山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2017年03月

三月下旬も今日まで

2017_03_31-1
今日は久しぶりの雨だった。
晴天が続いていたので
畑や花壇には慈雨だったと思う。
三月も今日で終わり
明日からは四月に入る。
山里はすっかり春の装いになって
梅は満開を過ぎ、
花弁が散り始めた。
南高梅は梅酒用の実を採りたいと
数年前に植えたものである。

2017_03_31-2
サンシュユは満開になり
これからは花弁の色が褪せ
次第に散りゆく季節に入った。
サンシュユはわが家の庭に
春の訪れを知らせてくれる庭木。
三月上旬からつぼみが次第に
大きくなりやがて花が開く。
およそ一か月に亘って季節が
進んでいく様子が愉しめる。

2017_03_31-3
寒さの厳しい冬の間は
小さく縮こまっていたパンジー。
春の訪れに日ごと成長して
花がどんどんと増え始めた。
春は一気に進み暖かさが増す。

2017_03_31-4
冬野菜を片付けて畝を作り直し、
ジャガイモの植え付けをした。
品種は男爵、キタアカリ、デジマ
メークインを各1kg植えた。

2017_03_31-5
メークインの種イモは
形が小さいので分割せず
一個そのままを植え付けた。
秋じゃがも植えるので
4kgの植え付けでも
わが家の消費分は十分すぎる。
収穫は梅雨入り前の
6月中旬の頃になる。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



オリーブの植え替え

2017_03_28-1
植え替え用土を作る作業は
モルタルを練るトロ船容器を
使うと混ぜる作業が楽である。
オリーブ用土は硬質赤玉土に
腐葉土40%程度を混ぜ合わせ
さらに苦土石灰を少々と
マグアンプKの緩効性肥料を混ぜる。

2017_03_28-2
オリーブは地中海地方の雨の
少ない気候に適するので
乾燥に強いが加湿に弱い。
だから鉢土の表面が乾いたら
水を与えるように心がけている。

2017_03_28-3
摘心をしていないので上方に
伸びて側枝がまだ少ない。
品種はミッション、
これくらいの大きさから実が生る。

2017_03_28-4
植え替えが済んだので
日当たりの良い場所に置く。
オリーブは日向が大好きである。

2017_03_28-5
こちらの品種はアルベキナ、
昨年はたくさんの実が生った。
オリーブは自花受粉しないので
異品種が二本以上必要である。
花が咲くまでは離れて置くが
花が咲いたら受粉を助けるために
鉢を近接して並べて置きたい。

2017_03_28-6
昨年はこのようにして
沢山の実が生った。
銀葉のしなやかな枝ぶりも
魅力だが実が生ると
さらに魅力的になる。
葉っぱの先が黄色くなると
マグネシューム欠乏の
サインであるから苦土石灰を
与えるようにしている。
苦土石灰とはマグネシュームを
含む石灰のことである。
また弱アルカリ性を好むので
用土には必ず混ぜたいと思う。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



オリーブの鉢を買った

2017_03_23-1
オリーブの木を2年前に買った。
北播磨オリーブ園の苗木だった。
ここはNPO法人「地球のなかま」
として活動しておられてオリーブを
およそ400本育てておられる所だ。
素性の良いまっすぐな苗木だった。
価格も安くて1500円だった。
品種はミッションである。
オリーブは1本では受粉しないので
実を生らすなら違う品種を
2本以上植えなければいけない。
私はアルベキナ、コロネイキと
合計3品種を育てている。
ほかにネバディロブランコも
育てていたのだがコガネムシの
侵入を許してしまい枯れてしまった。
オリーブはコガネムシが土中に
侵入して根っこを食べ尽くす。
オルトランなど殺虫剤では
効果があっても完全ではない。
鉢植えなら土の表面を専用の
不織布で覆ってコガネムシが
土中に卵を産み付けないように
する方法もあるが専用の不織布は
ネットで購入するか園芸店で
取り寄せるしかないから面倒である。
私は毎年植え替えることにして
コガネムシの食害の痕跡や
幼虫が居るならばていねいに
捕殺するしかないと思っている。
今年も植え替えの適期が来た。
年中植え替え可能だけれど
初心者は4月が良いらしい。
花が咲く時期は避けた方が無難だ。
今年は一回り大きな鉢を買った。
ベトナム産で分厚いので重い鉢だ。
2017_03_23-9
植え替え後はこんな形になるだろうか。
背高く伸びたので摘心をして
側枝を出すようにしたいと思う。
土は硬質赤玉土に腐葉土を40%、
弱アルカリ性の土が適するので
苦土石灰を混ぜて用土とする。
なお、苦土石灰にはマグネシュームが
含まれているのでこれは欠かせない。
オリーブの葉の先が黄色くなるのは
マグネシュームの欠乏である。

2017_03_23-2
花壇の方は緑がまだ少ないが
ブルーの花がいつの間にか咲いた。
花の名前は忘れてしまった。
もしかしてプルモナリアかな^_^

2017_03_23-3
東側の庭風景を撮った。
シマトネリコが大きくなったので
昨秋に大胆な選定を施した。
大枝を切るとそこから徒長枝が
何本も出ることがあるので
大きな日陰を作ってしまうだろう。

2017_03_23-4
クリスマスローズの葉っぱが
少なくてバランスが悪い。
少し乾燥が過ぎたのかもしれない。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



三月下旬の庭

2017_03_21-1
彼岸の入り以来暖かくなりました。
東京では国内でいち早く
桜の開花宣言がありましたね。
場所は早咲きで有名な
千鳥ヶ淵公園ではなく
靖国神社の境内です。
靖国神社といえば私の叔父も
戦死者として祀られています。
クリスマスローズが奇麗です。
春らしい風景を作っています。

2017_03_21-2
ほとんど日陰の場所に
咲いているのは馬酔木です。
山に自生しているものは
ほとんどが白い花ですが
植木市で買った園芸種は
ピンクの花が咲きます。
姫路市の大手前公園で買った
みどり市で購入したものです。
日陰を好む樹種なんですね。

2017_03_21-3
クロッカスやミニイリスです。
球根なので春になる今頃に地上部に
芽が出て咲いてくれます。
花壇は早春真っ盛りです。


ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



クリスマスローズの風景

2017_03_17-1
日中の陽射しが眩い季節、
暖かくなりましたが
朝の外気温はまだまだ寒く、
氷点下の日が続いています。
今日から彼岸の入りです。
「暑さ寒さも彼岸まで」の
ことわざがあります。
庭でもめっきり春の気配が
強くなりクリスマスローズは
この季節がもっとも奇麗な
時期であると思います。

2017_03_17-2
クリスマスローズは妻が
好んで収集しているもので
特段に高価なものは
ありませんが株数で言えば
かなりの数を集めています。

2017_03_17-3
それはクリスマスローズの
咲く風景を作るというより
集めることに楽しみがあるのでは
ないかと私は見ています。
人はそれぞれに楽しみ方があります。

2017_03_17-4
それに対して私は風景を
作ることに関心があります。
例えば落葉樹の下で
春の柔らかな日差しを
浴びてうつむき加減に
ひっそりと咲く風景は
ストーリーを感じて好きです。

2017_03_17-5
夏木立の中で休眠する季節、
来季にそなえて英気を
養っているクリスマスローズも
健気な魅力を感じてしまいます。
この写真は太めの樹幹に
寄り添って咲いている風景です。
春らしい季節を感じます。

2017_03_17-6
プラ鉢に植えられたものは
ややもすると病気に
なりやすいので妻は地植えに
移すことをやっています。

2017_03_17-7
プラ鉢に植えられて元気のない
クリスマスローズは数日前
ジマンダイセンを散布しました。
鉢に白い斑点が付いていますが
ジマンダイセンの散布跡です。

2017_03_17-8
ジマンダイセンは多種類の
植物に対して殺菌効果を示し、
耐性菌を作りにくい殺菌剤
なので私は野菜に庭木にと
散布することが多い殺菌剤です。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



春の庭と薪づくり

2017_03_15-1
春の陽気の中で少しずつ
春らしい庭に変わります。
エリカの花は早春の花ですが
暖かくなるにつれてピンクの
色合いが濃くなって来ました。

2017_03_15-13
クリスマスローズが最盛期です。
寒さにも強く、日当たりの
少ないところでも育ってくれます。

2017_03_15-2
庭木ではサンシュユが咲き始めました。

2017_03_15-3
梅の花が終わるころから咲き始め
三月の終わりごろまで楽しめます。

2017_03_15-4
この写真は昨年の三月です。
ティタティタはどうしたことか
まだツボミのままでですが
寒さが長引いているせいでしょうか。

2017_03_15-5
庭向こうの山に生えたクヌギの木、
斜面での玉切りは時間がかかりました。

2017_03_15-6
小枝、大枝、樹幹を玉切りして積み上げました。

2017_03_15-7
薪割り機で樹幹を割ります。
油圧の力は6トンです。

2017_03_15-8
薪小屋が足りないので
新しく薪小屋を建てるまで
こんな格好で乾燥させます。

2017_03_15-9
腕ほどの太さのものは
ドリルで穴をあけて
椎茸の種駒を埋め込みます。
種駒を900個使いました。

2017_03_15-10
ほだ木の長さは60cm、
種駒は一本あたり
およそ20個打ち込みました。

2017_03_15-11
5月ごろまでシートで覆い、
椎茸菌の増殖を促します。
その後はよしずの下の
涼しい環境で椎茸菌を熟成します。
椎茸が生えるのは来年の秋ごろです。

2017_03_15-12
薪割りは一日では終わりません。
玉切りから薪割りと作業が続いています。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



クヌギの伐倒作業

2017_03_11-1
庭向こうの山裾にそそり立つ
クヌギの木、(黄色の●)
10年前は細くて小さな雑木だった。
夏は前庭に射す西日を遮って
夕方の庭作業を涼しくしてくれた。

2017_03_11-2
晩秋から早春にかけては
落葉して暖かい日差しが射し
四季の変化も感じさせてくれた。
年ごとに大きくなり高さも
20mを超えるほど成長した。
根元の直径は40cmにもなり、
斜面に立つ威容を見上げると
台風などの強風で倒木の
恐れがあり、その際には
小屋の屋根に届くかも知れない、
そんな心配が付きまとうのだった。

2017_03_11-2
伐倒するには木こりとしての
知識や伐倒技術が必要である。
狙った方向に正確に伐倒しなければ
山裾に張られた害獣除けの
金網フェンスや庭小屋を潰して
しまうかもしれないので
ロープで引っ張って伐倒方向の
精度を上げなければならない。
そのためにパワーウインチを買い、
プラスチック製のクサビを買った。
クサビは二つで2,500円、
パワーウインチは2,300円だった。
さらにロープが2,000円だったから
7,000円ほどの出費だった。
繰り返し使うものではないので
無駄な買い物のように思ったが
森林組合に頼んで伐倒して貰う
ことを考えれば安いものだと
割り切って買い揃えたのだった。

2017_03_11-3
写真で見ると小さな木に見える。
しかし、直下に近づいて
樹幹の太さや樹高を見上げると
素人の手に負える気がしない程
圧倒され気持ちが萎えてしまう。
森林作業者の死亡事故は多く、
山の斜面での作業は伐倒する
木の下敷きになったり、
倒れた木がバウンドして
作業者を跳ね飛ばすこともある。
いろんな職種の中でも最も
労働災害の多い職種と言われている。

2017_03_11-4
そんな事故例をネットで調べ、
危険予知能力を高めるために
かなりの時間を割いての作業だった。
枝の張り方が偏っていれば
バランスが崩れて予期しない方向に
倒れることもあるので
偏った大枝を前もって
切り落とす作業も必要だった。

2017_03_11-7
可能な限りの高さにロープを
取り付けて伐倒方向に
2本のロープを張った。
そして倒れる方向に受け口を作る。
受け口は直径の1/3から
1/4程度の深さとし、
斜めに切る部分は30度から
45度の範囲が良いとされる。

2017_03_11-8
次に反対側に回って追い口を切る。
追い口の深さはツルという部分を
残して切り込んでいくのだが
深く切りすぎると意図しない時に
倒木が始まるので注意深く切る。
ツルは直径の1/10残すのが
標準であるがロープで引っ張るので
2/10ほどの厚みでツルを残した。
なお、ツルはドアの蝶番のような
役目を果たし、ゆっくり倒れ始める
効果を示し安全に逃げる時間を作る。

2017_03_11-5
伐倒時はパワーウインチと
耕運機で引っ張って伐倒した。
グイグイと引っ張ると大木が
ダイナミックに予定方向に倒れた。
耕運機を使った理由は
パワーウインチは
引っ張る速度が遅い為であった。

2017_03_11-9
伐倒後に分かったことだが
年輪の境目で割れが生じたので
ツルの部分が設定より薄くなった。
受け口と追い口の高さの差が
大き過ぎることにも原因がある。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



クリスマスローズが旬の季節

庭向こうの山裾に生えたクヌギの大木、
10年前は細腕ほどの小さな木だった。
それが年ごとに背丈を伸ばし
樹幹を太らせて畑や庭に
大きな日陰を作るようになった。
根元の直径は40cm、
これ以上大きくなると素人の手では
狙った方向への伐倒が不可能になる。
何とかしなければと思いながら
森林組合に頼んで伐倒して貰おうか?
いや、2本伐倒すると5万円ほどかな?
自分で伐倒するにはそれなりの知識と経験が
必要だろうと思うと決心がつかなかった。
だが、今の時代は便利な世の中である。
検索語を「伐倒」として動画を見れば
居ながらにしてチェンソーの使い方や
伐倒の方法が手に取るようにして解る。
いわば森林作業体験実習に
参加しているようなものなのである。
伐倒技術の予備学習から伐倒における
事故例などを学ぶのに時間をかけ、
パワーウインチやロープを買い揃えて
なんとか大木を2本片づけた。
その顛末は後日ブログに書くことにする。
2017_03_09-1
そんな作業が長引いて庭作業から
遠ざかっていたのだが気が付くと
クリスマスローズの季節が来ていた。
花壇には水仙が芽を出し始めたばかり、
花壇はまだ殺風景な冬景色だが
そんな庭に春の走りが見え始めた。

2017_03_09-2
地植えのクリスマスローズ、
大した世話もしないけどよく育つ。

2017_03_09-3
小さな株でも数年たてば大株になる。

2017_03_09-4
東側の建物脇で管理する鉢物、
午前中のわずかな時間だけ
日が当たる場所である。

2017_03_09-5
日陰でも花付きが良く夏場は
日陰になる庭木の下で管理する。

2017_03_09-6
花壇は落葉樹の枯れ葉が目立つ。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ