山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

趣味の木工工作

完成が近づいた

2016_12_01-1
停年退職後に始めた木工工作、
まず始めたのはわが家敷地の
周りを囲むフェンスだった。
それから庭に小屋を4棟建てた。
アスファルトシングルの屋根葺き、
木製ドアや窓建具の製作など
ネットで調べて試行錯誤を繰り返し
なんとか完成する事が出来た。
テーブルや電子レンジ台や
テレビ台など台なるものは製作中の
ものを含めると7脚にもなる。
材木はパイン材、柔らかくて加工が
容易だから素人向きの材木である。
ツーバイ材を半分に縦挽きして
テーブル本体の構造部を作った。
全体が重くなるので分解して運べる
ように棚板や天板は外せるようにした。

2016_12_01-2
天板の裏側の構造である。
両端の枠木は天板を繋ぐ為。
裏返して前出の上部に乗せれば
棚板2段と天板の三段棚台である。
レンジや炊飯器を乗せる台になる。

2016_12_01-3
今日は脚部のサンドペーパーをかけ、
角に丸みをつける作業だった。
天板のまわり四辺はトリマーを
使って角を丸くしたのだが、
写真は作業前のため角とりは無い。

2016_12_01-4
さらに400番のサンド
ペーパーをかけた後に
ウレタンニスで仕上げる。
11月16日から毎日
4時間程度の作業してきたが
漸く完成に近づいた。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



薔薇が突然枯れたので気分転換に木工作業

2016_07_21-1
5月下旬の頃に綺麗だった
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール、
大苗を植えて5年目だった。
やっと小屋の庇に誘引出来て
これからが楽しみだと思っていたら、

2016_07_21-3
梅雨が明けると突然枯れてしまった。
照りのある葉が元気そうだったのに
突然に枯れるなんて何故なんだろう。
昨日マムシを退治したタタリだろうか、

2016_07_21-2
枯れた原因は分らないが株もとを
調べてもテッポウムシの
食害の痕跡も見当たらない。
モグラのトンネルで根が
浮いてしまったのかと思って
土をパイプで突いてみたが
その痕跡もなかった。
諦めてツルを株もとから伐採、
早めに切っておくと株もとから
新しいシュートが出て来ないかと
僅かな望みを託してこんな姿に。

2016_07_21-4
もしもシュートが出て来なかったら
それこそ諦めて新しいツルバラを買おう。
株もとの伐採は思い切った決断だった。

2016_07_21-5
バラ枯れのショックを紛らわそうと
久しぶりに木工作業に没頭する。
作る物は小さな立て看板である。

2016_07_21-6
来客が土足でデッキに
あがって来るので
「靴を脱いでおあがり下さい」と
立て看板を置くことにしたのだ。
写真は土足の靴跡である。
男性用運動靴の足跡のようだ。

2016_07_21-7
黒い油性ペンキを塗った。
漆塗りのような光沢を期待したが
ペンキが乾くとやっぱりペンキの艶だった。

2016_07_21-8
背後から見るとこんな感じだ。

2016_07_21-9
取り敢えずチョークで書いた。
油性のホワイトマーカーを
買ってきて書き直すつもりだ。
シンプルに「土足厳禁」にするか
この文言にするか、迷うところである。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



マガジンラックをDIYで、文字列も入れたいな

2016_04_03-1
カントリーフェスタin三木では
素敵な木工品が並んで私の
製作意欲を刺激してくれた。
その興奮が冷めやらぬ内に
かねてより作りたいと思っていた
マガジンラックを製作することに。。
そこで随分以前にホームセンターで
買い置きしていた端材を取り出して
作業を始めたのだが出来上がりの
イメージが湧かなくて。。。
なかなか作業に着手できず、
時間ばかりが刻々と過ぎてゆく。
雑誌「私のカントリー」を
ペラペラめくりながら完成の
イメージを探し求めることに。

2016_04_03-2
やっと完成イメージを探し終え、
作業を始めた場所は工房ならぬ
レンガを敷き詰めたアプローチ、
直射日光に照らされると4月上旬と
言えど額から汗が出てかなり暑い。

2016_04_03-3
ラックは奥行きがあるので
まずは板を2枚つなぎあわせる。
凹凸のある羽目板なので簡単だが
ボンドが乾くまで少々時間がかかる。

2016_04_03-4
木取りを終えたら時間は5時、
今日は娘が帰ってくるので
夕食の時間は少し早めになる。
ちなみに娘は3か年間の海外での
任官を終え3月23日帰国していた。
帰国後に辞令をもらって職場に
着任し週末に久しぶりに帰省した。

2016_04_03-5
マガジンラックが完成したら
ステンシルで文字を入れたいと
思っているのでパソコンで
文字列をプリントアウトする。

2016_04_03-6
ステンシルプレートは百均で
購入したプラ板を使用する。

2016_04_03-7
イラストを入れることもあるので
写し絵用にカーボン紙も買った。

2016_04_03-8
ステンシルシートはプラ板の下に文字列を
置き上からカッターナイフで文字列を
切り抜くのだが注意点がいくつかある。
つくり方はネットで丁寧に説明してある。
わからないことはネットで解決できる。
続きは後日のブログで発表することに。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



カントリー雑貨とステンシル

2016_03_10-1
私は木工作業が好きである。
カントリー雑貨のイベントに行くと
作りたいと思える雑貨に出会える。

2016_03_10-2
それらの中には時間をあまり
かけないで出来るものがある 。
作品に文字を入れることで
見映えが向上する。
格好良く見せるために
新しいジャンルに
挑戦しなければならない。

2016_03_10-3
それはステンシルプレートの
作成とその使い方である。
雑貨イベントを見れば
ステンシルプレートは
いろいろ出ているが
ほとんどはWELCOME、
GARDENなどである。
もう少しオリジナルな文字を
作成したいと思えば自分で
ステンシルプレートを
作るしかないのである。

2016_03_10-4
ステンシルプレートを自分で作る
ために百均で適当な材料を探した。
クリアーファイルにパソコンで
プリントアウトした文字を挟み、
カッターナイフで切り抜けばできる
だろうと百均ショップで材料を探した。

2016_03_10-5
写真に出ているような木工作品に
文字を入れるだけで素敵に見える。
いま私はそんなことに興味をもっている。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



描いたプレートを庭に飾る

2016_03_08-1
カントリー雑貨のイベントで
買ったステンシルシート、
たくさん買ったのだが今日は
そのうちの2枚を使うことに、

2016_03_08-2
壊れたコンテナボックスの
板を使ったステンシル。
再利用の板なので汚れている。
この汚れがアンティークの味、

2016_03_08-3
ターミナルは小屋に張り付けて。
駅舎にはとても見えないけれど、

2016_03_08-4
文字と小屋の関連は何もない。
見る人が何を思うのか?
単なる雑貨と理解してほしい。
まるで子供の遊びのようだが
ガーデナーは本気に取り組んだ。

2016_03_08-5
ヒューストンとはアメリカの
NASA航空宇宙局のある地域、
ここに張り付ける意味は何もない。

2016_03_08-6
単に飾りと理解してほしい。

2016_03_08-7
カーブミラーというか、
安全確認ミラーというか、
カーブミラーは鏡面が
カーブしているからカーブ
ミラーと言うのだろうか、

2016_03_08-8
道路に面したここは多くの
人の目に晒される場所である。
ガーデンの文字はある程度、
意味が分かってもらえそうだ。

2016_03_08-9
ナチュラル・スタイル・365。
365日、自然スタイルな暮らしである。

2016_03_08-10
アメリカのナンバープレートは
こんな表記の仕方なんだろうか、
ノースカロライナ州のものだ。
ちなみにカントリー雑貨の
イベントで買ったものである。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



薔薇にワイヤーネット張り&初めてのステンシル

2016_03_04-3
ホームセンターに行って
ワイヤーネットを6枚と
ツーバイ材18本を購入しました。
貸出車を借りて運びましたが
貸出車を借りると店員さんが
積み込みを手伝ってくれました。
そこまでサービスが付くと本当に
感謝の言葉しか見つかりません。
店員さん、有難うございました。

2016_03_04-2
購入後、暫く軒下に置いていると
雨で濡れた部分が少し錆ていました。
塗装をしてもいずれは錆びると
思いますが初めから何もしないのでは
いい加減すぎると思い塗装をすることに。
以前は刷毛で塗っていたのですが
あるブログを拝見していると
スプレーは塗料の無駄が多くなる。
スポンジで塗るとスピーディに
濡れると紹介されていました。
そこで私は百円ショップで
写真のような塗料用トレイと
塗装用ローラーを買いました。
216円は安い買い物です。
ローラー部分は取替え用の
3個入りスペアーがあります。
使ってみると刷毛で塗るより
スピーディに作業が進みます。
ラティスなどもこれだと楽に
作業が出来そうな気がします。
塗り方は丸棒の上をコロコロ
動かすだけなので塗料が跳ねて
服を汚すことも少ないです。
作業を中断する時はトレイに水を
張ってローラーを漬けておけば
硬くならず再使用出来ます。

2016_03_04-1
実はここにはツルバラ、ピースが
這っていた場所なのです。
昨年の秋に株もとをコウモリガに
食害されて枯れてしまったのです。
今年は此処にCLコクテールとCL
アイスバーグの2本を這わせます。
因みにCLとは
クライミングローズのことです。
でもここまで大きくなるには
3年後くらいになるでしょうね。

2016_03_04-4
そしてステンシルですが木工作品に
ステンシルで文字を入れたいと思い、

2016_03_04-5
ステンシルシートを何種類か
購入し、ポスターカラーと
細い絵の具の筆を準備しました。
ステンシルシートは250円、
雑貨屋さんで購入したものです。
ステンシルシートを木工作品に
マスキングテープで貼り付けて
上からポスターカラーを薄めずに
そのままだポンポン叩くように
塗りつけたのですが失敗でした。
切り抜き文字の裏側に
ポスターカラーが浸潤して
文字がつぶれてしましました。
ネットでやり方を調べると
スポンジで塗料を塗る方法が
紹介されたいました。
次回、スポンジで再挑戦します。
上手く出来たらブログで再度
取り上げたいと思います。

2016_03_04-6
最後ですがビオラって可愛いですね。
パンジーより数段小さくてキリッと
引き締まって見えるのがいいです。
私はパンジーよりビオラの方が好きですね。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



飾り棚が完成した

2016_02_23-1
カントリー調の飾り棚の製作、
これは妻に頼まれた物だが、
頼まれたのはログハウスが
完成して間もない頃のことだった。
およそ10年ほど前のことだが
随分昔のことである。
その間、私はやることがいっぱい、
庭小屋造りが3棟、薪小屋が1棟、
そのほかレンガを敷いたり、
排水の暗渠を掘ったり、他にも
春野菜、夏野菜、秋野菜など
植付けから管理、収穫まで携わって
いたから別に妻の頼みを
蔑ろにしていたわけではない。

2016_02_23-2
棚受け部分は1×4材の材を使って
壁に取り付けることにした。
写真は研磨が終わりこれから
ニスを塗る作業の前である。

2016_02_23-3
接合には木工ボンドを使い、
さらに木ネジで縫い付けした。
透明のウレタンニスを塗ると
光沢が全然違って見える。

2016_02_23-4
その後、取り付けの下穴をあけ
皿ネジの頭が納まるように
8mmのキリで皿穴を掘った。

2016_02_23-5
こちらは2×10材を使った棚板、
研磨が終わりニスを塗る前である。

2016_02_23-6
ログ壁に取り付けた状態である。
ログ材二段以上にまたがって
取り付けることは出来ない。
ログ材は積み重ねているから
木材が乾燥すると少しずつ沈み、
棚受のネジが折れるからである。
これをログビルダーはセトリングと
言ってドア枠や窓枠などに
沈む分の工夫が施されている。

2016_02_23-7
斜めから見るとこんな状態になる。
因みにウエルカムボードは妻の作品。
トールペイントを習いに
行った初期の頃の作品である。

2016_02_23-8
さて、棚の上にはどんなものが
飾られるのだろうか?
棚板の下にはドライフラワーを
吊り下げるとを言っていた。
次の作業はクローゼットの
棚仕切りを作ることである。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



カントリー調飾り棚を作る

2016_02_22-1
リビングに棚を作って欲しいと
頼まれてから随分久しい。
クローゼットの棚もログを
建てた時から棚無しのまま、
妻の頼みも棚上げ状態である。
私の人生も残り少ないのでのんびり
していると約束が果たせない。
これからは季節も良くなるので
がんばってカントリー調の飾り棚を
完成させようと気合を入れ直した。
まずは棚受けの製作である。
ホームセンターに行けばアイアン製の
棚受けがあるがログハウスに
似合うのは木製の棚受けである。
ジグソーを使って曲面を作り、
やすりで角を落す作業から始めた。
これをログハウスの壁面に
取り付けるにはこのままでは付かない。
一工夫が必要であるが
そこは明日以降に加工することに。。。

2016_02_22-2
次に棚板は2×10のツーバイ材、
この板はログハウスを建てたときの
余材でログビルダーが残してくれたもの。
10年も経つと色焼けして汚れも目立つ。
先ずはオービタルサンダーで磨く作業。
昨日作ったソーホース(馬脚)が
今日の作業に生かされている。

2016_02_22-3
磨きの済んだ部分はパイン材
特有の白い木肌が戻って来た。
分厚い分だけ重さも半端じゃない。
これに見合う棚受けも頑丈な
構造に作らなければならないので
ネットで検索しながら試行錯誤中、
さて、明日はどんなところまで
作業が進むことやら。。。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



自作の木工作品をステンシルで

2015_12_07-1
日曜日のガーデンフェスタで
私が買ったものは
ステンシルシート3枚だった。

2015_12_07-2
妻とは会場内では別行動だったので
私がすでにステンシルシートを
買っていることなど知る筈もない。
ただ、私が木工作品に文字を
入れたがっていることは知っていた。
そこで私の思いを叶えてやろうと
3枚を買ってくれたのであるが
その中の1枚は私が買ったものと
まったく同じものが混じっていた。
私のことを思って
買ってくれたことには感謝している。

2015_12_07-3
妻は数点を買っていたようだが
そのうちの2点が今日になって
判明したので紹介をしておこう。
ブリキ製の何だろう?
アンティークに仕上げてあるが
どうせ安物に違いない。
キャンドルでも入れて
明かりを愉しむつもりだろうか?

2015_12_07-4
こちらのアイアン雑貨は今回妻が
買ったものだが中に入っている
造花は先生について習っている蝋細工、
早速トイレの飾りとして使っていた。

2015_12_07-5
さて、私は自作の木工作品に
アルファベットの文字を入れようと
ステンシルシートを買った。
写真はデッキで
植物を楽しむための入れ物である。

2015_12_07-8
本宅ブロックづくりの物置小屋、
引き戸を自作のドアーに替えた。
ステンシルの文字があると
格好いいのではないだろうか

2015_12_07-6
こちらは妻の雑貨飾り棚として
妻の要望に応えて作ったもの。

2015_12_07-9
目的も無くこんな箱を作った。
側面に文字を入れると
ガラリと感じが変わるだろう。

2015_12_07-10
同じくデッキで花を愉しむ飾り棚、
折り畳み式になっている。
2015_12_07-11
お店の入り口でよく見かける立て看板、
遊び心で作ったものである。

2015_12_07-12
イーゼル型のフラワーボックス

2015_12_07-13
ベンチ型フラワーボックス、
妻の要望で作ったものである。

2015_12_07-14
バラ(アンジェラ)のための
オベリスクをツーバイ材で作った。
側面にステンシルを入れたくて、

2015_12_07-15
娘の要望で作ったもの、
自室で小物入れとして
使っているようである。

2015_12_07-16
庭小屋の入り口に飾り棚を作った。
これまで沢山の木工作品を作ったが
ステンシルで文字を
入れたいのが念願だった。
ステンシルは自作することも
考えたが切り抜くのが大変である。
パソコンで文字を打ち出し、
透明のシートを被せてから
カッターナイフで切り抜く方法もある。 
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



DIYで建てた3棟の庭小屋

今日は久しぶりに晴れた。
そして私の誕生日が3日後に
迫っているがその日は
台風12号が来るかもしれない。
なので誕生日のお祝いにと
3日間前倒しをして娘がステーキを
食べに連れて行ってくれた。
この歳になると誕生日が来ても
ちっとも嬉しくないが
娘が親孝行してくれるのが嬉しい。
最近では眼鏡を新調してくれたり、
Ipadminiを買ってくれたり、
その優しさは誰に似たんだろう。
そんなことを思った日だった。2015_07_24-1
さて、今日のブログネタも
相変わらず貧弱である。
それもその筈、日中は暑くて戸外に
出られないので何もしていない。
そんな状況では
ネタが無いのも当然である。
なので過去にDIYで建てた
庭小屋を題材にして
お茶を濁すをことにする。
ご来訪の方々には甚だ失礼を
お詫び申し上げる。
作り方はブログの中で
紹介済みなので
ご覧になりたい方はカテゴリー、
「庭小屋を建てる」から入ってほしい。
白いドアの付いた小屋は私が
1作目で建てた庭小屋である。
大きさは3m×2.7mである。
そしてさらにウッドデッキを
あとからつけ足した。
ウッドデッキは開放型を建てたが
木材がSPF材なので雨に弱い。
防腐塗料を丹念に塗っているが
それでも腐食の心配があるので
後にポリカの屋根を付け足したのだ。
アスファルトシングルの屋根葺き、
ドアの製作、窓建具の製作なども
すべてDIYで作ったのだった。
初めて作った庭小屋だったが
その気になれば何とか
出来るものだと自信が付いた。

2015_07_24-2
2作目の庭小屋である。
間口2m、奥行き65cm、
超小さな庭小屋である。
小屋の裏にはエアコンの
室外機が2台設置されており、
吹き出しの風が出るので
植物を植えられなかった。
最初は風よけの看板を立てようと
思ったのだが園芸用土などの
収納物置を兼ねて小屋を作れば
吹き出す風よけも兼ねると
思って作った庭小屋である。
2作目になると試行錯誤も減って
スムーズに建てることが出来た。

2015_07_24-3
3つ目の庭小屋であるが
暖房用の薪を収納している。
ツーバイフォー工法ではなく、
ここでは軸組み工法を採用した。
薪の乾燥を思うと周囲の壁は
風通しの面で無いのが理想だが
庭づくりの景観を考えると
お洒落な鎧張りの壁が良いなと
思ったし飾り窓や飾りドアも
あった方が素敵だということで
薪小屋に見えない薪小屋になった。
窓やドアは飾りなので
開閉することは出来ない。

2015_07_24-4
インフォメーションスタンドである。
お店のインフォで良く見かけるものだ。
遊びこころで作ったものである。

2015_07_24-5
安価な端材の束売りを買って作った飾り棚。
頂部の蝶ねじを緩めれば折りたたむことが出来る。
小さな鉢植えや雑貨を飾ることが出来る。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • ラジオドラマの思い出、コロの物語
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 淡雪というバラ
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • 師走のガーデニング
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • カントリー雑貨市へ
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
  • 12月のガーデニング
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ