山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

2017年08月

申し訳ありません

写真は今年の五月下旬です。
八月の庭を撮りたいのですが
帯状疱疹による左腕の痛みが
酷くて庭は雑草が丈長く
生えていますが除草の
意欲もありません。
腕の痛みは
庭の手入れをする意欲も
萎えさせて憂鬱な日々を
送っているこの頃です。

ブログも永らく休みました。
それでも来てくださった方々は
拍手やコメント、ポチの
応援をくださっています。
そんなご厚意に対して
お応え出来ないので申し訳ない
気持ちでいっぱいです。
月末になると発症から3週間に
なるのですが医院の先生は
痛みから完全開放されるのは
年単位の患者さんもあると
聞かされてうんざりしています。

今日は拍手が増えているのを知り、
なんとか更新しなければ。。
そう思ってブログを更新しました。
私の気持ちを察して頂ければ
幸いでございます。
2017_08_26-1
五月の下旬ごろは花が咲き乱れ、
庭草もなくてすっきりしていました。
この季節はバラのほかにも
セッコクが奇麗に咲く季節です。

2017_08_26-2
セッコクは日本の
深山渓谷に自生する
ランの一種です。
岩や樹肌に根を張って
育つそうなのです。
わが家ではミズゴケに
根っこを包んで
素焼き鉢に入れ、水やりは
自然の降雨だけです。

2017_08_26-3
つるバラではサマースノーや
雪明りの小さな花が咲きました。
手前のつるバラは淡雪です。
花壇ではジギタリスが見えます。

2017_08_26-4
手前のつるバラは雪明りです。
奥にジギタリスが咲いています。

2017_08_26-5
手前ではモミジの若葉が、
奥ではモッコウバラが
咲き乱れています。

2017_08_26-6
道路に出てわが家の
西側を撮りました。
菜種にタネが付き畑に
植えたレッドロビンが
赤い若葉を出しています。
畑は雑草が伸びています。

2017_08_26-7
雑草を取り除いて
畑に畝を作りました。
その後、畝には
サツマイモを植えました。

2017_08_26-8
わが家には公園樹として
使われるモミジバフウが
3本あります。
2本は地植えですが
高さを抑える剪定が
毎冬大変な作業です。
このモミジバフウは
タネが根っこを出して
生えていたので鉢に
取り上げ育てています。
ずっと鉢で育てるつもりです。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



その後。。。である

帯状疱疹が発症したのは
八月九日だからそれから
数えて11日目になる。
水疱瘡の菌は神経組織の
集まる部位に何十年間も
潜んでおとなしくしている。
過労やストレスが重なり、
体の免疫力が弱った隙に
活動を始めて帯状の疱疹が
左右どちらか半身に現れる。
その病気が帯状疱疹である
半身にだけ現れる理由は
神経が左右で別だからである。
この病気は発症すると骨に
ジンジン響いて非常に痛い。
治療は抗ウイルス薬があり、
薬の使用は一週間以内である。
それ以上の使用は薬害が
あるからだろうと思われる。
勿論痛みを止める鎮痛剤の
使用があるが完全に痛みを
抑えることは出来ない。

11日目の今日も痛みが激しく
朝食後に飲んだ鎮痛剤は
およそ9時間ほど効いている。
3時ごろから夕食後までの
4時間ほどは服用なしで
我慢するしかないのである。

そんな毎日だから庭の写真を
撮るどころの話ではない。
エアコンの効いた中で
おとなしく体を休めるしかない。
ブログも久しく出していない。
それでも拍手を下さったり、
コメントで励ましてくださるお方が
いらっしゃるので痛みもあるが
ブログを更新することにする。
2017_08_19-1
写真は昨年のお盆の頃である。
この場所には今年も同じような
花が咲き風景も昨年と変わらない。
ミニヒマワリやテラトテカ、
ガイラルディアが咲いている。
お盆になれば今は亡き父母、弟、
叔父、叔母を思い出すのである。
二度と帰らない思い出にボーと
しながらいっときを過ごす。
私の余生は何年残っているか
知ることはないがやがて
その時のを迎える日が来る。
残された余生をどう生きていくか、
健康維持に努め常に前向きに
過ごしていきたいと思うのである。
2017_08_19-2
ルドベキアがフェンスの外まで
はみ出して咲いている風景は
昨年も今年も同じである。
フェンス外側の草を刈るとき、
雑草と区別して残すのも
面倒なことだけどこれだけの
ボリューム感で咲くととても
刈り取ってしまうことは出来ない。
2017_08_19-3
昨年の今頃に咲いた
コレオプシスである。
宿根草だから厳冬を
難なく超して夏に
なれば圧倒される
勢いで咲いてくれる。
2017_08_19-4
今年のヒマワリは苗の
植付け時期が早かったので
お盆のこの時期にはすでに
終わってしまった。
ヒマワリは大柄なので植える
場所が限られてしまうが
夏らしい風景を作って
くれるので私の好きな花だ。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



眠れない夜が続いています

2017_08_12-3
暑い夏がつづいています。
暑さ疲れのせいでしょうか、
左胸から左上腕部にかけて
痛みがひどく、しかめっ面を
してしまうほど強い痛みがここ
数日間にわたって続いています。
かかりつけの内科では服用薬の
副作用ではないかと言われ
15日に採血検査を
することになったのでした。
だが診察の日の夜から耐え難い
痛みが走って眠れなかったので
次の日は別の医院に行きました。
その日は木曜日、ほとんどの
医院が休診日です。
そこである外科医院は木曜日と
土日が診察になっているので
せめて痛み止めの薬だけでもと
診察を受けに行きました。
診察結果は私の予想とは全く違う
病名の帯状疱疹だったのです。
神経の集まるところに潜伏する
水疱瘡ウイルスの仕業で
痛みが酷いことがわかりました。
そしてこの病気は過労、
ストレスなどで体が
弱っているときに発病
することもわかりました。
三種類の薬を処方戴き
痛み止めは朝夕二回飲んでいます。
朝に飲んだ痛み止めはおよそ
9時間ほど効き目があります。
朝夕飲んで18時間ほどですから
あと6時間は痛みを堪えています。
夜中の3時ごろから痛みが始まり
夜はあまり眠れない状態です。
あと数日で治ればいいのですがね。
とても辛い夏の日が続いています。

2017_08_12-2
ブログの更新が遅れました。
いい加減なブログですが
毎日来てくださって励ましの
ポチをしてくださっています。
そんなお方に
申し訳ないと思いつつ
今日はブログを出しました。
写真の一枚目は
アメリカビョウブです。
鉢植えで育てていますが
大きくなりました。
八月にピンクの穂状の花を
咲かせてくれます。
暑い夏は草花も疲れて元気が
なく咲いてくれませんね。
そんな夏に咲いてくれる
貴重な花なんです。
庭のシンボルツリーに
したい花木だろうと思います。
そして上の花はムクゲです。
この花も夏の花ですね。
ある程度大きくなりますので
わが家では鉢植えにして
管理をしています。
茶花としても使われるそうです。

2017_08_12-1
この写真はコスミデュームです。
この季節になると花丈も伸びて
ぐったりとしています。
暑さで蒸れもあるのでしょう。

変わったニュースとして
秋の収穫を楽しみにしていた
サツマイモ畑にイノシシが
入り全滅しました。
そのことに気づいてから
数日後にこんどはカボチャが
荒らされてしまいました。
集落の山の麓には害獣除けの
ネットフェンスが張られて
いるので絶対にイノシシは
侵入して来ないものと
安心していました。
私がネットフェンスに侵入口が
有るのか見回りをしたところ
ネットの足元が掘り返され、
そこからイノシシが侵入
したものと察しました。
侵入出来ないようにネットには
ネット返しがつけられてピンが
打ち込まれています。
でもイノシシも必至です。
食べるために硬い石の土を
掘り返しネットの下から
潜って侵入していたのです。
もちろんその部分は
補修しておきましたが
また別の場所から
侵入するかもしれません。
イノシシは困った者です。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



夏の花写真とクラちゃんのこと

 2017_08_02-1
今日は湿度が若干ではあるが
低かったので昨日のような
うだるような暑さはなかった。
連日の暑さ続きで体調が狂う。
新潟県糸魚川市の午前10時頃の
外気温が24℃であることを
短波帯の無線交信をして知った。
同じ日の熊本県では37℃、
テレビニュースで報じていた。
地域によって随分違うものだ。
2017_08_02-2
わが家の夏季の電気代は
春秋に比べると突出している。
その原因はクラちゃんという
暑がり屋が居るからである。
人間は暑さ寒さに対して
被服で調整が出来るが
クラちゃんは春夏秋冬いつも
重厚な毛皮コートを着ている。
そのせいで兎にも角にも
夏は大の苦手である。
2017_08_02-3
犬は動物の中でも短命である。
それは暑さのストレスが
影響しているそうである。
そんなクラちゃんが
可哀想だからと朝から冷房の
効いたリビングで過ごさせる。
午前中、私たちは冷房が無くても
我慢が出来るのに。。。である。
夜の就寝時もそうである。
私たちが就寝する時間帯も
3時間タイマーを設定する。
そんなクラちゃんの現状を
近所で話したことがある。
返ってきた言葉は
「なんと贅沢な犬なんだ」だった。
2017_08_02-4
それはそう思うだろう。
犬を家族と思わずに犬と
認識していたら
「なんと贅沢な犬」と思うのが
当たり前だと私も思う。
でも長年飼っていると
犬は家族を通り越して私たちの
子供そのものなのである。
2017_08_02-5
クラちゃんは今年の九月で
十五歳になるシェットランド
シープドッグ、略して
シェルティとも呼ばれている。
コリーの小さいサイズを
想像してもらえば犬種がわかる。
毛の長いコートを着ている。
最近は散歩も少し歩くとすぐに
お座りしてしまう老犬である。
2017_08_02-6
そんな老犬がこの暑い夏を
元気に越してくれるだろうかと
心配をしているこの頃である。
歩くことは苦手になってしまったが
食欲は極めて旺盛であるので
16回目のお正月は迎えられるかな?
人間の年齢に換算すれば
もう90歳相当の老犬である。
クラちゃんが居るから私たちも
穏やかで元気な日々を過ごせる。
今朝も涼しいうちにと6時に散歩に出た。
可愛くて従順な犬である。
まだまだ元気に生きてほしい。
2017_08_02-7
さて、今日もアマチュア無線のことを
少しだけアップしておこう。
ヤフオクでディップメーターを
落札したが20年ほど前に
自作をしてみようと買っておいた
部品が残っていたので回路を
試しに作ってみたところ
なんとか実用になりそうな動作をした。
塩ビ管を5cmに切り、
エナメル線を50回巻いて
ディップテストをしている場面。
2017_08_02-8
高周波発振の波形である。
1.67MHzから4.6MHzの
可変が出来る発振回路である。
周波数が高めに変わると
振幅が減衰するのは電界
効果トランジスタの高周波
特性が悪いからだろう。
今日はVHF帯に使える
ものを発注しておいた。
こんなことが
楽しくて堪らない毎日である。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 今日はクラちゃんの誕生日
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 左手がまだ痛いけど
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • 申し訳ありません
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • その後。。。である
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ