2017_05_17-1
道路に面した敷地入り口の
菜種の花が終わりタネを
いっぱい付けて今では五月
中旬の風景になりました。
わが地方は内陸部なので
冬の寒さが厳しく
花の季節が沿岸部地方に
比べると半月ほど遅れます。
バラはまだ一輪二輪と
咲き始めたばかりです。
ただし、ナニワイバラと
モッコウバラの二種類は
五月中旬に満開になります。
紅かなめの赤い芽吹きと
ナニワイバラの白い花、
新緑のみどりが映えています。

2017_05_17-2
アプローチを南方向へと
進んでいくと新緑の
コントラストが鮮やかです。
パーゴラの上を這うのは
サマースノーですが
ツボミの白い色も見えません。
五月下旬に咲き始めます。

2017_05_17-3
背の高い落葉樹の幹には
セッコクを吊るしています。
素焼きの鉢にミズゴケを入れ
セッコクを植えていますが
水やりは天然の降雨だけ、
全く世話要らずの植物です。

2017_05_17-4
日本の深山に自生するラン科の
植物でこの季節に一度だけ
花が咲いてくれます。
株が大きくなって来れば
株分けをして増やしています。
フラワーセンターでは
セッコク展が開かれ、
即売会があるので毎年
楽しみにして見に行きます。

2017_05_17-5
南側の花壇は今が見ごろです。

2017_05_17-6
今年も5月初めから
スズメバチのトラップを
栗の木にぶら下げています。
女王蜂が自ら巣づくりを
して働き蜂を育てる季節、
一度目の羽化が終わって
働き蜂が戸外を
飛び回るようになれば
女王蜂は卵を産むことに
専念するようになります。
この季節に女王蜂を駆除すれば
スズメバチの巣を一個
減らすことになるのです。
怖いスズメバチもトラップを
設置することで激減します。
ただし、六月になると働き蜂が
戸外に出るためトラップを
設置するとスズメバチを
呼び寄せることになり
却って危険になります。
だからトラップの設置は
4月から5月いっぱいまでが
適切ということになります。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。