2017_12_09-1
妻が鉢植えにして放置していたバラ、
ツルが伸びているので
ネットで調べてみると
伸長2m程度のつる性だった。
その名は淡雪、白い小輪一重咲きである。
鉢植えのままツルバラを楽しむ方法を
考えてみたのがこの方法だった。
椅子状の台に鉢を置きネットを
取り付けてツルを這わせる簡易な方法。

2017_12_09-2
昨年は植え替えをしなかったので
今年は植え替えてやろうと思った。
鉢植えの場合は毎年植え替えるのが
理想だそうだがサボって隔年植替え。

2017_12_09-3
台から鉢ごとバラを外した。
ペンキが剥げ落ちて傷みが
ひどいので軽く掃除を
して再塗装をすることにする。

2017_12_09-4
小さな鉢なので根が
びっしりと詰まっている。
この状態で春を迎えても
樹勢が弱り満足な花にならない。
熊手で掻きながらホース水で
土を洗い落とす作業が必要。

2017_12_09-5
用土は市販のバラ専用の土、
植替えは空洞が出来ないように
ブラ竹で用土を丁寧に突き
最後はたっぷりと潅水する。

2017_12_09-6
初冬の日の入りは早い。
台のペンキ塗り作業を
残して今日はここまで。
来年の春はまたこのような
花が見られることだろう。