り込みを入れました。

2015_12_04-2
今日は掘り取る作業です。
ノミで押してやればペリぺりと
折れて剥がれていきます。

2015_12_04-3
大まかに深さ15mmの
切り込み部が現われました。

2015_12_04-4
さらにノミで削って仕上げました。
今日はこの切り込みを16カ所作りました。
いよいよ棚づくりも佳境に入って来ました。
明日は棚部のフレームを作ります。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭小屋内の物置き台づくり初日

2015_12_03-1
木製物置き台を作るのは
時間がかかります。
製作を開始してその日に
出来ることはありません。
完成するまでに数日間から
1週間程度はかかります。
今日製作に着手したのですが
完成までの工程をブログ
一日分でまとめると相当な
量になりますので少しずつ
製作工程を紹介します。
その前に少しだけわが家の
庭をご紹介しておきます。
写真はカタクリの花です。
一般にみられるカタクリは
紫色をしていますがわが家の
カタクリは園芸種なので
ご覧のような黄色い花が咲きます。
花弁を凛と巻き上げて咲く姿は
山野で見かけるカタクリの姿です。

2015_12_03-2
こちらは4月中旬の庭で
エビネが蕾をあげて来た写真です。
この段階ではアスパラのような
姿で地上に出てきました。

2015_12_03-3
蕾の付いた花茎が伸びて
やがて花が開きます。
常緑樹シマトネリコの下で
育てていますので夏は半日陰の
環境の中で育っています。

2015_12_03-4
4月中旬の季節にはホスタも
地上部に芽を出して
やがて大きな葉っぱが開きます。
ホスタもエビネのように花を
愉しめますが葉っぱも楽しめます。

2015_12_03-5
さて、木製物置き台ですが
この写真は3年ほど前に
私が作ったミニテーブルです。
この写真を引用した理由は
今回の物置き台も構造的に
ミニテーブルと同じ作り方で
製作したいと考えたからです。
脚部と棚部や天板を置く
フレームとの接続部をこの
要領で作りたいと思います。
棚は4段で構成したいと思います。

2015_12_03-6
木材はツーバイ材を使います。
まず、脚部と棚部を支える
フレームを結合する溝堀を
するために溝幅90mmの
切り込みを入れました。
ツーバイ材は90×40×
1820の大きさですが
切り込みは40mmの厚みに
対して15mmの深さまで
切り込みを入れました。
右側の切り込みは罫書き線より
 丸刃の厚みだけ内側を挽きます。

2015_12_03-7
電動丸鋸と自在定規を使って
溝幅の内側に何本もの
切り込みを入れます。
次に2本の切り込みの内側に
同じく15mmの深さで
細かく切り込みを入れました。

2015_12_03-8
切り込みは真っ直ぐになるように
アジャスターという角度自在定規を
使って電動丸鋸で切っていきます。
電動丸鋸の刃の出具合はベースから
15mmの深さに調整しておきました。

2015_12_03-9
側面から見るとこのような
切り込みになっています。
こうしておくと切り込み部を
指で押すとペリぺりと折れて
90mm幅の溝が現れます。
最後はノミで滑らかに仕上げます。
今日はここまでで終わりました。
続きは次回のブログで紹介します。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



冬はデッキで鉢植えを管理する

2015_12_02-1
デッキに鉢植え植物が並んでいます。
その殆どが耐寒性の弱い植物なのです。
冬の太陽は斜めから射すので
デッキの奥まで日差しがあります。
屋根があるので霜は降りませんが
室内に比べて夜の温度は厳しいです。
2015_12_02-2
だから晴れた日は鉢植えをデッキに出し、
夜は室内へ取り込む作業が冬の間続きます。
その作業は短時間で済みますが
毎日のこととなると根気と忍耐が必要です。

2015_12_02-3
そして時々は水やりをするので
そんな日は時間がかかります。
それでも30分ほどでしょうか。
水やりのない日は10分ほどで済みます。

2015_12_02-4
でもメラルウカやハイビスカスは
鉢の容積が大きいので
土も多くその分、
重量があるので大変です。
歳をとると腰の負担は
腰痛の原因になるのです。

2015_12_02-5
デッキから庭の東側を見た写真です。
妻がせっせとガーデニングに
勤しんでいましたが
ベンチ型コンテナと植木鉢の
寄せ植えを作っていたのでした。
鉢の中には球根類も入っているようです。

2015_12_02-6
鉢植えをデッキに出した後、
お茶を飲み少し休憩をしました。
その時、室内に残した
多肉植物に目が移りました。
上に伸びた多肉側物が私には
南国のヤシの木に見えました。
クローズアップで撮りますと
少し印象が変わってしまいましたが
遠目には砂浜と椰子が生える
風景に見えたのでした。

2015_12_01-5
その後、今日は収獲が済んだ畑の
畝に草が生えないように黒マルチを
被せたり里芋を掘ったり、
妻に頼まれたキャベツを収獲すると
およそ2時間ほどかかりました。
この季節は日が短いので
2時間は非常に貴重な時間です。
庭小屋の内装工事はそれほど時間を
取れなかったのですが昨日の続きを
少しだけ進めることが出来ました。
写真は昨日の終了段階です。

2015_12_02-7
今日は少し羽目板を積み上げました。
天井の高さまで積み上げると
次は壁に面した棚を作る予定です。

2015_12_02-8
反対側の壁面はまだ下地
合板も張り終えていません。
木材も小屋内にあるので
壁面が変わるごとに荷物の
移動が必要なんです。

2015_12_02-9
おまけに足もとはまるでゴミ屋敷、
これら雑多なものを整理する
棚を先に作らなければ
作業が進まないのです。
今日は見苦しい部分を公開しました。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ