山里の暮らし

山里で畑を耕し、庭づくりに励み、カメラを手に四季の移ろいを追い、
ガーデン庭小屋やパーゴラ作りのガーデン木工を趣味として
気ままに山里の暮らしを愉しんでいる日々の生活日記。

趣味の焚き火あそび

焚火でダッチオーブンと遊ぶ

2016_12_21-1
キャンプ場で焚火をしながら
ダッチオーブンを使った料理を
な~んて楽しいものである。
そんな時に必須なのがトライポッド、
分かりやすく言うと鍋を焚火上に
吊るす三本足の脚である。
既成のものを買えば7千円ほどだが、
ロープアンカー(ロープ止め)を
3本で作れば2千円チョイ程度になる。

2016_12_21-3
作り方は何ら難しいことはない。
ロープを通す輪にシャックルという
名称の金具を通しで連結するだけだ。
鉄の鎖も200円ほどで手に入る。
ホームセンターを丹念に見ればもっと
いい方法が見つかるかも知れない。
写真は赤錆びたダッチオーブンだが
購入して一度も使ったことがない。
だから熱して表面のワックスを
焚火で飛ばさなくてはならない。
十分熱したら食用油を鍋の内側や
蓋の内外面に塗り込んでさらに焼く。
これを数回繰り返してクリーニングする。
シーズニングとも言う前処理である。

2016_12_21-2
シーズニングを数回繰り返すと
黒い鍋肌が美しくよみがえった。
こいつを使って今日は一番簡単な
サツマイモを焼くことにした。
レシピによっては砂利石を
鍋底に入れる方法もあるが
砂利石は無くてもできる。

2016_12_21-4
チョロチョロと燃える焚火に
かけて温めると蓋の隙間から
蒸気が吹き始めた。
シーズニングの時は蓋の隙間から
蒸気が出なかったのは中に水分を
含んだ芋がなかったからである。

2016_12_21-5
薪が燃え尽すころに蓋を
とってみると少し焦げてる
部分があったけれど
箸を突き刺すと芯まで
ほっこり焼けた焼き芋が完成。
女房と美味しくいただいた。
冬はこんな遊びが楽しい。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



庭で焚火をしながら薪割り

2016_12_09-1
妻が白菜を3株収穫して欲しいと言った。
今年は全部で60株ほど植えたのだが
暖かな日が続いたおかげで株の育ちが良い。
ずっしりと重くて体に感じる重さは
5kgほどあるかな?という出来である。
株の両脇に深さ3cmほどの穴を掘り、
化成肥料と有機ペレットを
軽くひと摑み追肥として入れた。
そんなことが効いたのかも知れない。
株の太りが良い分、昨年の収穫量より
多いので食べ切れなくて春になると
薹立ちして花が咲くだろうと思う。
妻もそう思ったのだろうか、
近くに一人でお住まいの方に
一株持って行ったようだ。

2016_12_09-2
昨日はチューリップの木を伐採、
そして太い幹を玉切りにしたのだが
薪にするには大体2年間乾燥させる。
薪は割ることによってより水分の
蒸発が促進され水分の少ない薪になる。
乾燥が不十分だとタールの発生が
多くなるので煙突に煤が溜まって
煙道火災を起こすことがあるそうだ。
2016_12_09-6
玉切りした木は直径25cmほどだが
水分をため込んでずっしりと重い。
両手で抱えてよいしょっと薪割り機に乗せる
この薪割り機は3年前に買ったもの。
手斧では腰が痛んでやってられなかった。
原木を買い、チェーンソーや
薪割り機を買えば光熱費は決して安くない。
2016_12_09-7
油圧式の薪割り機で6トンの力が
加わるので太物の木も簡単に割れる。
節のある木になると手斧では割れない。
薪は小さく割るとすぐ燃焼してしまう。
写真に写っている程度の太さがいい。

2016_12_09-3
今日の仕事は庭の落ち葉かき、
庭に作った焚火炉で燃やす。
白く上る煙が山村の初冬を
演出して物悲しい気分にさせる。

2016_12_09-4
厳冬期になるまでに焚火炉で
おでんを煮込んでみたい。
秋にとれた男爵系の馬鈴薯、
そして大根、卵、ゴボウ天ぷら
チクワ、こんにゃくなど
時間をかけて煮込むのである。
もちろん鍋は囲炉裏鍋である。

2016_12_09-5
酒の粕を入れた豚汁もいいな。
わが家の畑でとれた新鮮な白菜や
ニンジンに菊菜、下仁田ねぎ、
キノコも入れるといいな、
囲炉裏鍋の中でグツグツ煮込む。
楽しいだろうな、早くやってみたい。
ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



焚き火で”俺流 ぽたぽた焼”

2014_01_26-1
数日前にサクランボの枝を伐採、
そして細切こまぎれのシバにした。
そのシバを庭の焚き火炉で焼却する。
2014_01_26-2
枯れた孟宗竹もうそうちくを割って
焚き付ければ
火の勢いがつくので
生木なまきであっても
よく燃えてくれる。
2014_01_26-3
綺麗に燃えて、いこり火になった頃、
切り餅をぽたぽた焼きにする。
園芸店で買ったアイアン製の鉢置き台が
五徳ゴトクの代わりになってくれる。
これは陽春園で1,260円だった代物しろもの
いまどき、
五徳などお店に売られていない。
これがあると
焚き火遊びの面白さが広がる。
火鉢用の小さな五徳では心許こころもとなく、
ピザが焼けるような大きな五徳となると
ネットで探せば有るにはあるが
6千円を超える高額商品なのだ。

2014_01_26-4
うすくち醤油に砂糖を多めに入れ、
遠火でゆっくり焼き上げる。
火が近いと芯まで焼き上がるまでに
焦げてしまうので遠火で焼くのが良い。
一方、アルミホイルで包んだ
サツマイモを焚き火のいこり火に
埋めて焼き芋も愉しむ。
昨年の秋に収穫した沢山のサツマイモ、
保存法は1個づつ新聞紙に包んで
段ボール箱に入れて冷蔵庫の上など
高い所に置けば寒さで腐ることもない。
2014_01_26-5
ぽたぽた焼は
少し焦げ目が付いた頃に
砂糖醤油につけては
焼くことの繰り返し、

2014_01_26-6
砂糖がつくと遠火であっても
焦げやすいので目放しは出来ない。

2014_01_26-7
少し焦げ目が付きすぎた。
アツアツのぽたぽた焼は
醤油の香りと風味が格別である。
女房も美味しいと喜んで
食べてくれたのがうれしい。
こんなノンビリした至福のひととき、
都会では味わえない幸せを感じる。
2014_01_26-8
サツマイモも焦げることなく
芯までホクホクに焼き上がった。
焚き火のあとのいこり火で
焼いたサツマイモ。
美味しくて身体も温まった。

そろそろ
西の空が暗くなる頃になった。
今日も健康をありがとう。
明日も元気でありますように!

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



焚き火の愉しみ

3014_01_22-1
わが家の庭向こうの山である。
果樹あり、雑木あり、
紅葉の美しいハゼやウルシもある。
以前はこのあたり一帯、
3m近い竹笹が生い茂っていた。
その竹を少しづつ刈りとり、
雑木も伐採して山裾が
明るくすっきりした環境になった。
しかし伐採した太い切り株からは
夏になるとヒコバエが生え出る。
そして雑草も生い茂るので
荒れ野原のようになる。
そんな荒れ野原は放任すると
蚊や害虫の住みかになる。
だから雑木は冬に伐採し、
夏は草刈りもする。
田舎暮らしは畑や庭、山裾の草刈り、
雑木伐採、除草作業などが忙しい。

3014_01_22-2
そして伐採した雑木類は
庭の焚き火炉で焼却する。
焚き火炉では暖をとり、
焼き芋や餅を焼いて
食べることもある。
そうした悠久の刻が流れる中、
田舎暮らしならではの
リラックスした癒しを感じる。
そんなひとときが楽しくて
焚き火炉を作ったのだった。

3014_01_22-3
雑木を扱うときや
火を扱うときに重宝するのが
豚皮製の手袋である。
そしてキャンプ用のバーナー、
これがあることで
焚き火の着火が容易になる。

3014_01_22-5
今日はサクランボの枝を切った。
この木は私が植えたものではなく、
小鳥が種を運んだのであろう、
知らない間に生えた木だ。
一度は根元から伐採したのに
ヒコバエが出て再びこれだけの
大株を作り上げたのだ。
樹木の成長はゆっくりのように
思えるが意外と早く大きくなる。

3014_01_22-6
この枝も小さな焚き火炉で
焼却するとなると
細かく切る手数が多くて
時間がかかるものだ。
定年退職後の生活だから
出来る仕事でもある。
贅沢な暮らしは望めないが
こんなライフスタイルが
私に似合っている。
晩年の田舎暮らしが愉しい。


ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



焚き火遊びが面白い

2013_12_28-1
12月28日、日本列島は寒気に包まれ
低気圧の発達で大荒れの天気になった。
日本海側では大雪になり、
鳥取県大山では
143センチも積もったという。
わが地方も北風が強い中で
雪が断続的に舞う寒い1日だった。

2013_12_28-2
私は焚き火を起こして
暖をとりながら庭仕事、
そして3時頃になると残り火を使って
ローストハムステーキと椎茸を焼いた。
椎茸は砂糖醤油の付け焼きだ。
この食べ方が
椎茸本来の味が凝縮して旨い。

2013_12_28-3
煙り臭くなってはいけないので
燃え残りの焚き木を除去し
バーベキュー用の網を使って焼く。

2013_12_28-4
暫くすると椎茸の旨そうな香りが漂い、
ローストハムもこんがりとした焼き色に、

2013_12_28-5
三時のおやつ代わりに女房と二人、
焼き椎茸とローストハムステーキを、
アールグレイの紅茶が美味しかった。
冬は焚き火遊びが面白い。

ポチッとしてもらうとうれしいです
にほんブログ村 花・園芸ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
ありがとうございました。



記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 眠れない夜が続いています
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 夏の花写真とクラちゃんのこと
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • 盛夏の頃、庭の花たちは
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • エキナセアたちの夏
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
  • 夏らしい庭になって来た
メッセージ
最新コメント
  • ライブドアブログ