山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2016年10月

夏を振り返る庭

2016_10_31-1
芝を刈り清掃直後のフロントガーデン。
手前は半ツル雪あかりの鉢植え、
雑貨フェアで買ったロウソク灯。

2016_10_31-2
七月はエキナセアが庭の主役。
パイナップルリリーの葉が庭を覆う。

2016_10_31-3
道路に面した花壇はガイラルディアが。

2016_10_31-4
ガイラルディアは十月中旬まで咲く。

2016_10_31-5
フロントガーデンではこんな
エキナセアも咲いていた。

2016_10_31-6
夏はルドベキアも花壇の主役。

2016_10_31-7
ジリジリ照りつける太陽の下で
咲く姿が良く似合うルドベキア。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



わが家の庭風景

2016_10_29-1
秋が日ごとに深まり山里にも
紅葉のはしりが見える。
庭仕事や畑仕事には
ちょうど良い季節なので
庭に出て剪定をしたり
畑ではサツマイモの収穫、
野菜の追肥などに精を出す。
今年は素敵な秋バラの
シーンを作ってみたいと
思っていたがバラ園の
光景には程遠く失敗だった。
だからブログネタも無く
仕方がないので今年の
六月の庭風景を集めてみた。
鎧張りの庭小屋は薪を
収納するための薪小屋である。
小屋の前ではピンクと白の
アナベルが咲いている。

2016_10_29-2
六月は新緑の出揃う季節、
黄緑色を帯びた新緑が美しい。
手前はシンビジューム。

2016_10_29-3
高木のある庭なので
樹下にはアジサイ、石楠花、
シンビジュームなどを置き、
地植えにはエビネ、カタクリ、
タンチョウソウなど半日陰の
山野草が多く植えられている。

2016_10_29-4
フロントガーデンである。
紫色の花はクレマチス。
手前はエキナセアである。

2016_10_29-5
再び薪小屋である。
窓やドアは疑似的なもので
内側にはコンパネが貼ってある。

2016_10_29-6
フロントガーデンの芝生庭。
六月はペチュニアが美しい。

2016_10_29-7
ニッコウキスゲが終わると
次はヘメロカリスガ咲く。
株は年ごとに大きくなっていく。

2016_10_29-8
シモツケの白とピンク、
六月の梅雨時に似合う花である。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



剪定

2016_10_27-1
今年はラニーニャ現象のため
夏は暑くて冬は寒いのだとか、
そのせいか知らないけど
東北地方に台風が直接上陸
するハプニングもあった。
こんなことは気象台の記録では
稀に見る珍事なんだそうだ。
また、野菜の高騰が続いている。
異常気象の影響を受けて野菜の
生育に影響があるのかな?
ウインターコスモスが咲き始めた。
今年は背丈を短く抑えるために
何度か切り戻したのだがその時に
穂を採って挿し木したものである。
晩秋になると賑やかに咲いて
庭を華やかに飾ってくれる。
また、宿根草なので冬を越し、
来年は株が肥えてさらに豪華に咲く。

2016_10_27-2
庭木の剪定に四脚の脚立を
使っていたが段差があると
安定性に欠けるので
思い切って三脚を購入した。
全体の高さは3mあるが
昇れる高さは上から四段目まで
それ以上は禁止となっている。
つまり上から三段目までは
身体を支える為のものだ。
段差のある所でも一本足の
長さを調整することで
安定した作業ができる。
高さに関しては「大は小を兼ねる」
という語録が当てはまらない。
上部が枝に当たるので樹木に
接近できなかったりするからだ。
欲を言えばもう少し低めの三脚が
さらにもうひとつ必要な気もする。
購入はホームセンターもあるが私は
建材店に頼んで家まで運んで貰った。
税込み19,244円だった。
通販も送料込みとなっているが
さらに高めの価格設定となっている。

2016_10_27-3
左はゴールドライザー、
右はヨーロッパゴールド、
右は枯葉が見えるので
これから丁寧にむしり取る
作業を必要とする。

2016_10_27-4
右は糸ヒバ(フィリフィラオーレア)
左はブルーアイスである。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋の庭と菜園

2016_10_25-5
急激に気温が下がり落葉樹が
色づき始めたこのごろで夏の花、
がまだ咲き残っている。

2016_10_25-6
今年はラニーニャ現象なので
夏は暑く冬は寒いとの予想がある。
十月下旬に入ったばかりなのに
今日の外気温最高は19℃だった。
写真のバラはストロベリーアイス、
寒さの中で元気に咲いている。

2016_10_25-4
趣味の畑ではハクサイやキャベツの
結球が始まりほうれん草が発芽した。

2016_10_25-3
ハクサイは多量の肥料を必要とする。
牛糞や鶏糞をふんだんに使い
元肥を十分にしてポット苗を定植した。
今日は化成肥料をの追肥を入れた。
株間にコブシ大の穴を掘って
化成肥料を軽くひと摑み入れる。
追肥は3度までの予定で2回目の追肥だった。

2016_10_25-2
シュンギクの成長は早い。
鍋物には欠かせない冬野菜。
摘み取ると脇芽が育つので
一株から3度収穫出来る。

2016_10_25-1
ダイコンは直径3cmくらいになった。
ダイコンサルハムシの食害に
悩まされたがJA推薦のエルサン
水和剤を使うと害虫は退治出来た。
無農薬栽培の難しさを思い知らされた。

2016_10_25-8
安納芋を半分だけ掘ってみた。

2016_10_25-7
多少ツルボケの兆候が見られ、
個数的に少ないように思える。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋が深まる庭景色

2016_10_24-1
秋が深まる庭で鬼蜘蛛が
巣を張って獲物を待っている。
蜘蛛は冬を越せるのだろうか。

2016_10_24-2
日ごと寒くなる庭では
落葉樹の紅葉が始まった。
曇り空で静かな土曜日だった。

2016_10_24-3
しかし、まだ夏の名残か、
ハイビスカスが咲き続ける。

2016_10_24-4
ガイラルディアも咲き続ける中で
コリウスの色合いが濃くなって来る。
晩秋の序章の中に晩夏が残る。

2016_10_24-5
コスモスが一番きれいな時期になった。

2016_10_24-6
ホトトギスの花も本番である。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



焼き物の里を散策

2016_10_17-1
丹波篠山と言えばデカンショ節で
知っておられる方も多いだろう。
その篠山市今田町立杭地区に
陶芸の窯元がおよそ60軒ある。
ひなびた山村の谷間を通る道路脇に
窯元が点在し直接お買い物ができる。
そんな立杭の里で陶器まつりが
今年も盛大に開催された。
陶芸品だけではなく丹波栗、
丹波黒豆、丹波牛、丹波の地酒、
丹波産蕎麦など地域に密着した素材を
使った旨いもの市も人気である。

2016_10_17-4
地元産の蕎麦粉を使った即席の
手打ち蕎麦には長い行列が出来ていた。
リュックを背に秋色に染まった丹波路を
歩き、陶器の即売に、地元産をふんだんに
使った旨い物めぐりで秋の一日を過ごした。

2016_10_17-2
陶器はのぼり窯で焼かれる。
傾斜地に作られた20m以上も
ある長いのぼり窯である。
燃料は広葉樹の薪らしく、
民家の軒先に乾燥薪が所狭しと
並んでいるのが見えた。

2016_10_17-7
山を分ける地に集落があって
谷を縫う道筋におよそ60の
窯元が並んでいる。
窯元では焼き物の直売もあり、
イベント中は2割引きもある。
窯元を一堂に集めた陶の里では
手軽に陶器のお買い物が愉しめる。

2016_10_17-3
立杭焼は作風が備前焼に似ているが
食器などでは釉薬が塗られた物が多く、
若い人には西洋風のものに人気がある。
私は娘たちへのプレゼントとして
釉薬を使わない和風の大皿を2枚買った。

2016_10_17-5
丹波路を散策しながら路地を
歩くのも楽しく熟した鈴なりの柿や
庭先のシュウメイギクを眺めて
歩くのも秋を満喫する愉しみ方である。

2016_10_17-6
山里ならではの石積み路地の
入り口に昭和の時代を感じる。
10月の丹波路をのんびり
歩いて黒豆大福をほおばり、
アマゴの塩焼きに舌鼓を打つ。
松茸ご飯や鯖寿司も旨かった。
陶器まつりは毎年10月中旬の
土日に催され福知山線相野駅から
シャトルバスが運行される。
まつり会場を巡回する無料バスもある。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



秋の庭になって来た

2016_10_15-1
秋祭りの日に姫路バラ園へ行った。
開園の初日は先着100名に
オリジナルカレンダーが貰える。
妻と私で二枚をゲットした。
たが、バラの開花状況は春のバラ園ほど
咲いているわけではなかった。
さすがバラ園らしく黒点病や
うどん粉病などの病気が無くて
手入れが本当に行き届いていた。
消毒は動力噴霧器を使って1週間に
1回以上はされるということだった。
さて、このところの冷え込みによって
わが家のオリーブが色づき始めた。
オリーブは乾燥気味に育てると良い、
そのように思っていたので水やりを
控えていたら実がシワシワになった。
水をたっぷりあげると艶のある
3日後に艶のあるオリーブに回復した。
実が生っている期間は水やりを怠らず
土の表面が乾いたら鉢底から水が
抜けるまでたっぷり与えるべしだった。

2016_10_15-2
ガマズミの実が緑から
オレンジ色に変わり
さらに赤く変わった。
これから冷え込みが続くと
透き通るような赤に変わる。

2016_10_15-3
ストロベリーアイスが綺麗に咲いた。
四季咲き性なので真夏にも咲いていたが
涼しくなった今は美しさが増した。

2016_10_15-4
そして夕日を浴びてコスモスが輝く。
文化の日辺りまで咲き続けるだろう。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



朝の散歩とコスモスの秋

2016_10_12-1
本格的な秋がやって来た。
私の一日は朝の散歩から始まる。
一緒に歩く愛犬は14歳に
なったばかりだけれど
犬の14歳は人間に換算すると
85歳相当になるそうだ。
成長と老化が速いので
1歳の頃になると成犬である。
だから人間の老化よりも
ずっとスピードが速くて
10歳を超える頃から
老化が目に見えて進む、
だから歩くのもヨチヨチ、
散歩の距離は500mほど
歩いて終了である。
散歩道で見る光景は稲刈りが
ようやく始まったばかりで
黄金色だった田んぼの風景が
次の日は晩秋の田園風景になる。
そんな風景を見ながら
今日も散歩から始まった。

2016_10_12-2
わが家の庭にコスモスが咲き始めた。
幅2センチ程度の筋を掘り、
そこにコスモスのタネを蒔いた。
発芽までは乾かさぬように
毎日水を撒いたがある程度の
大きさになると乾燥気味に、
コスモスは加湿を嫌うので水は
雨任せにしておいたのだった。
台風がそれてくれたので
わが地方には大した風もなく
倒伏することもなかった。

2016_10_12-3
こちらはブルーサルビア、
昨年にタネから育てたものが
春になると再び芽を出し、
株まわりも太くなって
昨年よりも立派な咲き方になった。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭に秋色の訪れ

2016_10_01-1
そぼ降る秋雨に打たれて
少しずつ色づいて来る柿、
10年ほど前に私が小さな
接ぎ木苗を植えたのだった。
今では背丈の倍以上の高さに
育ったので高枝切り鋏を
使って柿を収穫する
しかし、熟するとカラスが
集団でやって来て実をつつくので
黒マルチのビニル片をぶら下げ
カラスの脅しにしている。
カラスはこれを見て仲間の
死骸だと思うのだろうか?
私とカラスの知恵比べ、
今のところは私の勝ちである。

2016_10_01-2
しかし、害敵はカラスだけではない。
ヘタから侵入する虫にやられたり、
炭疽病などの病気が発生して
熟すまでに落果するのである。
背の高い木になると殺虫剤や
殺菌剤の散布も簡単ではない。

2016_10_01-3
庭にも秋の訪れが目える。
青かったガマズミの実が
赤みを帯びて来ている。
秋の深まりとともに
ビロード色の赤に変わる日も近い。

2016_10_01-4
ヒヨドリはブルーベリーなど
人間に美味しい果実は
数日のうちに食べ尽くして
しまうのだがガマズミの実は
食べずに初冬の頃まで庭に残る。

2016_10_01-5
秋雨前線が停滞して雨降りがつづく。
庭は雨に打たれた枯葉が覆っている。

2016_10_01-6
雑草の伸び放題の所もある中で
防草シートの上に真砂土で
覆った部分は草が無く
その効果は顕著である。
晴天の続く秋日和になると
庭の除草と清掃をしたい。 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ