山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2016年07月

土曜日の庭シーン

2016_07_31-1
今日はとても暑い土曜日でした。
あまりの暑さに庭へ出ることも
ためらってしまいました。
敢えて今日やったことをあげると
夕方の水遣りとバラの株もとに
テッポウムシが入っていないかを
点検したことくらいでした。
株もとに木屑が出ていたら要注意、
侵入穴を調べテッポウムシの薬を
噴射注入し、翌日以降に木屑が
出ていなければ処置は成功です。
水やりが終わり鹿の子ユリの
向こうに見える山を見ると薄い
夕焼雲が見えていました。
綺麗だと思ったので写真を撮ると
ご覧のように雲は白く飛んでしまい
夕やけのかけらも写っていません。
写真は感じたままを切り撮ることは
本当にむずかしいですね。

2016_07_31-2
今日は東北地方が
梅雨明けしたそうです。
兵庫県も夏らしい陽射しになり
室内の気温は31℃まで
上がっていました。
それでも窓を開け天窓を
開けてエアコンのない生活で
節電を心がけました。
陽射しが強くなると
パイナップルリリーがダウン、
葉っぱがデレッと萎びて
観賞に堪えられなくなりました。

2016_07_31-3
拡大して写すとこんな花です。
花は多肉的な質感があり、
ドライフラワーにも向かず、
切り花として使えるわけでもなく
切って捨てるしかありません。

2016_07_31-4
ダリアは2番花が咲いています。
一番花のあと切り戻すと
葉の腋から新芽が伸びて
その先に花が付きました。
背丈を抑えて花を咲かせるには
切り戻しをするといいです。
ダリアの向こうに少しだけ
空きスペースが見えます。
そこにはタネを蒔きました。

2016_07_31-5
タネはコスモスです。
草丈60cmほどの茎短種

2016_07_31-6
発芽まで乾かさないように
朝晩水を撒いています。
それでも日中は乾きます。
新聞紙で覆いをすれば
良いのかなと思います。

2016_07_31-7
モミジバアオイの花がポツリ、
またポツリと咲いています。

2016_07_31-8
背が高く2mくらいになり、
花もでっかいので目立ちます。
わが集落では珍しくて
他に 一軒が育てておられます。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋に備えるガーデニング

2016_07_30-1
真夏がやって来ました。
午前中は薔薇に殺菌剤を散布
したのですが暑さで11時前に
ギブアップ、でもなんとか
作業は終わりました。
暑さが本格的になるとバラの
宿命ともいえる黒点病の発生が
深刻になってまいりました。
今日の薬剤はベンレートGF,
2000倍液8リットルを
2回に分けて散布しました。
秋のバラを綺麗に見たいです。
今のこの季節、わが家の庭で
元気に花を咲かせているのは
ルドベキアです。
写真のルドベキアは花は
小さいのですがとても多くの
花が咲いてくれるので庭の
風景を作るのに適しています。

2016_07_30-2
こちらは背丈が2mほどになる
超背の高いルドベキアです。
花の形はエキナセアのように
マトイの形をしています。
背が高いわりに倒伏せず、
すくっと凛々しく
立ち上がって咲いています。

2016_07_30-3
さて、今日のガーデニングですが
ウインターコスモスの
2回目の挿し木が発根したので
素焼き鉢に植え替える作業です。
2週間ほど前に挿したのですが
気温が高いのですぐに発根しました。
もう上に伸び始めています。

2016_07_30-4
鹿沼土から掘りあげると
ご覧のような白根が出ていました。
素焼き鉢に植えつけるのですが
用土は赤玉土、日向軽石、鹿沼土、
市販のガーデニングの土を
混ぜたものを使っています。

2016_07_30-5
5号素焼き鉢に3本植えました。
晩秋から冬の間はデッキで
花が観賞できる筈です。


2016_07_30-6
3号鉢、4号鉢には1本仕立て
として植えつけました。
根付いたら摘心してわき芽を出させます。

2016_07_30-7
6号寸の鉢には7本を
まとめて植えました。
伸びすぎないように
ビーナインを散布して
成長を抑制するつもりです。

2016_07_30-8
晩秋から初冬はこのような
状態でデッキで育てます。
昨年は小さなポット苗でしたが
今年は挿し木で数が増えました。

2016_07_30-9
これは昨年挿し木で育てた
ウインターコスモスです。
背丈が伸びすぎたので今年は
低く育てたいと思っています。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋の季節に向けて庭の準備

2016_07_29-1
関東地方が梅雨明けしたようです。
オホーツク海から張り出した
北の高気圧が梅雨明けを
遅らせた原因だそうです。
その影響は兵庫県にもおよび
梅雨明け後も不順な天気でした。
でも今日からは本格的な夏、
日中はじりじりと太陽が照りつけ、
外の作業は辛いものがありました。
今日は来たるべき秋に備えて
ビデンスを植え替える作業と
コスモスのタネを蒔きました。
ビデンスとは別名で
ウインターコスモスとも呼ばれます。

2016_07_29-2
キク科の植物で耐寒性耐暑性が強く、
地植えにするとしぶとく根を張って
どんどん増えていく植物です。
ビデンスは世界中で
200種以上あるそうですが
わが家では2種類あって晩秋から
初冬にかけて咲いてくれます。

2016_07_29-3
凍らせなければ越年して
春になると沢山の芽が
地上部に出て来ます。
小さな鉢に植えたものを
冬の夜は室内へ取り込むと
冬も咲き続けてくれます。

2016_07_29-4
夏咲き種と秋咲き種が
あるそうですがわが家の
ビデンスは秋から初冬まで
咲いてくれる種類です。
晩秋になって庭の落葉樹が
赤や黄色に染まる頃、
ビデンスの花が咲くと
風景は格別の趣があります。

2016_07_29-5
今年も昨年のビデンスから
挿し穂を採り挿し木をしました。
鹿沼土を底の浅い鉢に盛り、
割り箸で穴を開けたところに
挿し穂を入れて2週間ほど
日陰に置いておくと
ほぼ100%の確率で発根します。

2016_07_29-6
鉢に植えたのは晩秋に
デッキで観賞するためです。
用土は市販のガーデニングの
土を使って植えました。
挿し穂が伸び過ぎたので
切り戻しをしました。
こうすると葉の両腋から
新しい芽が出て来ます。

2016_07_29-7
プランターにも植えました。
何度か切り戻しをすると
新しい芽が出てボリュームが
出て来ますので秋になると沢山の
花が見られるようになるでしょう。

2016_07_29-8
冬のデッキは花が少なくなるので
鉢植えのビデンスを増やしたいと
素焼き鉢(5号)も二つ用意しました。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



梅雨明け後のガーデン

昨日は久しぶりにブログを
休んでしまいました。
私のブログを見に来て
くださった方には申し訳ない
ことだった思っています。

2016_07_28-1
さて、庭ですが季節の移ろいの中で
少しずつ変化が見られます。
スモークツリーは六月下上旬に
煙を思わせる花が咲きました。
七月になると煙のような
花は枯れてしまい、
その後、蜘蛛の巣となっていたので
花殻を掃除して伸びた
新梢を短く剪定したのは
七月上旬のことでした。
スモークツリーの剪定は
11月~2月に行うのが
良いとされています。
スモークツリーは成長が速く、
剪定適期まで待っていると
いたずらに枝が伸びて
見苦しくなってしまうのです。
ただ、剪定の適期の頃は
花芽が出来るので切りすぎると
花が付かないということに
なってしまう恐れがあります。
それは花芽がその年に伸びた
新梢の先端に出来るからです。

2016_07_28-2
枯れた花は自然に落ちて
くれませんので丁寧に取り除き
樹形を整えるために徒長枝、
混み枝、逆さ枝、交差枝などを
剪定して形を整えました。
剪定後に新芽が出て来るので
その先端に花芽が付くだろうと
思っていたのですが
剪定が早すぎたのか、今年
2度目の花が咲こうとして
蕾が立ち上がって来ました。
ちょっと困った現象です。
今頃に花が咲くと来季は
一体どうなるのでしょうか
来季の花が楽しめないかも。。。

2016_07_28-3
この状態になると今年二度目の
花が咲くだろうと思います。

2016_07_28-4
でもどうでしょうか?
二度目の花を見るのは
嬉しいのですが来年の
花が見られるだろうかと
そんな心配をしています。
冬にどんな状態になるか、
その様子を見ながら
次の手を打ちたいと思います。

2016_07_28-5
わが家の庭にはその他に
カシワバアジサイが咲いています。
ただ、モンタナ(クレマチス)
の成長が良すぎてカシワバアジサイの
日照を遮ってしまったので
樹勢が弱ってしまいました。
そのため今年は挿し芽を採って
新しい苗を作り、
日当たりの良い場所に植えたいです。

2016_07_28-6
ハイビスカスは相変わらず
次々に花を咲かせています。
六月上旬から咲き始めその後も
次々に蕾をあげています。
南国の花なので暑さに強いと
思われがちですが案外、
猛暑の季節は苦手でこの季節
花が少なくなるものですが
梅雨明け後の猛暑が遅れ
その分涼しさが手伝って
花の咲き方が良くなったようです。

2016_07_28-7
今日の野菜の収穫です。
今日は娘が研修の帰りに
寄り道して帰りました。
新鮮な野菜を食べさせたいと
採れとれのトマトと唐辛子を
持って帰らせました。

2016_07_28-8
野菜の植え付けは五月の
大型連休の頃でした。
小さな苗を植えて毎日
水やりをするのが大変でした。
今では畝間が見えなくなるほど
大きな株に成長しています。
今は収穫の最盛期です。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



夏の庭、葵が咲きバラも咲く

2016_07_26-1
今日の天気予報は雨だったのに
雨らしき雨は一つも降らず
完全に肩透かしだった。
朝一番、雨が降るまでに、
と思い畑に出て野菜の
追肥をしたのである。
雨げ降れば化成肥料の
追肥が溶け出し効き目が
早いと思ったのだが。。。
そして今日は庭の水やりも
必要ないと思っていたのだが
雨は降らなかったので
夕方には鉢植えや花壇への
水遣りが必要だった。
もう一週間以上晴天続き、
花壇も畑もカラカラに
乾き切ってしまった。
雨が降ってほしいなぁ。
水やり作業中にみつけた
モミジ葉フヨウの開花、
別名モミジ葉アオイともいう。
昨年は8月中旬のブログで
紹介したのだが今年は
随分早い開花になっている。

2016_07_26-2
こちらもアオイ科のフヨウである。
直径20cmほどの大輪咲き、
花弁は虫にとって美味しいのか
いつも虫が食べた穴が開いている。

2016_07_26-3
昨日も載せた鹿の子ユリ、
ブラックビューティー、
拍手コメントから
お見事とのお褒めを戴いた。
今日はグッとアップで
撮ったので再掲した。

2016_07_26-4
梅雨明け後、涼しい日が
続いているのでバラの
開花が美しくなった。
夏バテが無い咲き方である。
アイスバーグの木立性だが
わが家は今年から蔓性も
仲間入りしたので来年が楽しみ。
暫く殺菌剤を散布していないので
黒点病が現れている。

2016_07_26-5
ジャクリーヌ・デュプレ、
四季咲き性ツルバラだが
わが家は鉢植えで育てている。
葉っぱの傷みがひどい。
晴天の日を見て久しぶりに
殺菌剤を散布したい。

2016_07_26-6
こちらは小輪咲きモーツアルト、
昨年10月に挿し木を
して2年目の育苗である。
ツルバラなのでいずれは
フェンスに誘引するつもりだ。

2016_07_26-7
プラ鉢の数は5鉢、
ツルはどんどん伸びている。
夏の季節に返り咲いている。

2016_07_26-8
ちなみに挿し穂を採った親木、
伸長2m程度のツルバラである。
花がらを摘まなかったら
秋はローズヒップを愉しめる。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



じみちにガーデニング

2016_07_25-1
梅雨明けして1週間が過ぎた。
これからは猛暑の日々だと
思っていたのに
意外にも爽やかな風が吹いて
過ごしやすい日々が続いている。
吹き抜け上の天窓を開け、
リビングの引き戸をあけると
1階から天窓へ風の通路が出来て
室内に爽やかな風が渡る。
エアコンを使うことなく室内で
過ごせる涼しい夏が続いている。
季節は7月も下旬になった。
やがてお盆がやって来る。
そんな季節柄、
庭にムクゲの花が咲き始めた。
庭に蝉の声が響き渡り、
空に入道雲が湧き上がる夏である。

2016_07_25-2
道路からわが家の敷地入り口に
面する植え込みあたりには
夏草が伸びて鬱蒼としていた。
お盆も近づいているので
夏草を除草し爽やかにしようと
除草作業をすることにした。
植え込みの土はカラカラに乾き、
肥料っ気も無くパサパサである。
先週は庭の植え込みの中で
マムシを捕獲した。
鬱蒼とした草の中にマムシが
潜んでいたら怖いので
長く伸びた草を棒で掻き分け
丹念にマムシが居ないことを
調べながら除草作業を進める。
作業中にカミキリ虫を見つけ、
食害著しい庭木を手入れし、
株元に蟻の巣を見つけて
薬剤を散布する作業を並行する。
柑橘類、モミジ、バラなどは
ゴマダラカミキリの標的になる。
ゴマダラカミキリの幼虫である
テッポウムシの食害はこんな
作業中に見つけることが多いのだ。
株もとを草の無い状態に
保つのことはテッポウムシの
侵入を防ぐポイントである。
半日かけて地肌の見える庭に戻った。

2016_07_25-3
鹿の子ユリ、ブラックビューティが
まだまだ咲きつづけている。
一球の球根からこれだけの花を
咲かせるユリもめずらしい。
ユリは球根を育てる根と茎を
育てる根が別々にあるので深植えに
することが大切だと聞いている。

2016_07_25-4
ブラックビューティの手前には
背の高い向日葵が咲いている。
高さがあるので花壇に立体感が出る。
夏らしい風景である。

2016_07_25-5
コントラストを下げると
夕暮れのような風景になった。

2016_07_25-6
夏のイメージを作るガイラルディア。
奥には鉢植えの養生所。

2016_07_25-7
これだけの花が咲く裏では
花殻摘み作業が忙しいのだ。

2016_07_25-8
フェンスから外へ出るエキナセア、
朝日の方向に顔を出している。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



アプローチの花壇

2016_07_24-1
一週間がすごく早く過ぎゆく。
毎日まいにち変化のない生活、
そんな生活は早く過ぎゆくのかな?
たまにはガーデニングや畑の作業から
離れて遊びに行くのもいいかと
久しぶりに二女と妻と私の三人で
但馬方面まで御蕎麦を食べに行った。
但馬(たじま)と呼び黒毛和牛の
飼育地として全国的に有名である。
神戸牛としても知られているが
神戸牛の肥育は但馬地方である。
地理的には分水嶺より北側になり
川は日本海へと流れる。
およそ2時間をかけて御蕎麦を
食べに出かけたが私としては
庭や畑にいる時間が好き、
でもそればっかりでは
妻もストレスが溜まるだろう。
いや、そんなことはない、
結構愉しんでいるのかも?
2016_07_24-2
そんなことで今日のブログは
特段めずらしいネタでは無い。
道路から庭への入り口では
夏の花、ヒマワリ、アンゲロニア
ルドベキア、コリウス、百日草
テラトテカ・トリロバなどが咲く。
ほうき草、花は咲かないけど
みどりのボリューム感があって
夏の庭に涼感を作ってくれる。
写っていない上の方にヒマワリが
咲いているので夏の花壇を
色濃く感じさせてくれている。

2016_07_24-3
外出から帰ってくると
まずは畑に入って収穫作業、
カボチャは小さい品種の
エビスを3個収穫できた。
キュウリはツルが枯れ始めた。
今日は3本と少ない収穫量、
梅雨が明け、地温が上がると
キュウリは終わりを迎える。
この頃からのキュウリ栽培は
地這いが作りやすいとされる。
ツルが地を這うと大きな葉っぱが
地面を隠し地温の上昇を防ぐ。
キュウリは暑さに弱いらしい。
トマトは完熟、畑でガブッと
食べるのが美味しい食べ方である。

2016_07_24-4
唐辛子は伏見甘長と
万願寺の2品種である。
虫が来ないし病気が出ない。
完全無農薬栽培が出来る。

2016_07_24-5
遅蒔きのインゲンマメが
収穫出来る頃になった。
一回目に蒔いたインゲンは
収穫が終わり撤去終了した。
収穫作業の後は畝の除草、
谷に化成肥料を蒔いた後
谷の土を掘り起こし
肥料と混ぜて畝に掻き上げた。
茄子は葉っぱに虫が来て
レースのようになり始めたので
農薬トレボンを散布していたら
一日が終わった。
2016_07_24-6
自作の立て札だがチョークで
書いていたものを
ホワイトマーカーで書き直した。
土足厳禁と書くのが簡単で
いいかと思っていたが
拍手コメントの中で言葉が
きついのではないですかと
アドバイスを頂いたので
ソフトな言葉 を選んだ。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



花たちは悠久の時を刻んで今にその姿を

2016_07_23-1
季節は夏まっさかりです。
でもやがて夏が去り
秋がやって来ます。
来る季節のために植物は
休むことなく成長して
実りの秋に備えています。
そして悠久の時を刻んで
種の保存に努め今の姿を
現代に留めています。
休むことはありません。
低山ハイキングに行けば
よく見かけるアケビの実、
七月下旬というのに一人前の
姿に成長していました。

2016_07_23-2
四月になると若葉が出て
小さなちいさな紫色の
花を咲かせます。
無数に咲かせるのですが
実を結ぶ花はわずかです。

2016_07_23-3
右にアケビの実が見えます。
沢山の花は実を付けず
散り果ててしまいました。
でも一個の実の中に無数の
タネが入っていますので
そのタネが次の世代をつくります。

2016_07_23-4
秋になると色づいて
やがて皮がぱっくり開き
タネが地上に落ちていきます。
動物が食べてタネが彼方此方に
糞と一緒にバラ撒かれ
世代交代を続けているのです。
その姿に太古のロマンを感じます。

2016_07_23-5
こちらはセッコク(ラン)です。
日本の深山渓谷に
自生するランです。
夏に葉っぱが茂り
株が太ります。
来年に向けて花を
咲かせる準備をしています

2016_07_23-6
自然に自生するセッコクは
深山の朽ち木や渓谷の岩などに
根を張り自生するのです。

2016_07_23-7
だから水は自然の降雨だけ、
水やりをする必要はありません。
育て方は自然に近い状態に
するために水コケで植えたり、
ヤシ殻の繊維で植えています。
素焼き鉢の中にヤシ殻繊維や
ミズゴケが入っているのです。

2016_07_23-8
冬になると葉っぱが落ち、
休眠状態になりますが
春が来ると葉っぱが出て
ツボミが膨らみ花が咲きます。
その姿に季節を感じます。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



花を育てることへの思い

梅雨明けして5日が経ちました。
いよいよ猛暑の夏が来たかと
思ったけれど意外と涼しく
気温も30℃前後を推移、
朝夕は秋風を思わせる爽やかな風が
吹いて過ごしやすさを感じています。
今年はラニーニャ現象で
太平洋高気圧が強められるので
猛暑の夏が予想されています。
彼岸の入りまであと2か月、
暑さを元気に乗り越えましょう。
2016_07_22-1
さて、庭の花ですが涼しさに
元気をもらっています。
黄色の花を咲かせたバラは
アンバークイーンです。
四季咲き性で花付きが良く、
暑さにも強い性質を持っています。
でも初夏に咲いた花に比べると
花の大きさがちょっと小さめです。

2016_07_22-2
この写真は初夏の頃です。
ご覧のように花が大きく立派です。
木立性、伸長80cmと
小さくまとまっています。
じつはこのバラ地植えでした。
頭上に落葉樹の高木があり、
日当たりが悪かったので生育が
悪くて消えてしまいそうでした。
鉢に植え替えてお日さまの前に
出してやると元気を回復、
これから大きな株になると思います。
バラは日当たりがとても
大切なことがわかりました。

2016_07_22-3
ハイビスカスは南国のイメージ、
冬の最低温度は5℃以上
なければ冬越し出来ません。
わが地方の冬はー5℃まで
下がる日も少なくありません。
大柄なハイビスカスに育てるには
冬越しさせなければならないのです。

2016_07_22-4
冬を二季越して大きくなりました。
その分だけ花の数も多くなって
夏の庭に相応しい風景を作っています。

2016_07_22-5
この写真は昨年の夏ですから2年目、
一冬を越したことになります。
冬の季節は毎朝、毎晩、
室内への出し入れをします。
少しでも軽くするために素焼き鉢から
プラ鉢に植え替えをしています。

2016_07_22-6
一季咲きの筈だったバラが
また咲き始めています。
名前はモーツァルト、
小輪房咲きツルバラです。

2016_07_22-7
花後の剪定をした時に剪定屑の
中から挿し穂を選び挿し木しました。
5月に大きめの鉢に植え替えしたら
こんなに大きくなってくれました。
接ぎ木ではないので病気が
出やすいのではと思いましたが
黒点病もなく元気に育っています。

2016_07_22-8
7本を挿し木したところ
5本が着床して冬越しに成功、
初夏に花が咲きました。
このあと大きめのプラ鉢に
植え替えをしています。
剪定屑から育ったつるバラ、
大切に育ててやりたいです。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



薔薇が突然枯れたので気分転換に木工作業

2016_07_21-1
5月下旬の頃に綺麗だった
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール、
大苗を植えて5年目だった。
やっと小屋の庇に誘引出来て
これからが楽しみだと思っていたら、

2016_07_21-3
梅雨が明けると突然枯れてしまった。
照りのある葉が元気そうだったのに
突然に枯れるなんて何故なんだろう。
昨日マムシを退治したタタリだろうか、

2016_07_21-2
枯れた原因は分らないが株もとを
調べてもテッポウムシの
食害の痕跡も見当たらない。
モグラのトンネルで根が
浮いてしまったのかと思って
土をパイプで突いてみたが
その痕跡もなかった。
諦めてツルを株もとから伐採、
早めに切っておくと株もとから
新しいシュートが出て来ないかと
僅かな望みを託してこんな姿に。

2016_07_21-4
もしもシュートが出て来なかったら
それこそ諦めて新しいツルバラを買おう。
株もとの伐採は思い切った決断だった。

2016_07_21-5
バラ枯れのショックを紛らわそうと
久しぶりに木工作業に没頭する。
作る物は小さな立て看板である。

2016_07_21-6
来客が土足でデッキに
あがって来るので
「靴を脱いでおあがり下さい」と
立て看板を置くことにしたのだ。
写真は土足の靴跡である。
男性用運動靴の足跡のようだ。

2016_07_21-7
黒い油性ペンキを塗った。
漆塗りのような光沢を期待したが
ペンキが乾くとやっぱりペンキの艶だった。

2016_07_21-8
背後から見るとこんな感じだ。

2016_07_21-9
取り敢えずチョークで書いた。
油性のホワイトマーカーを
買ってきて書き直すつもりだ。
シンプルに「土足厳禁」にするか
この文言にするか、迷うところである。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ