2017_12_02-1
10月台風21号は屋根瓦を飛ばし、
松の大木を倒して境内の玉垣を損壊し
カーポートの屋根を壊すなどわが集落
ではその被害は近年にないものがあった。
わが家でも家屋の損壊で建設会社に補修
工事をしてもらったがその額35万円也、
また庭では多くのコニファーが傾いたり
写真のようにナニワイバラがオベリスク
ごと倒されてオベリスクの廃棄を
余儀なくされる始末であった。

2017_12_02-4
ナニワイバラは道路側フェンスに
絡ませた一部分を残して大半を
撤去し変わって四季咲きつるバラを
植えて鉄製オベリスク立てた。

2017_12_02-5
かくしてナニワイバラのあった
場所はこのように変わった。

2017_12_02-6
つるバラの名前はバレリーナ、
小輪で中央部が白でピンクの
縁どりのある穂状の小輪咲き
であってよく似た品種に
モーツアルトがある。
両者の違いは前者に比べて
後者はピンクが少し濃い。

2017_12_02-7
写真手前は残ったナニワイバラ、
フェンスのみに絡ませるつもりだ。

2017_12_02-8
このように5月上旬になると
カップ咲きの花がびっしり咲いた。
一季咲きであるため花を観賞するのは
およそ一週間という短い期間だった。

2017_12_02-9
そんなこともあって思い切って
全体を再生させることは諦めて
四季咲きつるバラを植えたのだった。
ただナニワイバラは常緑のバラで
緑を一年中保てる良さはあった。