山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2017年05月

5月28日の庭風景

2017_05_28-1
白いつるバラ、雪あかり

2017_05_28-2
手前の白バラは淡雪

2017_05_28-3
淡雪の咲きはじめ

2017_05_28-4
ヤマボウシ

2017_05_28-5
ポールズヒマラヤンムスク

2017_05_28-6
モーツァルトとパレード

2017_05_28-7
雪あかり

2017_05_28-8
ヤマボウシ

2017_05_28-9
ゴールドバニー

2017_05_28-10
南花壇

2017_05_28-11
アンジェラ

2017_05_28-12
ポールズスカーレットクライマー

2017_05_28-13
バレリーナ

 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



ナニワイバラが咲き、セッコクも満開

2017_05_17-1
道路に面した敷地入り口の
菜種の花が終わりタネを
いっぱい付けて今では五月
中旬の風景になりました。
わが地方は内陸部なので
冬の寒さが厳しく
花の季節が沿岸部地方に
比べると半月ほど遅れます。
バラはまだ一輪二輪と
咲き始めたばかりです。
ただし、ナニワイバラと
モッコウバラの二種類は
五月中旬に満開になります。
紅かなめの赤い芽吹きと
ナニワイバラの白い花、
新緑のみどりが映えています。

2017_05_17-2
アプローチを南方向へと
進んでいくと新緑の
コントラストが鮮やかです。
パーゴラの上を這うのは
サマースノーですが
ツボミの白い色も見えません。
五月下旬に咲き始めます。

2017_05_17-3
背の高い落葉樹の幹には
セッコクを吊るしています。
素焼きの鉢にミズゴケを入れ
セッコクを植えていますが
水やりは天然の降雨だけ、
全く世話要らずの植物です。

2017_05_17-4
日本の深山に自生するラン科の
植物でこの季節に一度だけ
花が咲いてくれます。
株が大きくなって来れば
株分けをして増やしています。
フラワーセンターでは
セッコク展が開かれ、
即売会があるので毎年
楽しみにして見に行きます。

2017_05_17-5
南側の花壇は今が見ごろです。

2017_05_17-6
今年も5月初めから
スズメバチのトラップを
栗の木にぶら下げています。
女王蜂が自ら巣づくりを
して働き蜂を育てる季節、
一度目の羽化が終わって
働き蜂が戸外を
飛び回るようになれば
女王蜂は卵を産むことに
専念するようになります。
この季節に女王蜂を駆除すれば
スズメバチの巣を一個
減らすことになるのです。
怖いスズメバチもトラップを
設置することで激減します。
ただし、六月になると働き蜂が
戸外に出るためトラップを
設置するとスズメバチを
呼び寄せることになり
却って危険になります。
だからトラップの設置は
4月から5月いっぱいまでが
適切ということになります。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



五月中旬の庭風景

2017_05_13-1
昨夜から降り始めた雨が
ぐずついて今日は庭仕事が
出来ませんでした。
写真はデッキから撮りました。
右の方にブルーフォーユーが
一輪だけ咲いていますが
今日初めて開花しました。
まもなくバラの季節に入ります。

2017_05_13-2
庭木の新梢が伸びています。
草花の背丈もグッと伸びました。
雨が降るとダレッと垂れて
乱れた花姿になってしまいます。
今年はオオデマリの白い花が
いつになく沢山咲きました。

2017_05_13-3
南側のメイン花壇です。
色とりどりの草花が咲き乱れ
初夏の庭らしくなっています。

2017_05_13-4
近づいて撮ると花に圧倒されます。
少し込みすぎてこれからの季節、
蒸れが生じてしまうのではないでしょうか。

2017_05_13-5
ニセアカシアはフリージアとも言われます。
細い枝に花が咲き乱れ重そうです。
雨水の重みで垂れてしまうのです。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



次々に咲いています

2017_05_11-1
しばらく良いお天気が続くと
バラのツボミが大きく膨らんで
咲き始めています。
2年前に植えたコクテールです。

2017_05_11-2
雨の降った翌日になると
一気に花が開き始めました。
このバラは四季咲き性なので
秋まで咲き続けてくれます。

2017_05_11-3
ナンジャモンジャの白い花が
満開になりました。
台湾、中国、朝鮮半島、日本など
亜熱帯に自生する植物で
別名、ヒトツバタゴとも言います。
花のあとは大豆ほどの実が生ります。
今朝、5月10日の神戸新聞に
三田市あかしや台のある庭に
咲いている記事がありました。

2017_05_11-4
ニセアカシアの黄色い葉っぱが
出たと思ったらすぐに花が咲き、
そのあとは豆がなります。
マメ科の植物なんですね。
黄色味を帯びた葉っぱが
新緑の季節によく似合います。

2017_05_11-5
ジャクリーヌデュプレも
咲き始めたのですが
ジマンダイセンの薬剤散布の
白い斑点が残って台無しです。

2017_05_11-6
木漏れ日の入る花壇では
えびねが咲いていました。
季節感を感じさせる花です。

2017_05_11-7
いろんな種類のオダマキも
満開になりました。
四季を通じて今が
一番素敵な季節だと思います。

2017_05_11-8
ラン科の植物でセッコクです。
とても育てやすい植物です。
雨水だけあれば水やりは不要、
ミズゴケやヤシの繊維で
植え付け、あとは放任しています。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



ナニワイバラとモッコウバラが咲く風景

2017_05_09-1
大型連休が終わりました。
閑静だった道路に再び
通勤の車列が並びます。
やっぱり静かがいいです。
ところで近いうちに
大阪まで出向きたいと
思っています。
日本橋のでんでんタウンまで
行きたいのです。
無線機の修理部品を
通販で購入したのですが、
電気製品が小型化すると
電子部品も小型化して部品の
足間隔が合わないのです。
通販では実際の大きさが
解らないので直接に目で見て
購入するしかないのです。
無線機5台中の2台がまだ
修理出来ていないので
なんとか直してしまうまで
意地でも頑張るつもりです。
ところで庭にも新緑が
出そろいました。
2017_05_09-2
そしてバラの季節がやって来ました。
ナニワイバラがここ二、三日のうちに
花が沢山開き始めました。

2017_05_09-3
ナニワイバラといえば原種に近く、
ツルには鋭く頑丈な棘が
荒々しくついています。
そのため厄介者のイメージが
あるのですが花は白地の中輪で
中心部がほんのりと黄色く
とても優しい感じの花が咲きます。
冬も葉っぱが落葉しないバラです。

2017_05_09-4
一方、モッコウバラは棘がなく、
冬になっても落葉せず、
花以外にみどりとしても楽しめます。

2017_05_09-5
アプローチ入り口のモッコウバラです。
昨年の花後に大胆に剪定を施したのですが
まだまだ剪定が足りなかったのか
パーゴラの上部はこんもりと茂っています。

2017_05_09-6
ランブラー種になるのでしょうか、
ツルはとてもよく伸びて
放任すると手が付けられないほど
伸びて暴れまわります。

2017_05_09-7
アプローチに垂れ下がったツルに
花が咲いて優雅な雰囲気です。
花が終わり6月中旬になると
スカスカになるくらいに剪定します。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



花盛りの庭

2017_05_06-1
五月のさわやかな風が
田舎の集落を包み込みます。
囲む山々は黄緑色に萌え
田植え前の田んぼで
優雅にツバメが飛ぶ姿を
見るとこの季節ならではの
やさしい風情が漂います。
ビバーナムスノーボールが
今年もたくさんの花を
つけてくれました。
樹高が2mを超えてくると
風格が備わって来ました。
この植物の葉っぱは食味的に
美味しいのでしょうか。
気が付けばレース状に
虫食いが始まっていました。
あわててスミチオン乳剤を
散布し、ついでにバラ達にも
散布しておきました。
この季節は虫の食害の季節です。

2017_05_06-2
わが家にもモッコウバラの
季節がやって来ました。
モッコウバラとナニワイバラは
一般的なバラに先駆けて咲きます。
私が自作した小屋と
屋根付きデッキに絡ませています。

2017_05_06-3
庭小屋前の花壇に
レースフラワーが
咲き始めました。
こぼれタネで勝手に
生えたのですが
雑草と区別して
残してたら沢山の株が
群生状態になりました。

2017_05_06-4
オダマキも植えたつもりが
ないのに勝手に生えて咲きました。
葉っぱが独特なので除草作業の
時に区別して残しやすい植物です。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



不安な毎日です

北朝鮮とアメリカとの軍事情勢が
にわかに怪しくなって来ました。
とても恐ろしく不安な気持ちです。
アメリカが軍事圧力を強めれば
北朝鮮側も核をちらつかせて
牽制しています。
この先の落としどころは
どうなるんでしょうか。
日本は憲法九条で不戦の誓いを
している筈でしたが安保法制の
解釈変更による日米同盟では
アメリカが戦争状態になれば日本も
戦争に巻き込まれることになります。
憲法解釈の国会審議では「日本が戦争に
巻き込まれることはありません」
このように説明した安倍総理の
答弁は何だったのでしょうか。
アメリカが北朝鮮への
軍事力行使に出れば韓国や日本は
戦禍の真っただ中に置かれます。
何百万人もの兵士や一般市民が
犠牲になると識者は予測しています。
憲法解釈の変更は本当に日本国民に
とって正しい方向になるのでしょうか。
現憲法が専守防衛を謳っています。
戦争が出来る国になる必要はないのです。
世界が戦争、戦争へと
歩んでいる気がします。
そんな時代に憲法解釈を変更する
必要など無かったのでは無いでしょうか。
軍事力行使を抑止する国際社会を
強めて行かなければなりません。
何ら憲法解釈など変更する必要は
なかったのではないかと思います。
まして憲法9条を改正する事など
とても危険なことだと思います。
政権の歩む方向が戦前に戻って
いるように思えてなりません。

2017_05_03-1
さて、シマトネリコの樹幹のまわりで
クリスマスローズと丹頂草が
競合するように咲き競っていましたが、
季節は初夏に入り主役の座が
変わってきたようです。
ホスタが葉っぱを大きく伸ばし始めました。

2017_05_03-2
裏庭の方へ退避させていた鉢物です。
鉢物が多くて置き場所がないのです。
鉢物は毎日の水やりも大変ですので
少し減らさなければと思っています。

2017_05_03-3
冬の間は緑が少なかった花壇ですが
地肌が見えないくらいに葉っぱが出て
にぎやかな花壇に変わってきました。

2017_05_03-4
私は夏野菜の植え付け準備に
忙しくて今日は耕運機を使て
畝づくりに精を出しました。
牛糞や鶏糞の元肥を施すのは
力が必要なので大変でした。
なんとか畝づくりも出来たので
明日は野菜苗を買いに
JAまで出かけます。
サツマイモの植え付け畝も完成し
私はいよいよ畑の仕事が主となります。
妻は毎日花壇に入って花苗を
植えたり雑草取りに忙しそうです。

2017_05_03-5
バイモユリやムスカリは
もう終わりですが4月の
ブログに登場できなかったので
季節がずれていますが今日の
ブログで登場して貰いました。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ