2017_11_25-3
兵庫県内陸部に位置するわが集落、
今朝の最低気温は2℃だった。
11月上旬の最低気温が10℃前後
だったが今朝の寒さになると
耐寒性の弱い植物をデッキに
上げて夜になると室内に移動する。
冬の季節はこれが私の日課になる。
これから4か月間の日課を怠ると
植物は寒さに萎え枯れてしまう。
大変なことだけどやるしかない。

2017_11_25-2
妻は自分で種まきして育てた
パンジーの苗を花壇に植えている。
どこで貰って来たのか?馬糞を
苗のまわりに敷き詰めている。
妻曰く今年の苗は育ちが悪いという。

2017_11_25-1
今朝10時ごろの外気温は9℃、
穏やかに晴れて無風状態なので
さほど寒くはないが焚火が恋しい。
壊れた木製オベリスクを燃やして
しばらく暖をとってから作業に入る。

2017_11_25-4
今日の作業は花壇の中の
枯れ葉を取り、地植えの
足元から出たヒコバエを
地際から切り取る作業。

2017_11_25-5
寒さで萎えたパイナップルリリー、
これも地際から切り取ってしまう。
上の写真は今日の作業前に撮ったもの。

2017_11_25-6
右上の花壇内の枯れ葉を取り、
ヒュウガミズキの足元から
出たヒコバエを始末する。
ヒコバエを処理しなければ
本来の樹幹に養分が回らないので
花や実の生る数が減ってしまう。
ジューンベリーも手を入れておこう。

2017_11_25-7
春になるとこのように緑と
花に覆われて美しくなる。
冬の作業は春を迎えるために
ぜひやっておかなければ
ならない作業なのである。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。