2018_01_20-1
週の中頃から三月上旬のような
暖かな日が続きました。
わが家の敷地入り口では
マホニアチャーリーの
黄色い花が咲き始めました。
新年になって真っ先に咲くのが
マホニアチャーリーです。
次にマンサクが咲き始めます。
正月頃から厳しい冷え込みでした
そして先日来は南から暖かな
風が入り雨が降りました。
植物はちょっと季節を勘違い
したのでしょうか?
山裾の落葉樹はつぼみが
動き始めたみたいで赤みを
帯びてきたように見えています。
春の足音が聞こえるようです。

2018_01_20-2
今年は寒さが厳しいですが
植物の芽吹きは予想より
早くなるのではないでしょうか。
つるバラの剪定や誘引、
寒肥の施肥は終わりました。
鉢植えのバラの植え替えは
半分が終わったところです。

2018_01_20-3
コンパクトな無線機は部品も
小さいので拡大鏡で見ながら
半田付け作業をします 。
米粒より小さいトランジスタや
ダイオードの扱いは慎重にやります。

2018_01_20-4
ガーデニングばっかりでは
体が疲れてしまいます。
朝の寒い時間帯には庭小屋の
シャック(無線室)に入って
無線機の修理をしたり、
無線の交信を楽しんでいます。

2018_01_20-5
無線交信をするとご覧のような
QSLカード(交信証)を交換します。
コールサインと交信の時刻、
電波の伝搬状況などを書き込み
アマチュア無線連盟経由で
交信証を交換するのです。
私は5種類の交信証を発行します。

2018_01_20-6
そして今日の午後の仕事は
サクランボの大枝を切りました。
木が大きくなって梅の木に
日光が当たらなくなったからです。
サクランボは毎年沢山生りますが
ヒヨドリがほとんど食べます。
高い木なので私たちは高枝切りばさみで
わずかに収穫して食べるだけです。
そういう理由で梅の方が大切なのです。

2018_01_20-7
切り落とした大枝ですが作業は
これからが大変なのです。
このままでは焼却できませんので
焼却しやすい長さに切るのです。

2018_01_20-8
細い枝は剪定ばさみで
簡単に切れるのですが
太い部分は折りたたみの
小さなのこぎりで切るのです。
この作業が大変つらいです。
今日は筋肉痛がしています。

2018_01_20-9
そしてこちらはスモモです。
徒長枝が上に沢山出ています。
木の背丈が高くなると
消毒や収穫が難しくなります。

2018_01_20-10
今の時期は花芽がはっきりと
出ていますので着果しそうな
花芽を残しながら剪定しました。
三月ごろにはフクロ実病を
予防する殺菌剤を散布します。
春に向けてやることは多いです。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。